アンカロン®️はプラセボと比べてどのくらい有害事象リスクがありますか?(SR&MA; Am J Cardiol. 2019)

Meta-Analysis Comparing the Relative Risk of Adverse Events for Amiodarone Versus Placebo.

Am J Cardiol. 2019 Sep 26. pii: S0002-9149(19)31046-X.

doi: 10.1016/j.amjcard.2019.09.008. [Epub ahead of print]

Ruzieh M et al.

PMID: 31653351

【背景および方法】

アミオダロンは、その使用を制限する可能性のある有害事象に関連している。プラセボと比較したアミオダロンの有害事象の相対リスクを評価するために、プラセボ対照試験のメタ分析を実施した。

【結果】

・合計43件のランダム化試験、合計11,395人の患者が含まれた(アミオダロン群5,792人およびプラセボ群5,603人へランダム割付された)。

・10,000人年あたりの有害事象の発生率は、

 肺:129 vs. 74; 相対リスク(RR)= 1.77、p = 0.002

 甲状腺:201 vs 42; RR = 4.44、p < 0.001

 肝臓:54 vs 25; RR = 2.27、p = 0.01

 心臓:771 vs 450; RR = 1.94、p <0.001

 神経:140 vs 76; RR = 1.93、p <0.001

 皮膚:81 vs 23; RR = 1.99、p = 0.04

・一方、低用量アミオダロンは、肺の有害事象における統計的に有意な増加と関連していなかったが、それでも甲状腺および肝臓の有害事象と関連していた。

【結論】

アミオダロンに関連する有害事象を経験する可能性は、プラセボよりも高かった。しかし、有害事象の全体的な発生率は低く、重篤な有害事象は稀だった。


【コメント】

アブストのみ。

アンカロン®️使用による甲状腺および肝臓関連の有害事象リスクが高そう。数字として把握するには良い論文であると思います。ただ全体的な発生率は低いとする根拠が知りたいところ。ボーダーはどこなのだろうか。

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました