帯状疱疹ワクチンおよび抗ウイルス剤治療が虚血性脳卒中リスクに及ぼす影響は?(自己対照ケースシリーズ研究; Neurology. 2020)

person holding silver round coins 02_循環器系
Photo by Anna Shvets on Pexels.com

帯状疱疹後に脳卒中リスクが増加するが、ワクチンや治療による影響はあるのか?

脳卒中は死因の第5位であり、深刻な長期障害を引き起こし、米国における2015年の年間コストは339億ドルと推定されています(PMID: 28122885)。脳卒中の原因として、感染症が重要であることを示すエビデンスが蓄積されています(PMID: 24881525PMID: 15602021PMID: 28501259)。帯状疱疹は、一般に若年期に潜伏していた水痘・帯状疱疹(HZ)ウイルスが再活性化することによって起こります。HZウイルスの感染により、脳卒中、特に虚血性脳卒中の発症リスクが高まることが示唆されています(PMID: 28501259PMID: 27880853PMID: 28683973)。

米国では、3人に1人が一生のうちにHZを発症し、毎年100万人のHZ患者がいると推定されています(CDC)。また、HZ発症者の半数以上は60歳以上です(PMID: 24297190PMID: 19252116)。2006年、予防接種実施諮問委員会(ACIP)は、60歳以上のすべての人にHZ予防のための帯状疱疹生ワクチン(ZVL)(Zostavax、メルク社製、1回接種、HZ生ワクチン)の定期接種を推奨し(PMID: 18528318)、2017年にはACIPがHZの予防接種を推奨し、2017年にはACIPが50歳以上を対象に新しいHZワクチン(Shingrix、グラクソ・スミスクライン社製、2回接種、アジュバント、遺伝子組み換えHZワクチン[RZV])を推奨しました(PMID: 29370152)。ZVLの接種率は2006年以降継続的に上昇しており、2016年には成人の33.0%がZVLを接種しています(PMID: 29370152)。また、HZ患者に対しては、抗ウイルス療法が推奨されています(PMID: 30083718)。

多くの研究においてHZと脳卒中リスクとの関連が検討されていますが、いくつかの研究では、HZ感染後の脳卒中リスクがZVLや抗ウイルス治療の状況によって変化する可能性があるかどうかも検討されており、一貫した結果が得られていません。例えば、ZVLの有無による脳卒中発症リスクの差はないとする報告(PMID: 26671338)、抗ウイルス剤治療による脳卒中発症リスクの差はないとする報告(PMID: 24700656)があります。また、抗ウイルス剤治療が脳卒中発症リスクを低下させるという報告もあります(PMID: 27588578PMID: 24700656)。また、HZ発症後の抗ウイルス剤投与による脳梗塞発症リスクには差がないとする研究報告(PMID: 20200348PMID: 23874897)もあります。

そこで今回は、ZVLと抗ウイルス剤治療の急性虚血性脳卒中(AIS)リスクへの影響を同時に検討した自己対照ケースシリーズ研究(self-controlled case series design)の結果をご紹介します。本研究では、米国で2008年から2017年にメディケア有料サービス(FFS)プログラムに登録された66歳以上の成人が対象でした。

試験結果から明らかになったことは?

帯状疱疹および急性虚血性脳卒中の発症
群1:ワクチン接種も抗ウイルス剤治療もしない22.0%
群2:ワクチン接種のみ2.0%
群3:抗ウイルス剤治療のみ70.1%
群4:ワクチン接種と抗ウイルス剤治療の両方を行う5.8%

87,405例中、群1~4における帯状疱疹(HZ)および急性虚血性脳卒中(AIS)発症はそれぞれ22.0%、2.0%、70.1%、5.8%でした。

HZ発症後0~14日、15~30日、31~90日、91~180日のIRRはそれぞれ1.89(95%信頼区間[CI] 1.77~2.02)、1.58(95%CI 1.47~1.69)、1.36(95%CI 1.31~1.42)、1.19(95%CI 1.15~1.23)でした。

AISに対するZVLと抗ウイルス治療による効果修飾の証拠はなかった(相互作用についてはp=0.067)。HZとAISのリスクの関連パターンは、年齢層、性、および人種でほぼ一貫していました。

コメント

帯状疱疹の発症後に脳卒中リスクが増加することが報告されています。一方で、帯状疱疹後の脳卒中リスクが帯状疱疹ウイルスや抗ウイルス治療の実施状況によって変化する可能性について、一貫した結果が得られていません。

さて、本試験結果によれば、急性虚血性脳卒中リスクは帯状疱疹後に有意に増加し、このリスク増加は帯状疱疹ワクチンおよび抗ウイルス剤治療によって影響されませんでした。ワクチンを接種している群では、接種していない群と比較して、帯状疱疹および急性虚血性脳卒中リスクが低い可能性が示されました。

これまでの報告で帯状疱疹の発症後に脳卒中リスクが増加することは明らかとなっていますので、やはりワクチン接種により、帯状疱疹リスクの低下、これに伴う(帯状疱疹後の)脳卒中リスクの低下が示されたようです。これまでの報告と矛盾はありませんが、相反する報告もあることから、更なる検証が必要であると考えられます。

続報に期待。

vintage black windmill during sunset

✅まとめ✅ 急性虚血性脳卒中リスクは帯状疱疹後に有意に増加し、このリスク増加は帯状疱疹ワクチンおよび抗ウイルス剤治療によって修飾されなかった。ワクチンを接種している群では、接種していない群と比較して、帯状疱疹および急性虚血性脳卒中リスクが低そうであった。

根拠となった試験の抄録

目的:帯状疱疹(HZ)後の急性虚血性脳卒中(AIS)のリスク上昇が、HZ後の帯状疱疹生ワクチン(ZVL)接種および抗ウイルス治療の状況によって変化するかどうかを明らかにすること。

方法:2008年から2017年にHZおよびAISと診断された66歳以上のメディケア有料サービス受益者87,405例を対象とした。HZとAISの関連を調べるために自己管理ケースシリーズデザインを用い、リスク期間とコントロール期間のAISの発生率を比較して発生率比(IRR)を推定した。ZVLと抗ウイルス剤治療による効果修飾を調べるため、受益者を次の4つの相互に排他的なグループに分類した:(1)ワクチン接種も抗ウイルス剤治療もしない、(2)ワクチン接種のみ、(3)抗ウイルス剤治療のみ、(4)ワクチン接種と抗ウイルス剤治療の両方を行う。
4群間のIRRの変化を調べるため、交互作用の検定を行った。

結果:87,405例中、1~4群におけるHZおよびAIS発症はそれぞれ22.0%、2.0%、70.1%、5.8%であった。HZ発症後0~14日、15~30日、31~90日、91~180日のIRRはそれぞれ1.89(95%信頼区間[CI] 1.77~2.02)、1.58(95%CI 1.47~1.69)、1.36(95%CI 1.31~1.42)、1.19(95%CI 1.15~1.23)であった。AISに対するZVLと抗ウイルス治療による効果修飾の証拠はなかった(相互作用についてはp=0.067)。HZとAISのリスクの関連パターンは、年齢層、性、および人種でほぼ一貫していた。

結論:AISのリスクはHZ後に有意に増加し、このリスク増加はZVLおよび抗ウイルス剤治療によって修飾されなかった。この結果は、HZおよびHZに関連したAISの予防において、推奨されるHZワクチン接種を行うことの重要性を示唆するものである。

引用文献

Effect of herpes zoster vaccine and antiviral treatment on risk of ischemic stroke
Neurology. 2020 Aug 11;95(6):e708-e717. doi: 10.1212/WNL.0000000000010028. Epub 2020 Jul 7.
Quanhe Yang et al. PMID: 32636330 PMCID: PMC8931944 DOI: 10.1212/WNL.0000000000010028
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32636330/

関連記事

【帯状疱疹後の脳卒中リスクはどのくらい?(ドイツ自己対照ケースシリーズ研究; PLoS One. 2016)】

【批判的吟味】70歳以上の高齢者に対する帯状疱疹ワクチンの有効性はどのくらいですか?(RCT; ZOE-70, ZOE-50; NEJM 2016)

【家族に水疱瘡患者がいると帯状疱疹感染リスクが少ない?(イギリス人口ベース自己対照症例シリーズ研究; BMJ 2020)】

【50歳以上のCOVID-19成人患者において帯状疱疹の発症リスクが増加する?(米国の後向きコホート研究; Open Forum Infect Dis. 2022)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました