2021-01-08

スポンサーリンク
未分類

2型糖尿病発症リスクのある集団における2型糖尿病および合併症の予防または遅延を目的としたピオグリタゾン投与の効果はどのくらいですか?(SR&MA; CDSR 2020)

T2DMの発症率の増加が予測されていることから、本疾患とその合併症の予防または遅延が最も重要である。 現在のところ、ピオグリタゾンがT2DM発症リスクの高い患者の治療に有効であるかどうかは不明である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました