スポンサーリンク
アドヒアランス 服薬アドヒアランス adherence

呼吸器患者におけるアドヒアランスと吸入手技の定量的評価において、電子的モニタリングの有効性はどのくらいですか?(前向きコホート研究; Int J Clin Pract. 2020)

A quantitative evaluation of adherence and inhalation technique among respiratory patients: An observational study usin...
Myocardial Infarction 心筋梗塞

心筋梗塞後の性的活動再開による生存率の改善効果はどのくらいですか?(イスラエル人口ベース研究; EJPC 2020)

Resumption of sexual activity after acute myocardial infarction and long-term survival Gali Cohen et al. European...
convulsive status epilepticus 発作性重積てんかん発作

小児の痙攣性てんかん重積状態に対するレベチラセタムの効果はどのくらいですか?(SR&MA; Arch Dis Child. 2020)

小児の痙攣性てんかん重積状態(CSE)の治療におけるレベチラセタムの有効性と安全性を明らかにする。
2型糖尿病 Type 2 diabetes mellitus T2DM diabetic

2型糖尿病患者の慢性腎障害アウトカムに対するフィネレノンの効果はどのくらいですか?(DB-RCT; FIDELIO-DKD; NEJM)

Effect of Finerenone on Chronic Kidney Disease Outcomes in Type 2 Diabetes List of authors. George L. Bakris et a...
human papillomavirus HPV ヒトパピローマウイルス

日本の政府推奨HPVワクチンの長期中止政策に起因する子宮頸がんの発生・死亡の可能性(Sci Rep. 2020)

Potential for cervical cancer incidence and death resulting from Japan's current policy of prolonged suspension of its ...
genetic polymorphism 遺伝子多型

Primary PCIにおける経口P2Y12阻害薬の遺伝子型ガイド戦略においてチカグレロルとプラスグレルどちらが優れていますか?(Open-RCT; POPular Genetics; NEJM 2020)

A Genotype-Guided Strategy for Oral P2Y12Inhibitors in Primary PCI Daniel M F Claassens et al. N Engl J Med.2019 ...
Doi plot プロット

Doiプロットとは何ですか?(Int J Evid Based Healthc. 2018)

Doiプロットは、メタ解析におけるファンネルプロットの欠点を補うために2018年に考案された。
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

COVID-19入院患者におけるロピナビル/リトナビルの効果はどのくらいですか?(Open-RCT; RECOVERY; Lancet 2020)

Lopinavir-ritonavir in patients admitted to hospital with COVID-19 (RECOVERY): a randomised, controlled, open-label, pl...
allergic rhinitis アレルギー性鼻炎

【批判的吟味】通年性アレルギー性鼻炎に対するビラスチンとフェキソフェナジン、どちらが優れていますか?(日本; DB-RCT; Allergol Int. 2017)

ビラスチンは新規の非鎮静性第二世代H1抗ヒスタミン薬であり、2010年より欧州のほとんどの国で承認されている。 本試験では、日本人の通年性アレルギー性鼻炎(PAR)患者を対象に、ビラスチンのプラセボに対する優位性を評価することを目的とした。
allergic rhinitis アレルギー性鼻炎

【ゆる批判的吟味】通年性アレルギー性鼻炎に対するビラスチンとフェキソフェナジン、どちらが優れていますか?(日本; DB-RCT; Allergol Int. 2017)

ビラスチンは新規の非鎮静性第二世代H1抗ヒスタミン薬であり、2010年より欧州のほとんどの国で承認されている。 本試験では、日本人の通年性アレルギー性鼻炎(PAR)患者を対象に、ビラスチンのプラセボに対する優位性を評価することを目的とした。
2型糖尿病 Type 2 diabetes mellitus T2DM diabetic

心血管、腎臓、死亡アウトカムに対するSGLT-2阻害薬の効果は、メトホルミンの併用で異なりますか?(メタ解析; Diabetes Obes Metab. 2020)

SGLT2 inhibitors with and without metformin: a meta-analysis of cardiovascular, kidney and mortality outcomes Brendo...
せん妄 delirium

せん妄リスク因子を有する患者におけるラメルテオンおよびスボレキサントのせん妄予防効果はどのくらいですか?(前向きコホート研究; J Clin Psychiatry. 2019)

Real-World Effectiveness of Ramelteon and Suvorexant for Delirium Prevention in 948 Patients With Delirium Risk Factors...
antihistamine 抗ヒスタミン アンチヒスタミン

COVID-19入院患者におけるファモチジンの影響はどのくらいですか?(PSマッチ後向きコホート研究; Gastroenterology. 2020)

Famotidine Use Is Associated With Improved Clinical Outcomes in Hospitalized COVID-19 Patients: A Propensity Score Matc...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

腎障害はCOVID-19による院内死亡リスクに影響しますか?(前向きコホート研究; Kidney Int. 2020)

Kidney disease is associated with in-hospital death of patients with COVID-19 Yichun Cheng et al. Kidney Int. 202...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

SARS-CoV-2感染者に接触した医療従事者に対する予防的なヒドロキシクロロキン使用は、プラセボと比較して、COVID-19発症を予防できますか?(RCT; JAMA Intern Med. 2020)

Efficacy and Safety of Hydroxychloroquine vs Placebo for Pre-exposure SARS-CoV-2 Prophylaxis Among Health Care Workers:...
cow's milk allergy 牛乳アレルギー 牛乳

早期の乳児用粉ミルク導入は牛乳アレルギーを予防できますか?(日本 RCT; J Allergy Clin Immunol. 2020)

Randomized trial of early infant formula introduction to prevent cow's milk allergy Tetsuhiro Sakihara et al. J A...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

高齢者におけるSARS-CoV-2 mRNA-1273ワクチンの効果はどのくらいですか?(Phase 1; mRNA-1273 Study; NEJM 2020)

Safety and Immunogenicity of SARS-CoV-2 mRNA-1273 Vaccine in Older Adults Evan J Anderson et al. mRNA-1273 Study Gro...
Blood pressure 血圧

心血管疾患の既往を有する高血圧患者において、より厳格な降圧は心血管疾患や死亡リスクを低下できますか?(SR&MA; CDSR 2020)

Blood pressure targets for the treatment of people with hypertension and cardiovascular disease Luis Carlos Saiz et ...
general population-based cohort study 一般人口ベース 一般人口 コホート研究

【批判的吟味】HPVワクチン接種は浸潤性子宮頸がんのリスクを低下できますか?(スウェーデン人口ベース研究; NEJM 2020)

これまでの研究結果でHPVワクチンは前がん病変を減少させることが報告されていた。しかし、その後の浸潤性子宮頸がんの発生数を抑制できるか否かはデータがなかった。スウェーデンを中心とした大規模なコホート研究で4価HPVワクチンの効果を検証した。
Cancer がん 癌 ガン 悪性腫瘍

HPVワクチン接種は浸潤性子宮頸がんのリスクを低下できますか?(スウェーデン人口ベース研究; NEJM 2020)

悪性度の高い子宮頸部病変の予防における4価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの有効性と有効性が示されている。しかし、4価HPVワクチン接種とその後の浸潤性子宮頸がんのリスクとの関係を示すデータは不足している。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました