レンボレキサントとアルコール併用の影響はどのくらい?(ランダム化クロスオーバー試験; J Psychopharmacol. 2022)

people woman relaxation sitting 01_中枢神経系
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com

レンボレキサントにアルコールを併用すると、どのくらい影響を及ぼすのか?

アルコールの鎮静作用の結果として、海外では不眠症を自己治療するために、入眠前にアルコールを摂取することもあります(PMID: 26735632)。アルコール摂取は、持続的な注意力を低下させ、新しい情報を学習する能力を妨げ、協調性を損ない、身体の揺れ(体動)を増大させ、自己評価の覚醒度を低下させることが知られています(PMID: 1424416PMID: 22033754)。さらに、アルコール摂取は転倒、事故、事故関連傷害と関連していることが報告されています(PMID: 28524713PMID: 16002031PMID: 20236774)。したがって、アルコールと新しい睡眠促進薬の併用について評価し、その潜在的な結果を判断することは臨床的に重要であると考えられます。

レンボレキサントは、成人の不眠症の治療薬として米国、日本、カナダ、オーストラリア、アジアのいくつかの国を含む複数の国で承認された経口活性の二重オレキシン受容体拮抗薬(DORA)です。スボレキサントとアルコールの同時投与は、いずれかの成分単独に対して反応時間を増加させ、注意力、作業/エピソード記憶、姿勢安定性、覚醒に関する試験において相加的な負の効果をもたらしました(PMID: 26464455)。日本の添付文書の薬物相互作用において、アルコールが記載されています。この根拠となった第1相試験の論文が公表されましたので、ご紹介します。

本試験では、健康成人にアルコールおよびレンボレキサントをそれぞれ単独および併用して朝単回投与した際の姿勢安定性および認知パフォーマンスへの影響を評価しました。 また、アルコールとの併用がlレンボレキサントの薬物動態および安全性と忍容性に及ぼす影響も評価されました。

試験結果から明らかになったことは?

4回の治療をすべて終了した18例の参加者について、薬力学的な結果が分析されました。

体動のベースラインからの変化は、レンボレキサントとアルコールの併用とアルコール単独の間で有意差は認められませんでした。アルコール単独投与と比較して、レンボレキサントとアルコールの併用は、血漿中のレンボレキサント濃度のピーク(中央値 1.5時間)にほぼ対応する認知パフォーマンス領域において相加的な負の効果を示しました。また、レンボレキサント単独投与では、0.5および2時間後に認知能力が低下しました。アルコールは、72時間までの曲線下面積に基づき、血漿中のレンボレキサント曝露量を70%増加させ、血漿中ピークのレンボレキサント濃度を35%増加させました。また、最も多く報告された有害事象は傾眠であった。

コメント

今更感がありますが、レンボレキサント(デエビゴ®️)添付文書の記載の根拠となった臨床試験の論文を読んでみました。

試験結果によれば、体動のベースラインからの変化は、レンボレキサントとアルコールの併用とアルコール単独の間で有意差は認められませんでした。ただし、アルコール併用により、認知機能の低下、72時間までの血漿中レンボレキサント曝露量(AUCに基づく)を70%増加させ、血漿中ピークのレンボレキサント濃度を35%増加させました。したがって、禁忌とまではなりませんが、基本的にアルコールとレンボレキサントの併用は避けたほうが良いと考えられます。

photo of person holding alarm clock

✅まとめ✅ レンボレキサントとアルコールは併用しないことが望ましい。

根拠となった試験の抄録

背景:エンボレキサントは、米国、カナダ、日本を含む数ヵ国で成人の不眠症の治療薬として承認されている二重オレキシン受容体拮抗剤である。

目的:本研究は、レンボレキサントとアルコールの併用が姿勢安定性、認知能力、レンボレキサントの薬物動態、安全性および忍容性に及ぼす影響について検討するために実施した。

方法:本試験は32例の健康成人を対象とした第1相二重盲検プラセボ対照4期クロスオーバー試験である。プラセボ、レンボレキサント10mg(LEM10)、アルコール(男性:0.7g/kg、女性:0.6g/kg)、およびLEM10とアルコールの4つの投与順序にランダムに割り付け、それぞれ14日間のウォッシュアウトを挟んで投与された。姿勢安定性(体動)はXIAMETER®(ザイアメター)で測定され、認知パフォーマンス評価バッテリーは注意と記憶の4つの領域を評価した。

結果:4回の治療をすべて終了した18例の参加者について、薬力学的な結果を分析した。体動のベースラインからの変化は、レンボレキサントとアルコールの併用とアルコール単独の間で有意差は認められなかった。アルコール単独投与と比較して、レンボレキサントとアルコールの併用は、血漿中のレンボレキサント濃度のピーク(中央値 1.5時間)にほぼ対応する認知パフォーマンス領域において相加的な負の効果を示した。また、レンボレキサント単独投与では、0.5および2時間後に認知能力が低下した。アルコールは、72時間までの曲線下面積に基づき、血漿中のレンボレキサント曝露量を70%増加させ、血漿中ピークのレンボレキサント濃度を35%増加させた。また、最も多く報告された有害事象は傾眠であった。

結論:レムボレキサントとアルコールの同時投与は、アルコール単独投与と比較して、認知機能に相加的な悪影響を及ぼしたが、姿勢安定性には影響を及ぼさなかった。レンボレキサントの曝露量はアルコールとの併用で増加した。レンcオレキサント単独またはアルコールとの併用は、良好な忍容性を示した。レンボレキサントとアルコールは併用しないことが望ましい。

キーワード:レンボレキサント、アルコール、薬物-薬物相互作用、不眠症

引用文献

Effect of alcohol coadministration on the pharmacodynamics, pharmacokinetics, and safety of lemborexant: A randomized, placebo-controlled crossover study
Ishani Landry et al. PMID: 35634694 PMCID: PMC9150140 DOI: 10.1177/02698811221080459
J Psychopharmacol. 2022 Jun;36(6):745-755. doi: 10.1177/02698811221080459.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35634694/

関連記事

【批判的吟味】不眠障害の高齢患者に対するレンボレキサントの効果はプラセボやゾルピデム徐放製剤と比較して優れていますか?(DB-RCT; SUNRISE 1; JAMA Netw Open. 2019)

コメント

タイトルとURLをコピーしました