2021-04

スポンサーリンク
08_炎症・免疫・アレルギー系

季節性アレルギー性鼻炎におけるコルチコステロイド点鼻の単剤投与および抗ヒスタミン薬+ロイコトリエン受容体拮抗薬の併用療法、どちらの効果が優れていますか?(クロスオーバー試験; Clin Exp Allergy. 2001)

抗ヒスタミン薬とロイコトリエン受容体拮抗薬との併用効果はどのくらいなのか? 発売当初からモンテルカスト(キプレス®️、シングレア®️)による鼻詰まり症状の改善効果が強調されています。しかし、実際の臨床症状...
02_循環器系

PCI後におけるコルヒチン投与の効果はどのくらいですか?(RCTのSR&メタ解析; Am J Emerg Med. 2021)

コルヒチンによる心血管イベントの効果はどのくらいか? 心筋梗塞後に低用量コルヒチンを使用すると、プラセボと比較して、心血管イベントの発生リスクが有意に低下することが明らかになりました(COLCOT試験)。 これにより、コルヒチ...
08_炎症・免疫・アレルギー系

日本の乳幼児及び小児における母乳育児はアレルギー性疾患のリスクを低下できますか?(横断研究; Ryukyus Child Health Study; Pediatr Allergy Immunol. 2007)

完全母乳育児によりアレルギー疾患の発症リスクを低下できるのか? 完全母乳育児が小児期のアレルギー疾患を予防するかどうかについては、依然として不確かな点が多く、一貫した結果は得られていません。日本で過去に行われた2つの研究では、完全母...
01_ワクチン vaccine

妊婦に対するmRNA COVID-19ワクチンはどのくらい安全ですか?(データベース研究; NEJM 2021)

妊婦におけるmRNA COVID-19ワクチンの安全性は? 米国で最初に販売されたコロナウイルス感染症2019(COVID-19)ワクチンは、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンであり、BNT162b2(Pfizer-BioNT...
08_炎症・免疫・アレルギー系

長期にわたる母乳育児は乳児湿疹を予防できますか?(ISAAC trial; Br J Dermatol. 2011)

母乳育児(完全母乳)は乳児湿疹を抑制できるのか? アレルギー疾患を予防するために、多くの国や学会が少なくとも4ヵ月間の完全母乳育児を推奨しています。これは限られた臨床試験の結果に基づいていますが、試験デザインや時代背景から、同様の結...
01_ワクチン vaccine

COVID-19に対するヤンセン社製Ad26.COV2.Sワクチン単回接種の有効性はどのくらいですか?(RCT; NEJM2021)

COVID-19ワクチンは2回投与が基本 COVID-19に限った話ではありませんが、ワクチン接種は2回以上が基本です。これは免疫を獲得するプロセスから決められています。ただし、接種1回であっても体内で抗体が産生されるため、感染リス...
09_感染症

成人COVID-19入院患者に対するバリシチニブとレムデシビルの併用療法は、プラセボとレムデシビルの併用療法より優れていますか?(RCT; ACTT-2試験; NEJM2020)

新型コロナウイルス感染症に対する3つ目の治療薬が承認された 厚生労働省の部会は2021年4月21日、関節リウマチ薬として承認されている「バリシチニブ(オルミエント®️)」を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)...
02_循環器系

経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)後の患者における抗血小板薬による単独療法と二重療法の安全性と有効性に差はありますか?(SR&MA; Am J Cardiol. 2021)

経カテーテル的大動脈弁植え込み術後の抗凝固療法には何が良いのか? 経カテーテル的大動脈弁植え込み術(transcatheter aortic valve implantation, TAVI)を受け、かつ経口抗凝固療法の長期適応がな...
02_循環器系

アストラゼネカ社製ワクチン接種後の異常な血栓症や血小板減少症リスクはどのくらいですか?(症例シリーズ; N Engl J Med. 2021)

COVID-19ワクチン接種後に血栓症が発生する? 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対するワクチンは、コロナウイルス2019(COVID-19)のパンデミックに対抗するための最も重要な対策です。 ...
02_批判的吟味 Critical Appraisal

【批判的吟味】アトルバスタチン20mgによる非重篤な筋肉症状の発生リスクはどのくらいですか?(RCT; StatinWISE試験; BMJ 2021)

試験の概要 PICOTSL P:スタチンの服用中止を検討または過去3年間に筋肉症状のためにスタチン服用を中止した患者I :アトルバスタチン(20mg)C:プラセボO:自己申告による筋症状(痛み、脱力感、圧痛、硬直、痙攣...
11_皮膚・骨格筋系

スタチン治療と筋肉症状の関連性はどのくらいですか?(RCT; StatinWISE試験; BMJ 2021)

スタチンによる筋肉症状の発生はどの程度なのか? スタチンは、一次予防および二次予防において、男女を問わず、また、すべての年齢層において、心血管疾患のイベントを減少させます。また、ランダム化試験のシステマティックレビューとメタアナリシ...
02_循環器系

心房細動患者における脳卒中後の早期アピキサバン使用による有効性・安全性はどのくらいですか?(Open-RCT; AREST試験; Stroke 2021)

心房細動による急性虚血性脳卒中後にいつ抗凝固療法を開始すべきか? 心房細動による急性虚血性脳卒中後にいつ抗凝固療法を開始すべきかについては明らかとなっていません。 早期の抗凝固療法は脳梗塞の再発を予防しますが、心房細動に起因す...
02_循環器系

高齢の2型糖尿病患者に対するGLP-1受容体作動薬とSGLT2阻害薬の有効性はどのくらいですか? (SR&MA; Diabetes Res Clin Pract. 2021)

2型糖尿病の高齢者においてもGLP-1受容体作動薬やSGLT2阻害薬は有効なのか? GLP-1受容体作動薬及びSGLT2阻害薬は、比較的新しい糖尿病治療薬です。これらの薬剤は、脳卒中や心筋梗塞などの心血管イベント、死亡リスクを低下さ...
02_循環器系

高齢の痛風患者における心血管リスクはフェブキソスタットとアロプリノールで差がありますか?(Letter; PSマッチコホート研究; J Am Heart Assoc. 2021)

痛風患者の心血管リスクにおけるフェブキソスタット vs. アロプリノール 米国では2009年にフェブキソスタットが承認されるまで、痛風の治療にはアロプリノールが唯一の選択肢でした(※日本では2011年5月に販売開始)。 フェブ...
10_眼関連疾患

ブルーライトカット眼鏡は長時間のスクリーン使用による眼精疲労を軽減できますか?(RCT; Am J Ophthalmol. 2021)

ブルーライトカット眼鏡の効果はどのくらいなのか? IT社会において、パーソナルコンピュータやスマートフォンなどの使用は避けられません。これらのIT機器の使用頻度の増加、ブルーライトへの暴露が増加することで眼関連障害のリスク増加が懸念...
01_中枢神経系

睡眠のタイミングがうっ血性心不全を予測するかもしれない(コホート研究; J Am Heart Assoc. 2021)

睡眠及び起床時刻により慢性心不全リスクが異なる? うっ血性心不全は、世界中で死亡、罹患、入院の主要原因の一つとなっています。慢性心不全に関連する死亡率は多くの国で低下しているにもかかわらず、慢性心不全の発症率と関連する費用は着実に増...
05_内分泌代謝系

2型糖尿病及びインスリン治療による心血管イベントや死亡リスクへの影響はどのくらいですか?(韓国 人口ベース コホート研究; J Diabetes Investig. 2021)

糖尿病治療におけるインスリン治療と心血管イベント発生リスク 糖尿病治療の目的は、健康人と変わらない生活を送ることです。この目的を実現するために心血管イベント(心筋梗塞、脳梗塞)や死亡の発生抑制を実現する必要があり、そのための治療目標...
02_循環器系

抗凝固剤治療再開に伴う再出血、血栓症、死亡リスクはどのくらいですか?(集団ベース コホート研究; CMAJ. 2021)

経口抗凝固薬の出血により治療中止した後に抗凝固薬を再開した方が良いのか? 経口抗凝固薬(OAC)は、動脈および静脈の血栓症の予防および治療に使用されています。 OACに伴う出血は、救急外来受診、入院、死亡につながる最も一般的な有害事...
20_妊婦

ドンペリドンは妊婦へ安全に使用できますか?(コホート研究; J Obstet Gynaecol Res. 2021)

ドンペリドン及びメトクロプラミドは妊婦に安全に使用できるのか? ドンペリドンとメトクロプラミドは、制吐剤として一般的に使用されています。大規模な疫学研究により、メトクロプラミドは奇形リスクを増加させないことが示されています(NEJM...
09_感染症

COVID-19によるICU入院患者の血栓イベント、体外式膜酸素療法、死亡率に対する中間用量と標準用量の予防的抗凝固療法の効果はどのくらいですか?(INSPIRATION trial; JAMA2021)

COVID-19では血栓塞栓症リスクの増加が報告されている COVID-19患者において、血栓塞栓症のリスク増加が報告されています。これはサイトカインストームと呼ばれる免疫の異常反応により引き起こされていると考えられています。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました