高齢者におけるSARS-CoV-2 mRNA-1273ワクチンの効果はどのくらいですか?(Phase 1; mRNA-1273 Study; NEJM 2020)

Safety and Immunogenicity of SARS-CoV-2 mRNA-1273 Vaccine in Older Adults

Evan J Anderson et al. mRNA-1273 Study Group

N Engl J Med. 2020 Sep 29. doi: 10.1056/NEJMoa2028436. Online ahead of print.

PMID: 32991794

DOI: 10.1056/NEJMoa2028436

Funded by the National Institute of Allergy and Infectious Diseases and others; mRNA-1273 Study ClinicalTrials.gov number, NCT04283461.

背景

高齢者集団における重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)への感染を予防するためのワクチン候補の試験は、コロナウイルス疾患2019(Covid-19)による疾病および死亡の発生率の増加が高齢者に関連していることから、重要である。

方法

健康な成人を対象に、安定化前駆体SARS-CoV-2スパイク蛋白質(S-2P)をコードするメッセンジャーRNAワクチン(mRNA-1273)の第1相、用量漸増、オープンラベル試験を実施した。

この試験は、年齢(56~70歳または≧71歳)に応じて層別化された高齢者40例を対象に拡大された。すべての参加者は、28日間隔で25μgまたは100μgのワクチンを2回接種するように順次割り付けられました。

結果

・ワクチンにより誘引された有害事象の重症度は主に軽度または中等度であり、最も頻度が高い有害事象は疲労、悪寒、頭痛、筋肉痛、注射部位の疼痛であった。これらの有害事象は用量に依存しており、2回目の接種後に多くみられた。

・結合抗体反応は初回接種後に急速に増加した。投与後57日目までにおいて、25μgを投与された参加者の抗S-2P幾何学的平均力価(GMT)は56~70歳で323,945、71歳以上で1,128,391であった。一方、100μgを投与された参加者の2つの年齢サブグループのGMTはそれぞれ1,183,066および3,638,522であった。

・2回目の免疫後、複数の方法で血清中和活性が全参加者で検出された。結合抗体反応および中和抗体反応は、18歳から55歳までのワクチン接種者の間で以前に報告されたものと類似しており、回復期の血清を提供した対照群の中央値を上回っていた。

・ワクチンは1型ヘルパーT細胞を含む強力なCD4サイトカイン反応を誘発した。

結論

高齢者を対象としたこの小規模な研究では、mRNA-1273ワクチンに関連する有害事象は主に軽度または中等度であった。

ワクチン100μg投与では、25μg投与よりも高い結合抗体価および中和抗体価が得られ、第3相ワクチン試験での100μg投与を支持する結果となった。

✅まとめ✅ 高齢者40例を対象としたmRNA-1273ワクチンの第1相試験において、ワクチン接種に関連する有害事象は主に用量依存性が認められたが重症度は軽度または中等度であり、疲労、悪寒、頭痛、筋肉痛、注射部位の疼痛が多かった

✅まとめ✅ 28日間隔でmRNA-1273ワクチン25μgまたは100μgを2回接種することで1型ヘルパーT細胞を含む強力なCD4サイトカイン反応を誘発、抗S-2P幾何学的平均力価を上昇させ、血清中和活性が全参加者で検出された

✅まとめ✅ mRNA-1273ワクチン100μg投与では、25μg投与よりも高い結合抗体価および中和抗体価が得られ、第3相ワクチン試験での100μg投与を支持する結果であった

コメント

タイトルとURLをコピーしました