パーキンソン病患者の転倒に対する理学療法介入の効果はどのくらいですか?(RCT; Neurorehabil Neural Repair. 2015)

smiling man and woman wearing jackets 未分類
Photo by Tristan Le on Pexels.com

A Randomized Controlled Trial to Reduce Falls in People With Parkinson’s Disease

Meg E Morris et al.

Neurorehabil Neural Repair. 2015 Sep;29(8):777-85. 

doi: 10.1177/1545968314565511. Epub 2015 Jan 7.

PMID: 25567121

DOI: 10.1177/1545968314565511

Keywords: Parkinson’s disease; falls prevention; movement strategy training; physical therapy; progressive resistance strength training.

背景

パーキンソン病(PD)の患者では、転倒は一般的で障害を伴う。

PDにおける転倒に対する運動リハビリテーションの効果を定量化する必要がある。

目的

PDにおける転倒の減少における2つの理学療法介入を評価する。

方法

PD患者210例を3群にランダム割り付けした。

  1. 転倒予防教育を併用した漸増抵抗力トレーニング*
  2. 転倒予防教育を併用した運動戦略トレーニング(movement strategy training)
  3. ライフスキル情報(対照群)

すべての患者は週1回8週間の外来治療と構造化された在宅プログラムを受けた。

主要エンドポイントは、介入完了から12ヵ月間にわたってプロスペクティブに記録された転倒率であった。

副次的アウトカムは歩行速度、障害、生活の質(QOL)であった。

*PRT:Progressive Resistance Trainingの略。漸増抵抗運動(progressive resistive exercise:PRE)と同義。

結果

・本試験では合計1547件の転倒が報告された。

・対照群では、漸増抵抗力トレーニングまたは運動戦略トレーニングを受けた群と比較して転倒率が高かった。

  • 各群の転倒件数
    漸増抵抗力トレーニング群:193件
  • 運動ストラテジー群   :441件
  • 対照群         :913件

・漸増抵抗力トレーニング群では対照群に比べて84.9%転倒が少なかった。

★発生率比[IRR]=0.151、95%CI 0.071〜0.322、P<0.001

・運動戦略トレーニング群では、対照群に比べて61.5%転倒が少なかった。

★発生率比[IRR]=0.385、95%CI 0.184〜0.808、P=0.012

・障害スコアは、対照群では悪化したが、治療後の介入群では改善した。

結論

転倒予防教育と漸増抵抗力トレーニングまたは運動戦略トレーニングを組み合わせたリハビリテーションは、重症度が軽度から中等度のPD患者の転倒率を減少させ、実行可能である。

コメント

こちらの論文は批判的吟味を行う予定です。2021年1月のエビテンでご紹介します。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅
軽度から中等度のパーキンソン病患者における転倒予防教育と漸増抵抗力トレーニングまたは運動戦略トレーニングを組み合わせたリハビリテーション介入は、ライフスキル情報のみと比較して、転倒率を減少させた

関連記事

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました