SARS-CoV-2バリアントによるワクチンのブレイクスルー感染(症例報告; N Engl J Med. 2021)

crop woman running sand through hands 01_ワクチン vaccine
Photo by ArtHouse Studio on Pexels.com

ワクチン接種後のCOVID-19ブレイクスルー感染が確認された

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染症は、2020年末までに8,300万件以上のコロナウイルス症2019(COVID-19)を引き起こしましたが、ワクチンや抗体療法の認可と展開により、COVID-19に対し人類は多大な進歩を遂げています。これらの戦略は、ウイルスのスパイクタンパク質をターゲットにしたものですが、特にS遺伝子におけるウイルスの変種出現により、その継続的な有効性が脅かされています。

このような懸念から、感染性、病原性、現在のワクチンを回避するウイルス亜種の能力を理解するために、感染者のウイルスDNAの検査と配列決定を強化することになりました。ニューヨーク市では、ウイルスの亜種が増加しているという問題があります。2021年3月30日現在、新規感染者の72%以上を占めるこれらの亜種のほとんどは、英国で初めて確認されたB.1.1.7亜種(感染者の26.2%)と、ニューヨーク市で初めて確認されたB.1.526亜種(42.9%)です(New York City COVID-19 Cases Caused by SARS-CoV-2 Variants Report)。どちらの結果も重要であり、両方とも独立して考慮する必要がありますが、両方ともほとんど明らかにされていません。

そこで今回は、ワクチン接種2回を完遂した2例が、その後、注目すべきいくつかの置換基を持つSARS-CoV-2の亜種に感染したことを報告した症例報告の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

mRNAベースのCOVID-19ワクチンであるBNT162b2(Pfizer-BioNTech)またはmRNA-1273(Moderna)の2回目接種を2週間以上前に受けた417例のコホートにおいて、ワクチンによるブレイクスルー感染を起こした女性2例が確認されました。

2例ともワクチンの有効性が確認されたにもかかわらず、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の症状を発症し、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査でSARS-CoV-2が陽性でした。

ウイルスの塩基配列を調べたところ、1例の女性にはE484K、2例ともに3つの変異(T95I、del142-144、D614G)など、臨床的に重要であると思われる変異が見つかりました。

患者1
1回目のワクチン接種によりスパイクタンパクに対する強い抗体反応が得られた証拠があるにもかかわらず、ロックフェラー大学で唾液を用いたポリメラーゼ連鎖反応(PCR)スクリーニングを行ったところ、2回目の接種(ブースターワクチン)の19日後にSARS-CoV-2感染が確認されました。
変異はE484K(一般的に誘発される中和抗体に対する耐性を付与する変異)とD614Gが認められた。

患者2
36日前に接種を終えた患者2においても同様にSARS-CoV-2感染が確認されました。変異はD614GとS477Nが認められました。

これらの観察結果は、複数の変数を積極的にモニターするという現在の戦略を裏付けるものです。これらの戦略には、症状のある人や無症状の人のウイルス検査、ウイルスRNAの配列決定、中和抗体価のモニタリングなどが含まれ、特にワクチンを接種した人がその後に感染した場合に有効であると考えられます。

コメント

ワクチン接種後にCOVID-19を発症するブレイクスルー感染が報告されています。今回の報告は2021年3月時点における報告ですので、デルタ型などの変異株の感染が広がり始めた頃です。したがって現在(2021年8月)では、より多くのブレイクスルー感染があると考えられます。

mRNA COVID-19ワクチン接種によりSARS-CoV-2(アルファ型)感染の約9割以上が抑えられましたが、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2は、デルタ型、オメガ型、イプシロン型、ゼータ型、イータ型、シータ型、イオタ型など、多くの変異株が認められています。特にデルタ型の感染力は強く、ブレイクスルー感染の原因になると考えられます。とはいえ、既存のmRNA COVID-19ワクチンによるデルタ型への有効性も報告されていますので、そこまで深刻に捉える必要はないかもしれません。

あくまでも、ワクチン接種は感染予防策の一つに過ぎません。基本的には、マスク、手洗い、3密の回避、不要不急の外出、そしてストレスを溜めない生活を送ることが肝要であると考えられます。ワクチンを接種しても油断しないよう基本的な行動を心がけましょう。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ ワクチン接種は感染予防策の一つに過ぎない。基本的な感染予防対策、マスク、手洗い、3密の回避、不要不急の外出、そしてストレスを溜めない生活を送ることが肝要である。ワクチン接種者における感染の予防と診断、および変異型の特徴を明らかにするための継続的な取り組みが求められる。

根拠となった試験の引用

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の新しい亜種が臨床的に懸念されている。

BNT162b2(Pfizer-BioNTech)またはmRNA-1273(Moderna)ワクチンの2回目の接種を2週間以上前に受けた417例のコホートにおいて、ワクチンによるブレイクスルー感染を起こした女性2例が確認された。2例ともワクチンの有効性が確認されたにもかかわらず、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の症状が発症し、ポリメラーゼ連鎖反応検査でSARS-CoV-2が陽性であった。ウイルスの塩基配列を調べたところ、1例の女性にはE484K、2例ともに3つの変異(T95I、del142-144、D614G)など、臨床的に重要であると思われる変異が見つかった。

これらの結果は、ワクチン接種後に変異型ウイルスに感染すると、病気になる可能性があることを示しており、ワクチン接種者における感染の予防と診断、および変異型の特徴を明らかにするための継続的な取り組みを支持するものである。

資金提供:米国国立衛生研究所など。

引用文献

Vaccine Breakthrough Infections with SARS-CoV-2 Variants
Ezgi Hacisuleyman et al. PMID: 33882219 PMCID: PMC8117968 DOI: 10.1056/NEJMoa2105000
N Engl J Med. 2021 Jun 10;384(23):2212-2218. doi: 10.1056/NEJMoa2105000. Epub 2021 Apr 21.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33882219/

関連記事

【長期療養施設のスタッフおよび入居者におけるベースラインの抗体保有状態に応じたSARS-CoV-2感染の発生率(前向きコホート研究; VIVALDI試験; LANCET Healthy Longevity 2021)】

【第一次パンデミック時におけるCOVID-19入院患者の細菌感染症の併発、二次感染、抗菌薬使用状況(ISARIC WHO CCP-UK試験; Lancet Microbe. 2021)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました