COVID-19ワクチン接種をためらう妊婦は多い?(SR&MA; BMJ Open. 2022)

man kissing his pregnant wife on the forehead 01_ワクチン vaccine
Photo by Catalina Carvajal Herrera on Pexels.com

COVID-19ワクチン接種をためらう妊婦は多いのか?その特徴とは?

急性呼吸器感染症であるCOVID-19は世界中に広がり、世界的な公衆衛生上の一大イベントとして知られるようになりました(PMID: 32328297)。2019年12月、中国の武漢で新型コロナウイルスが表面化し、その後も近隣諸国に広がり、パンデミックとなりました(PMID: 31985790)。それ以降、世界中で幅広い年齢層の人々の間で大規模な流行を引き起こす原因となっています。

2022年6月1日現在、COVID-19の確定患者数は527,211,631例、うち死亡者数は6,289,371例となっています(WHO)。個人の経済的困難、既知の、特に未知の知識とこのパンデミックの影響に関する不確実性に関連するストレスは、高い感染率と死亡率に加えて、このパンデミックの負の部分の一部です(PMID: 34088595PMID: 33981298)。

さまざまな人口集団の間でCOVID-19の蔓延を食い止めるために、数十年の経験とこれまでのパンデミック免疫の知識に基づいて、このウイルスに対するワクチンを作る世界的な取り組みが開始され、ワクチン接種は、医学史における公衆衛生の最も大きなブレークスルーの1つと考えられてきました。(PMID: 32778354)。危険の制限を助ける効果的な免疫戦略の実行が注目されています(PMID: 32778354FOREIGN AFFAIRS)。2020年12月、英国は、WHOが当初COVID-19を世界的大流行と宣言してから9ヵ月後に、集団予防接種を開始した最初の国になりました(PMID: 32778354FOREIGN AFFAIRS)。

ワクチン接種は、COVID-19疾患の重症化を抑制する上で重要な戦略です。最近になって、妊娠がCOVID-19の危険因子として認識されるようになりました。妊娠中のCOVID-19予防接種の安全性が示されたため、米国の疾病管理予防センターは、すべての妊婦にCOVID-19ワクチンを接種することを提案しています(PMID: 35331263)。しかし、ワクチン接種戦略を効果的に実施するためには、妊婦の間でCOVID-19ワクチンが広く受け入れられることが必要です(PMID: 35331263)。

現在、世界人口の65.8%が少なくとも1回のCOVID-19ワクチンを接種しており、世界中で約118億3000万回接種され、毎日567万回接種されています(WHOOur world in data)。しかし、ワクチン接種キャンペーンが進むにつれ、発表された調査研究は、COVID-19ワクチンの安全性について継続的な懸念を表明しました(PMID: 34088595PMID: 32795409)。また、ワクチン接種キャンペーンが、さまざまな人口集団の人々、特に妊婦に不釣り合いな影響を及ぼしたことが指摘されています(PMID: 32795409)。

妊婦のCOVID-19感受性はいくつかの懸念を呼んでいるのにもかかわらず、COVID-19の最も議論されていない側面の1つは妊婦への影響です(PMID: 32244166)。女性は、妊娠中に起こる免疫系と循環器系の生理的な変化のために、ウイルス性呼吸器感染症にかかりやすいことが報告されています(PMID: 32244166)。また、妊婦におけるCOVID-19の垂直伝播の証拠はありませんが、早産の割合が増加してい流ことが知られています(PMID: 32244166)。SARS-CoV-2は母体と胎児の境界で免疫学的反応を変化させ、母体と胎児の両方に影響を与える可能性があります(PMID: 32244166)。症例数や死亡者数が多く、急速に増加しているにもかかわらず、COVID-19に罹患した妊婦の臨床的特徴に関する情報は乏しいです(PMID: 28826731)。これは、妊婦のワクチン接種を躊躇させる直接的な原因となる可能性があります(PMID: 28826731)。

ワクチン接種のためらいは、WHOワーキンググループによって「ワクチン接種サービスが利用可能であるにもかかわらず、予防接種を受け入れるの遅れか拒否する」と定義され、2019年には「グローバルヘルスに対する10大脅威の1つ」とされ、COVID-19ワクチンの開発・展開に関連して広く議論されています(VaccineHesitancy)。ワクチン接種に対する消極性は、予防接種の必要性の認識や、予防接種の危険性や利点の認識によって影響を受けることがあります(PMID: 32244166VaccineHesitancy)。妊婦は、過去の伝染病の結果に基づいて、一般集団よりもワクチンへの不安感が強いことが観察されています(MedicinePMID: 35104382PMID: 33843419PMID: 33989109)。過去20年間の自閉症の増加により、親は自分の子供がワクチン接種を受けた後に自閉症になることを懸念しています(PMID: 32244166)。それは相関関係ではなく、ワクチン接種の因果関係と誤って想定されています(PMID: 32244166PMID: 28125629)。

ワクチンは感染症に対する最も効率的な防御手段の一つであるにもかかわらず、歴史的に妊婦はワクチンの研究開発から排除されてきたため、妊婦がワクチンを警戒する理由になり得ます(PMID: 32795409PMID: 28125629)。妊婦は、妊娠中にCOVID-19ワクチンの接種を受けることに賛成しておらず、ワクチンの安全性に関して全体的に懸念していることも報告されています(PMID: 33649879)。

ワクチン接種へのためらいは、ワクチンや対象集団によって異なる様々な要因に影響されます(PMID: 32072472)。そのため、妊婦のワクチン接種へのためらいの要因を認識することは非常に重要です。日々、より多くの情報が収集されており、医療従事者に妊婦のCOVID-19ワクチン接種に関する最新の情報を提供することが非常に重要です(PMID: 32664369)。

そこで今回は、ワクチン接種に対する受容レベルを推定し、妊婦のワクチン接種に対する意思決定に影響を与える要因を見つけ出し、介入の開発を支援し、この分野の研究をさらに促進す流ために実施されたシステマティックレビュー・メタ解析の結果をご紹介します。

試験結果から明らかにあったことは?

特定された375件の研究のうち、25,147例の参加者(妊婦)を評価した4大陸の研究17件が本研究に含まれました。その中で、COVID-19ワクチンを受け入れたのは49%(95%CI 42%~56%、p<0.001)だけでした。

ワクチン接種に対する受容レベル
高所得国47%
(95%CI 38%~55%
p<0.001
教育年数が12年未満38%
(95%CI 19%~58%
p<0.001
多産婦48%
(95%CI 31%~66%
p<0.001

高所得国(47%、95%CI 38%~55%、p<0.001)、教育年数が12年未満の参加者(38%、95%CI 19%~58%、p<0.001)、多産婦(48%、95%CI 31%~66%、p<0.001)では、COVID-19ワクチン接種の受容率の低さが示されました。しかし、全体的な異質性は高く(I2≧98%)、出版バイアスの存在が示されました(p<0.001)。

COVID-19の知識とCOVID-19ワクチン受容の間には、非常に弱い正の相関が認められました(r=0.164、95%CI -0.946~0.972;p=0.8359)。

コメント

SARS-CoV-2によるCOVID-19患者数の増加が示され、なかなか収束する兆しが見えません。基本的な感染対策に加えて、COVID-19ワクチンの接種が求められますが、接種対象者によりリスクベネフィットが異なります。このため、各接種対象者におけるリスクベネフィットの評価が求められます。妊婦や授乳婦は、倫理的側面から一般的に臨床試験の除外基準に設定されています。このため、レジストリ研究を含めて、実臨床における安全性データが求められます。

さて、本試験結果によれば、妊婦のCOVID-19ワクチン受容度は、研究全体で低く、参加者のいくつかの特定のサブグループ(高所得、教育年数<12年、多産婦)でかなり低いことが示されました。ただし、結果の異質性が高いため結果の解釈に注意を要します。また、交絡因子の完全な調整が困難であることから、今回示された因子全てに対する政策が求められるわけではありません。

ワクチン接種の有効性・安全性について、臨床試験の結果を用いて示すとともに、どのような患者で優先的に接種が求められるのか、国、地域、自治体レベルでの実施が求められます。

pexels-photo-5853674.jpeg

✅まとめ✅ 妊婦のCOVID-19ワクチン受容度は、研究全体で低く、参加者のいくつかの特定のサブグループ(高所得、教育年数<12年、多産婦)でかなり低かった。ただし、結果の異質性が高いため結果の解釈に注意を要する。

根拠となった試験の抄録

目的:本研究の目的は、システマティックレビューとメタ解析を行い、ワクチンの受容度を推定し、妊婦のワクチン接種の意思決定に影響を与える要因を見出し、介入策の開発に役立てるとともに、この分野の研究をさらに促進することである。

試験デザイン:システマティックレビューとメタ解析

データソース:MEDLINE、Embase、CINAHL、PubMed。

適格基準:世界各国・地域の妊婦におけるCOVID-19ワクチン接種の受け入れ状況について、あらゆる種類の定量的評価を提供する研究。

データの抽出と統合:妊婦のCOVID-19ワクチン受容のプールされた有病率は、ランダム効果モデルを用いて計算された。実質的な異質性の原因を理解するために、全体のCOVID-19ワクチン受容度を決定するためのサブグループ(感度)分析を行った。

結果:特定された375件の研究のうち、25,147例の参加者(妊婦)を評価した4大陸の17件の研究が本研究に含まれた。その中で、COVID-19ワクチンを受け入れたのは49%(95%CI 42%~56%、p<0.001)だけであった。高所得国(47%、95%CI 38%~55%、p<0.001)、教育年数が12年未満の参加者(38%、95%CI 19%~58%、p<0.001)、多産婦(48%、95%CI 31%~66%、p<0.001)では、COVID-19ワクチンの受け入れ率が低いことが示された。全体的な異質性は高く(I2≧98%)、出版バイアスが存在した(p<0.001)。COVID-19の知識とCOVID-19ワクチン受容の間には、非常に弱い正の相関が認められた(r=0.164、95%CI -0.946~0.972;p=0.8359)。

結論:全体として、妊婦のCOVID-19ワクチン受容度は、研究全体で低く、参加者のいくつかの特定のサブグループでかなり低かった。これらの研究結果は、集団免疫を達成するために妊婦のCOVID-19ワクチン受容レベルを向上させることができる効果的な介入策の開発に示唆を与えるものである。

PROSPERO登録番号:crd42021277754

キーワード:COVID-19、疫学、公衆衛生

引用文献

COVID-19 vaccine hesitancy among pregnant women: a systematic review and meta-analysis
Oashe Bhattacharya et al. PMID: 35981769 PMCID: PMC9393853 DOI: 10.1136/bmjopen-2022-061477
BMJ Open. 2022 Aug 18;12(8):e061477. doi: 10.1136/bmjopen-2022-061477.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35981769/

コメント

タイトルとURLをコピーしました