社会で共存生活するために必要な能力とは?

man in blue suit ことば コトバ 言葉 Word
Photo by The Lazy Artist Gallery on Pexels.com

社会で共存生活するためにも能力が必要?

社会生活を送る上で共存あるいは集団生活が求められます。ヒトは一人では生きていけないため、集団で生活していくこと、社会的コミュニティを形成する道を選択してきました。

個と個が共存していくためにもスキルが必要であり、このスキルは社会的スキルと呼ばれます。

社会的スキル、社会技能(ソーシャル・スキル)とは?

社会的スキルとは「社会の中で普通に他人と交わり、共に生活していくために必要な能力」のことです。

また世界保健機構(World Health Organization, WHO)では、社会技能を「日常生活の中で出会う様々な問題や課題に、自分で、創造的でしかも効果のある対処ができる能力」と定義しています。

言葉にするのは簡単ですが、具体的な能力とは何なのでしょうか?WHOによる定義をご紹介します。

—世界保健機構(WHO)による蘇シャルスキルの定義—

  • 意思決定(decision-making)
  • 問題解決能力(problem-solving)
  • 創造力豊かな思考(creative thinking)
  • クリティカルに考えていく力(critical thinking)
  • 効果的なコミュニケーション(communication)
  • 対人関係スキル – 自己開示、質問する能力、聴くこと(interpersonal skills)
  • 自己意識(self-awareness)
  • 共感性(empathy)
  • 情動への対処(emotions)
  • ストレスへの対処(coping with stress)
close up of human hand

✅まとめ✅ 社会で共存生活するために必要な能力をソーシャルスキルと呼び、WHOは10箇条を定めている

引用元

https://www.who.int/mental_health/media/en/30.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました