SARS-CoV-2オミクロンおよびデルタ変異株に対するモデルナ社製ワクチンmRNA-1273の有効性は?(試験陰性症例対照研究; Nat Med. 2022)

person holding syringe 01_ワクチン vaccine
Photo by cottonbro on Pexels.com

モデルナ社製mRNAワクチン(mRNA-1273)はデルタおよびオミクロンに対しても有効なのか?

2021年12月に出現したSARS-CoV-2 オミクロン(B.1.1.529)変異株は、複数の新規スパイクタンパク質変異を含んでおり、自然獲得免疫またはワクチン誘発免疫からの逃避が懸念されています(PMID: 35065011)。いくつかのin vitro研究では、オミクロンに対するワクチン誘発中和活性の低下が報告されています(PMID: 34995482preprint)。特に、mRNA-1273(モデルナ社製)を含むmRNA新型コロナウイルス感染症2019(COVID-19)ワクチンを2回接種した人の血清は、野生型SARS-CoV-2と比較して、オミクロンに対する中和活性の大幅な低下を示しました(PMID: 34995482preprintpreprint)。しかし、mRNA-1273のブースター接種により、オミクロンに対する中和活性は、野生型より低いものの、上昇しました(PMID: 34995482preprint)。

以前、デルタ(B.1.617.2)変異株を含む他のSARS-CoV-2の新興変異株によるCOVID-19の感染および入院に対して、mRNA-1273が高いワクチン有効率(VE)と耐久性を示したことを報告しています(PMID: 34849505)。オミクロンに対するmRNA-1273の実際のVEに関するデータは限られていますが、米国の薬局ベースの検査プログラムの分析によると、mRNA-1273ワクチン3回分の接種(vs. 未接種)の可能性は、オミクロン症状のある感染者において、SARS-CoV-2陰性の対照者よりも有意に低い(オッズ比 OR 0.31)ことが分かっています(PMID: 35060999)。また、オミクロンが優勢な時期に行われた米国の研究では、mRNAワクチンの3回目の接種を受けると、COVID-19による入院を90%防ぐことができることがわかりました(PMID: 35085224)。オミクロンBA.1亜系は69〜70位に欠損があるため、オミクロン陽性の初期検体はS遺伝子標的不全(SGTF)を示すとされています。

今回ご紹介するのは、米国Kaiser Permanente Southern California(KPSC)医療システムの電子カルテ(EHR)を用いて、オミクロンおよびデルタの感染および入院に対するmRNA-1273のVEを評価するために実施した試験陰性症例対照試験の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

大規模かつ多様な研究集団には、S遺伝子標的不全状態(デルタ株16%、オミクロン株84%)によって決定されるバリアントを有するSARS-CoV-2検査陽性例26,683例が含まれていました。

ワクチン2回接種によるVE
14〜90日後のオミクロン感染44.0%(95%CI 35.1〜51.6%

14〜90日後のオミクロン感染に対するワクチン2回接種によるワクチン有効率(VE)は44.0%(95%信頼区間 35.1〜51.6%)でしたが、すぐに減少しました。

3回接種時のVE
14~60日のデルタ感染93.7%(95%CI 92.2~94.9%
60日超のデルタ感染86.0%(95%CI 78.1~91.1%
14~60日のオミクロン感染71.6%(95%CI 69.7~73.4%
60日超のオミクロン感染47.4%(95%CI 40.5~53.5%

14~60日および60日超の3回接種時のVEは、デルタ感染に対して93.7%(92.2~94.9%)および86.0%(78.1~91.1%)、オミクロン感染に対して71.6%(69.7~73.4%)および47.4%(40.5~53.5%)でした。

免疫不全者におけるオミクロン感染に対する3回接種時のVEは29.4%(0.3~50.0%)でした。また、デルタまたはオミクロンによる入院に対する3回接種時のVEは、調査対象者全体で99%以上でした。

コメント

SARS-CoV-2 オミクロン(B.1.1.529)変異株は、複数の新規スパイクタンパク質変異を含んでおり、自然獲得免疫またはワクチン誘発免疫からの逃避が懸念されています。事実、これまでの変異株と比較してオミクロン変異株に対して、ファイザー社製mRNAワクチンの有効性が低下していることが報告さています。一方、オミクロン変異株に対するモデルナ社製ワクチンの有効性(VE)についてはデータが限られています。

さて、本試験結果によれば、特に免疫不全者において、デルタ感染に対するモデルナ社製ワクチン3回接種のVEは高く、その有効性は持続的に認められましたが、オミクロン感染に対する有効性は低いことが示されました。しかし、3回接種によるVEは、デルタおよびオミクロン変異株による入院に対して高い有効性を示しました。これまでに報告されたファイザー社製ワクチンと同様の結果であると考えられます。

これまでの変異株と比較して、オミクロンに対するワクチンの有効性は低くなるものの、やはりmRNAワクチン接種による有効性は認められています。基本的な感染予防策に加えて、定期的なワクチン接種が求められます。

covid vaccine on blue surface

✅まとめ✅ 特に免疫不全者において、デルタ感染に対するモデルナ社製ワクチン3回接種のVEは高く、持続的であったが、オミクロン感染に対する有効性は低かった。しかし、3回接種によるVEは、デルタおよびオミクロンの変異株による入院に対して高い有効性を示した。

根拠となった試験の抄録

背景:重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型(SARS-CoV-2)Omicron(B.1.1.529)変異株は、免疫逃避の可能性があり、高い感染性を有している。

方法:我々は、Omicron(オミクロン)またはDelta(デルタ)の感染および入院に対するmRNA-1273のワクチン効果(VE)を評価するために、試験陰性症例対照研究を実施した。

結果:大規模かつ多様な研究集団には、S遺伝子標的不全状態(デルタ株16%、オミクロン株84%)によって決定されるバリアントを持つSARS-CoV-2検査陽性例26,683例が含まれていた。14〜90日後のオミクロン感染に対する2回投与のVEは44.0%(95%信頼区間 35.1〜51.6%)であったが、すぐに減少した。14~60日および60日超の3回投与時のVEは、デルタ感染に対して93.7%(92.2~94.9%)および86.0%(78.1~91.1%)、オミクロン感染に対して71.6%(69.7~73.4%)および47.4%(40.5~53.5%)であった。免疫不全者におけるオミクロン感染に対する3剤併用時のVEは29.4%(0.3~50.0%)であった。また、デルタまたはオミクロンによる入院に対する3剤投与のVEは、調査対象者全体で99%以上であった。

結論:特に免疫不全者において、デルタ感染に対する3回接種のVEは高く、持続的であったが、オミクロン感染に対する有効性は低かった。しかし、mRNA-1273の3回接種によるVEは、デルタおよびオミクロンの変異株による入院に対して高い有効性を示した。

引用文献

Effectiveness of mRNA-1273 against SARS-CoV-2 Omicron and Delta variants
Hung Fu Tseng et al. PMID: 35189624 PMCID: PMC9117141 DOI: 10.1038/s41591-022-01753-y
Nat Med. 2022 May;28(5):1063-1071. doi: 10.1038/s41591-022-01753-y. Epub 2022 Feb 21.
— 読み進める pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35189624/

関連記事

【小児におけるワクチン接種は青年と比較してオミクロンによる感染および入院リスクを低下できますか?(ニューヨークのデータベース研究; JAMA. 2022)】

【SARS-CoV-2オミクロン変異株は他の流行株と同程度の致死率であることが判明(データベース研究; preprint; Research Square 2022)】

【オミクロンあるいはデルタ流行期におけるCOVID-19症状の違いは?(前向き観察研究; ZOE COVID試験; Lancet. 2022)】

【オミクロンに対するmRNA COVID-19ワクチン(BNT162b2)の4回目接種による保護効果は?(イスラエルのデータベース研究; N Engl J Med. 2022)】

【オミクロン出現後のニューヨークにおける5〜11歳および12〜17歳におけるBNT162b2ワクチンの有効性は?(プレプリント; コホート研究; medRxiv 2022)】

【SARS-CoV-2 オミクロンおよびデルタ変異株に対するCOVID-19ワクチン mRNA-1273の有効性は?(試験陰性症例対照研究; Nat Med. 2022)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました