妊娠中・授乳中の女性におけるCOVID-19に対するワクチン反応性(前向きコホート研究; Am J Obstet Gynecol. 2021)

crop expectant woman with baby wear on bed in house 01_ワクチン vaccine
Photo by Amina Filkins on Pexels.com

妊娠中・授乳中の女性におけるCOVID-19に対するワクチン反応性は?

2021年3月1日時点で、米国だけでも73,600件以上の感染と80件以上の妊産婦死亡が妊婦に発生しています(CDC-MMWR)。重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染症は、非妊娠中の女性に比べて妊娠中の女性で重症化しやすく、入院、集中治療室滞在、死亡のリスクが高くなります(CDC-MMWR)。

米国産科婦人科学会および母子衛生学会は、妊娠中の女性が病気の重症度を高めるリスクがあるとして、COVID-19ワクチンの緊急使用承認(EUA)に妊娠中の女性を含めるよう米国食品医薬品局に働きかけましたが、患者の意思決定や医療従事者のカウンセリングに役立つワクチンの免疫原性に関するエビデンスは不足しています(PMID: 33539824PMID: 33529575PMID: 33504561)。

特に、最初に緊急承認されたCOVID-19ワクチンは、いずれもメッセンジャーRNA(mRNA)を用いてSARS-CoV-2スパイクを投与し、免疫系を教育するという斬新なものですが(PMID: 32998157PMID: 32663912)、この新しいワクチンのアプローチが妊娠中に免疫を誘導するかどうか、また抗体が臍帯や母乳を介して新生児に効率的に移行するかどうかは不明です。

そこで今回は、妊娠中にSARS-CoV-2に感染した女性と比較して、ワクチンを接種した妊娠中、授乳中、非妊娠中の対照者について、ワクチンによって誘導される免疫(抗体価)を分析した前向きコホート研究の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

抗体価
妊婦中央値 5.59
(四分位範囲 4.68〜5.89)
授乳婦中央値 5.74
(四分位範囲 5.06〜6.22)
非妊娠中央値 5.62
(四分位範囲 4.77〜5.98)

ワクチンによる抗体価は、妊娠中および授乳中の女性は非妊娠中の女性と比較して同等でした。
妊婦:中央値 5.59、四分位範囲 4.68〜5.89
授乳婦:中央値 5.74,四分位範囲 5.06〜6.22
非妊娠:中央値 5.62、四分位範囲 4.77〜5.98、P=0.24

いずれの抗体価も、妊娠中のSARS-CoV-2感染によって誘発される抗体価よりも有意に高いことが示されました(P<0.0001)。

ワクチンによって生成された抗体は、すべての臍帯血および母乳サンプルに存在することが明らかとなりました。中和抗体価は、母体血清よりも臍帯血清の方が低かったが、この知見は統計的に有意ではありませんでした(母体血清:中央値 104.7、四分位範囲 61.2~188.2、臍帯血清:中央値 52.3、四分位範囲 11.7~69.6、P=0.05)。

2回目のワクチン接種(ブースト投与)により、母体の血液および母乳中のSARS-CoV-2型特異的免疫グロブリンGの増加が認められましたが、免疫グロブリンAは増加しませんでした。反応原性については、グループ間で差は認められませんでした。

コメント

妊婦や授乳婦に対するmRNA COVID-19ワクチン接種による反応性に関するデータは限られています。これは倫理的な側面から、開発中の新薬を検証する臨床試験において、妊婦や授乳婦が組み入れられないためです。

さて、本試験結果によれば、ワクチンによる抗体価は、妊娠中および授乳中の女性は非妊娠中の女性と比較して同等でした。妊娠中・授乳中は、各ホルモンの分泌量が変化することから、非妊娠中の女性と比較して、薬剤やワクチンの有効性・安全性に違いがみられる可能性がありますが、mRNA COVID-19ワクチンについては差がなさそうです。

過去の報告では、COVID-19罹患において、非妊娠中の女性と比較して、妊婦や胎児、出生児の状態が悪化しやすいことが報告されていますので、基本的にはCOVID-19ワクチンを接種した方が良いと考えられます。

大切な人たちを守るために、感染対策としてできうる限りのことを行った方が良いと考えます。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ COVID-19 mRNAワクチンは、妊娠中および授乳中の女性において強固な体液性免疫を生成し、免疫原性および反応原性は非妊娠中の女性で観察されたものと同様であった。新生児への免疫伝達は胎盤と母乳を介して行われた。

根拠となった試験の抄録

背景:妊娠中および授乳中の女性は、初期のコロナウイルス感染症2019(COVID-19)のワクチン試験から除外されていたため、ワクチンの意思決定の指針となるデータが不足している。

目的:本研究は、妊娠中および授乳中の女性におけるCOVID-19のmRNAワクチン接種の免疫原性および反応原性を、以下と比較して評価することを目的とした。
(1)非妊娠女性(対照)
(2)妊娠中のCOVID-19の自然感染
(3)妊娠中および授乳中の女性におけるCOVID-19のmRNAワクチン接種後

研究デザイン:学術医療センター2施設において、合計131例の生殖年齢のワクチン接種者(妊娠中 84例、授乳中 31例、非妊娠中 16例)を前向きコホート研究に登録した。
重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のスパイクと受容体結合ドメインの免疫グロブリンG、免疫グロブリンA、免疫グロブリンMの力価を、ベースライン時、2回目のワクチン接種時、2回目のワクチン接種後2~6週目、および出産時に、参加者の血清(n=131)および母乳(n=31)についてLuminex*を用いて定量した。臍帯血(n=10)の力価は出産時に評価した。酵素結合免疫吸着法により、自然感染から4~12週後の妊婦(n=37)の抗体価と比較した。試験期間中に出産した一部の女性の中和抗体価を定量するために、疑似ウイルス中和法を用いた。ワクチン接種後の症状は、質問票で評価した。
Kruskal-Wallis検定および多重比較を補正した混合効果モデルを用いて、グループ間の差を評価した。
*試料中に含まれるサイトカインやホルモンなど複数の因子を分析する機器。

結果:ワクチンによる抗体価は、妊娠中および授乳中の女性は非妊娠中の女性と比較して同等であった(妊娠中:中央値 5.59、四分位範囲 4.68〜5.89、授乳中:中央値 5.74,四分位範囲 5.06〜6.22、非妊娠中:中央値 5.62、四分位範囲 4.77〜5.98、P=0.24)。いずれの抗体価も、妊娠中のSARS-CoV-2感染によって誘発される抗体価よりも有意に高かった(P<0.0001)。
ワクチンによって生成された抗体は、すべての臍帯血および母乳サンプルに存在した。中和抗体価は、母体血清よりも臍帯血清の方が低かったが、この知見は統計的に有意ではなかった(母体血清:中央値 104.7、四分位範囲 61.2~188.2、臍帯血清:中央値 52.3、四分位範囲 11.7~69.6、P=0.05)。2回目のワクチン接種(ブースト投与)により、母体の血液および母乳中のSARS-CoV-2型特異的免疫グロブリンGが増加したが、免疫グロブリンAは増加しなかった。反応原性については、グループ間で差は認められなかった。

結論:COVID-19に対するmRNAワクチンは、妊娠中および授乳中の女性において強固な体液性免疫を生成し、免疫原性および反応原性は非妊娠中の女性で観察されたものと同様であった。ワクチンによって誘発された免疫反応は、自然感染に対する反応よりも統計的に有意に大きかった。新生児への免疫伝達は胎盤と母乳を介して行われた。

キーワード:COVID-19ワクチン、抗体、母乳育児、母乳、臍帯血、mRNA、母体の免疫、新生児の免疫、妊娠

引用文献

Coronavirus disease 2019 vaccine response in pregnant and lactating women: a cohort study
Kathryn J Gray et al. PMID: 33775692 PMCID: PMC7997025 DOI: 10.1016/j.ajog.2021.03.023
Am J Obstet Gynecol. 2021 Mar 26;S0002-9378(21)00187-3. doi: 10.1016/j.ajog.2021.03.023. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33775692/

関連記事

【妊婦に対するmRNA COVID-19ワクチンはどのくらい安全ですか?(データベース研究; NEJM 2021)】

【妊娠中・授乳中の女性におけるCOVID-19 mRNAワクチンの接種は妊婦に免疫原性を示し、ワクチンによって誘発された抗体は乳児の臍帯血および母乳に移行する(探索的前向きコホート研究; JAMA. 2021)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました