2019-12

Anemia 貧血

【新薬2019年】慢性腎障害患者におけるエベレンゾ®️の効果はどのくらいですか?(DB-RCT→Open-RCT; 中国29施設; NEJM 2019)

Roxadustat for Anemia in Patients With Kidney Disease Not Receiving Dialysis Nan Chen et al. N Engl J Med. 2019 ...
読めよ薬剤師

【読めよ薬剤師2019】オススメ書籍3選

それは、いつも突然はじまる こんな感じではじまる企画、毎回ワクワクしています。それでは、早速本題に行きましょう! オススメの書籍① "臨床推論" 近年、タスクシフティングが求められている昨今。 ...
転倒 Fall

救急診療部での転倒した高齢者患者における転倒ハイリスクおよび有害事象スクリーニング質問票は有用ですか?(Acad Emerg Med. 2018)

A High-yield Fall Risk and Adverse Events Screening Questions From the Stopping Elderly Accidents, Death, and Injuries (...
2型糖尿病 Type 2 diabetes mellitus T2DM diabetic

糖尿病患者におけるDPP-4 阻害薬使用は類天疱瘡リスクとなりますか?(韓国人口ベース後向き症例対照研究; AMA Dermatol. 2019)

Association of Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitor Use With Risk of Bullous Pemphigoid in Patients With Diabetes. Lee...
Coronary Artery Disease 冠動脈疾患

PCI後の抗血小板療法はどれが良いですか?(プラビックス®️倍量 vs. DAPT +プレタール®️ vs. 標準治療; 単施設のRCT; Circulation 2018; CREATIVE trial)

Randomized Comparisons of Double-Dose Clopidogrel or Adjunctive Cilostazol Versus Standard Dual Antiplatelet in Patients...
DPP-4阻害薬 DiPeptidyl Peptidase-4 inhibitor DPP4i DPP-4i

DPP-4阻害薬使用による誤嚥性肺炎リスクはどのくらいですか?(日本データベース研究; Eur J Clin Pharmacol.2019)

DPP-4を阻害することで、サブスタンスPを増加させ、誤嚥性肺炎リスクを低下させると予測されるが、実際には誤嚥性肺炎リスクが増加していた。JADERのデータを使用した研究結果であるため、ノイズが多く、関連性は低いかもしれない。したがって現段階ではあくまでも相関関係がありそうということ。大規模な観察研究等で検証していく必要がある。
Formulary formulary フォーミュラリー

Formularyとは?

ASHP guidelines on the pharmacy and therapeutics committee and the formulary system. Tyler LS, et al. Am J Health...
Myocardial Infarction 心筋梗塞

高齢AMI入院患者における6ヵ月死亡リスクの予測ツール開発および検証(前向きコホート研究; Ann Intern Med. 2019)

Predicting 6-Month Mortality for Older Adults Hospitalized With Acute Myocardial Infarction: A Cohort Study John A D...
2型糖尿病 type 2 diabetes T2DM 2型

2型糖尿病寛解期における脂肪肝は再発リスクとなりますか?(Cell Metab. 2019)

Hepatic Lipoprotein Export and Remission of Human Type 2 Diabetes After Weight Loss Ahmad Al-Mrabeh et al. Cell M...
Corticosteroids コルチコステロイド ステロイド 副腎皮質ステロイド

重度インフルエンザ患者におけるコルチコステロイド使用は敗血症予防になりますか?(DR&MA; CDSR 2019)

Corticosteroids as adjunctive therapy in the treatment of influenza. Lansbury L, et al. Cochrane Database Syst Re...
pediatric 小児 小児科学

小児におけるインフルエンザワクチン接種は死亡リスクを下げられますか?(米国の症例コホート研究; Pediatrics. 2017)

InfluenzaVaccineEffectivenessAgainstPediatricDeaths:2010-2014. Flannery B et al. Pediatrics.2017 May;139(5). pii:...
Cancer がん 癌 ガン 悪性腫瘍

乾癬患者における癌罹患および癌関連死亡リスクはどのくらいですか?(SR&MA; JAMA Dermatol. 2019.)

Association of Psoriasis With the Risk of Developing or Dying of Cancer A Systematic Review and Meta-analysis Tra...
af atrial fibrillation 心房細動

心房細動患者におけるカテーテルアブレーション後の経口抗凝固薬使用とアウトカムの関連性(PSマッチング コホート研究; Circ Arrhythm Electrophysiol. 2019.)

Outcomes and Anticoagulation Use After Catheter Ablation for Atrial Fibrillation. Freeman JV, et al. Circ Arrhyt...
Breast Cancer 乳がん 乳癌 乳ガン

閉経後乳がん患者におけるアロマターゼ阻害薬アリミデックス®️の治療期間はどのくらいが良いですか?(RCT; IBIS-II; Lancet 2019)

Use of Anastrozole for Breast Cancer Prevention (IBIS-II): Long-Term Results of a Randomised Controlled Trial Jack Cuzic...
ことば コトバ 言葉 Word

“平穏だね”と言うと忙しくなるのは本当か?(単施設の非劣性RCT; BMJクリスマス; BMJ. 2019)

Q Fever-The Superstition of Avoiding the Word "Quiet" as a Coping Mechanism: Randomised Controlled Non-Inferiority Tria...
プライマリ・ケア プライマリ primary care teams

製薬メーカーからの贈り物は一般開業医の処方傾向に影響しますか?(フランス人口ベース後向き研究; BMJ 2019)

Association Between Gifts From Pharmaceutical Companies to French General Practitioners and Their Drug Prescribing Patt...
システマティックレビュー Systematic Review SR

一般診療でプラセボ薬を使う頻度はどのくらいですか?(ST&MA; PLoS One. 2018.)

How often do general practitioners use placebos and non-specific interventions? Systematic review and meta-analysis of ...
前向きコホート研究 prospective cohort study

心房細動患者における抗凝固薬治療で骨折リスクは増加しますか?(前向きコホート研究; JAMA Intern Med. 2019.)

Association of Anticoagulant Therapy With Risk of Fracture Among Patients With Atrial Fibrillation. Lutsey PL, et al....
2型糖尿病 Type 2 diabetes mellitus T2DM diabetic

2型糖尿病患者におけるPTP1Bアンチセンス薬の効果はどのくらいですか?(代用のアウトカム; RCT; Phase II trial; Diabetes Care 2018)

Antisense Inhibition of Protein Tyrosine Phosphatase 1B With IONIS-PTP-1BRx Improves Insulin Sensitivity and Reduces We...
アレルギー疾患 アレルギー性 アレルギー allergic disease

出生児における牛乳タンパク質摂取を避けることで食物アレルギーを防げますか?(単施設; Open-RCT; ABC trial; JAMA Pediatr.2019)

Primary Prevention of Cow's Milk Sensitization and Food Allergy by Avoiding Supplementation With Cow's Milk Formula at ...
タイトルとURLをコピーしました