konyanko13

スポンサーリンク
システマティックレビュー Systematic Review SR

スタチンを隔日投与にすると有害事象を減らせますか?

スタチンの隔日投与と毎日投与で有害事象に差はあるのか? ほとんどの研究はアトルバスタチンを対象としていました。 隔日投与は、間日に投与と比較して、筋毒性の発生率は低く、症状にも減少傾向がみられました。 脂質低下作...
前向きコホート研究 Prospective cohort study 前向き コホート

救急部に尿路感染症で入院した患者におけるESBL産生腸内細菌感染の有病率はどのくらいですか?(米国の前向きコホート研究; Ann Emerg Med. 2020)

尿路感染症患者におけるESBL産生腸内細菌感染の全有病率はどのくらいなのか? 背景 尿路感染症の最も一般的な原因である腸内細菌科Enterobacteriaceae(現在はEnterobacterales属)は、一般的に使用さ...
Anemia 貧血

エリスロポエチン製剤(ESA)先行バイオ vs. バイオシミラー

バイオシミラーは先行バイオと差があるのか? バイオ医薬品は医療への貢献度が大きい反面、高価であることが課題です。医療費削減、患者負担の軽減等のため、より安価で同等の有効性が得られるバイオシミラーの開発が望まれています。 しかし...
biosimilar バイオシミラー バイオ後続品

ジェネリック医薬品とバイオシミラーの違いは?

そもそもバイオ医薬品とは? バイオ医薬品とは、遺伝子組換え技術や細胞培養などといったバイオテクノロジーを応用して製造された医薬品です。バイオ医薬品の有効成分はホルモン、酵素、抗体などのタンパク質であり、例えば代表的なものにインスリン...
Left Atrial Appendage Closure LAAC 左心耳閉鎖術

心房細動における左心耳閉鎖術と直接経口抗凝固療法、どちらが優れていますか?

ハイリスク心房細動患者における左心耳閉鎖術(LAAO)と直接経口抗凝固薬(DOACs)、どちらが良いのか? 左心耳閉鎖術(Left Atrial Appendage Occlusion, LAAO)は心房細動の脳卒中予防に置いて、ワ...
ARNI:angiotensin receptor-neprilysin inhibitor アンギオテンシン ネプリライシン 阻害薬

【リライト】心不全におけるアンジオテンシン-ネプリライシン阻害薬とエナラプリル、どちらが優れていますか?(PARADIGM-HF)

アンジオテンシン-ネプリライシン阻害薬(ARNI)とは? サクビトリル-バルサルタン(エンレスト®️)は、体内でサクビトリル及びバルサルタンに解離し、それぞれネプリライシン(NEP)及びアンジオテンシンIIタイプ1(A...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

中等度から重度COVID-19に対する標準治療へのコルヒチン追加効果はどのくらいですか?

コルヒチンによる抗炎症作用 ここ数年、コルヒチンの抗炎症作用が見直され、心筋梗塞や脳卒中への応用について検証されています。 COVID-19はサイトカインストームを引き起こす、強力な炎症生疾患の1つです。特に重症患者においては...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

COVID-19患者の支持療法への免疫グロブリン(IVIG)上乗せ効果はどのくらいですか?

COVID-19に対する免疫グロブリンの効果とは? COVID-19ではサイトカインストームと呼ばれる免疫の暴走化が引き起こされ、炎症症状が悪化します。その結果、体内で免疫細胞により正常な細胞が攻撃されてしまいます。 静脈内免...
Diabetic Kidney Disease DKD 糖尿病性腎症 腎障害

糖尿病性腎症患者における高カリウム血症の新規発症リスクは降圧剤により異なりますか?

糖尿病性腎症患者における降圧剤使用が高カリウムリスクとなる? 降圧薬使用による高カリウム血症リスクは、高血圧症単独よりも腎機能低下を呈する患者集団で、より一般的に認められます。また糖尿病性腎症を有する患者集団における降圧薬使用も高カ...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

SARS-CoV-2抗原検査の感度・特異度はどのくらいですか?

新型コロナウイルスに対する抗原検査とRT-PCRの違いとは? 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症において、確定診断のための補助検査が求められています。なぜなら、SARS-CoV-2感染症であるCOVID-19は、無症候...
ARNI:angiotensin receptor-neprilysin inhibitor アンギオテンシン ネプリライシン 阻害薬

STEMI後の心不全患者におけるサキュビトリル/バルサルタン vs. ラミプリル、どちらが優れていますか?

STEMI後の心不全患者におけるサキュビトリル/バルサルタンの効果とは? 駆出率の低下した心不全(HFrEF)患者において、サキュビトリル/バルサルタン使用は、ラミプリルと比較して、MACE(心血管死亡と心不全による入院)イベント発...
af atrial fibrillation 心房細動

アジアのNVAF患者におけるアピキサバンの適応外過少投与の有効性と安全性はどのくらいですか?

アジア人ではDOACが過少投与(off-label underdosing)される? DOACはビタミンK拮抗薬(ワーファリン®️など)に替わる抗凝固薬であり、近年、その使用量が増加しています。 ワーファリン®&...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

介護施設におけるCOVID-19入居者の30日死亡率に関連する危険因子には何がある?

COVID-19による死亡リスク コロナウイルス疾患2019(COVID-19)のパンデミックは、介護施設に深刻な影響を与えています。介護施設住民は、一般集団と比較して脆弱であるため、死亡を含めて有害アウトカムのリスクが高い。 ...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

症状がない新型コロナウイルス感染者(無症候性SARS-CoV-2キャリア)からの感染はどのくらいですか?

なかなかCOVID-19患者数が減らない 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の終息はなかなか難しい状況にあります。マスクの着用、手指衛生、ソーシャルディスタンスの他、どのようにすれば感染拡大を抑えられるのか、全国民の60〜...
antihistamine 抗ヒスタミン アンチヒスタミン

慢性蕁麻疹に対する第二世代抗ヒスタミン薬の有効性と忍容性に違いはありますか?(NMA; J Allergy Clin Immunol Pract. 2020)

慢性自然発症性の蕁麻疹(Chronic spontaneous urticaria, CSU)に対する第一選択薬は、第二世代H1-抗ヒスタミン薬(sgAH)である。今日までのエビデンスでは、sgAHの有効性をランク付けするには不十分である。
case series 症例シリーズ

COVID-19パンデミック禍のアルコール消毒剤の曝露は小児の眼障害の原因となりますか?

アルコール消毒剤の曝露による眼の異常? COVID-19パンデミックにより手指衛生の一環としてアルコール消毒剤が頻繁に使用されています。ショッピングセンターなど公共施設においてもアルコール消毒剤が設置されており、大人、子供に関わらず...
Anaphylaxis アナフィラキシー

mRNA COVID-19ワクチン接種後のアナフィラキシーの頻度はどのくらいですか?

COVID-19ワクチンによるアナフィラキシー反応の頻度 アナフィラキシーは、ワクチン接種後に起こる可能性のある生命を脅かすアレルギー反応であり、通常数分から数時間以内に発症します。 米国におけるアナフィラキシー報告率における...
12 twelve コバラミン cobalamin

プロ歌手の発声力においてビタミンB12注射は効果がありますか?

ビタミンB12で軽度の歌唱関連症状が改善する? 歌手や声楽の専門家の3分の1は、ビタミンB12注射で軽度の歌唱関連症状(例:スタミナの低下、声帯疲労、努力の低下)を改善する効果を経験したと報告しています。 しかし、いずれも症例...
2型糖尿病 Type 2 diabetes mellitus T2DM diabetic

SGLT-2阻害薬 エンパグリフロジンは心不全患者の症状や運動機能を改善できますか?(EMPERIAL trial)

血糖降下薬 エンパグリフロジンが心不全の適応を取得 SGLT-2阻害薬 エンパグリフロジンと心不全について 尿中への糖排泄を促進することで血糖を降下させるSGLT-2阻害薬。中でもエンパグリフロジン、ダパグリフロジンは2型糖尿...
COVID-19 新型コロナウイルス感染症

フェイスマスクによるCOVID-19感染の予防効果はどのくらいですか?

マスクの着用はCOVID-19感染を防ぐことができるのか? COVID-19の感染が拡大し、なかなか収束する気配が見えません。ワクチン開発が進み、イスラエルや米国など、各国でCOVID-19ワクチンの接種が開始されています。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました