2021-01-26

スポンサーリンク
未分類

【開発中の新薬】血管性加齢黄斑変性症に対するFaricimabとラニビズマブ、どちらが優れていますか?(第2相; STAIRWAY trial; JAMA Ophthalmol. 2020)

Faricimab(ファリシマブ)は、アンジオポエチン-2と血管内皮増殖因子Aを同時および独立した結合を介して中和する。 新生血管性加齢黄斑変性症患者を対象に、初のバイスペシフィック抗体であるファリシマブ眼内投与の延長投与を評価した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました