2022-07-05

スポンサーリンク
04_消化器系

ボノプラザンによる腎毒性はどのくらい?(JADER; Kidney International 2022)

P-CABであるボノプラザンによる腎毒性リスクは? ボノプラザンは、新しい作用機序を有するカリウム競合型アシッドブロッカー(P-CAB)で、酸関連疾患の治療薬として2015年に日本で初めて承認されました。ボノプラザンは、胃壁の細胞に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました