精神的に健康な集団は?LINE vs. Facebook vs. Twitter vs. Instagram(日本のSNS利用者のメンタルヘルス・プロファイル; PLoS One. 2021)

person holding iphone showing social networks folder 00_その他
Photo by Tracy Le Blanc on Pexels.com

各SNS利用者のメンタルヘルスに差はあるのか?

社会的な交流や結びつきは、人間の生活の基本的な構成要素であり、健康維持に重要な役割を果たします。以前のメタ解析では、社会的なつながりが比較的薄い人よりも、社会的環境にしっかりと組み込まれている人の方が健康であり、その効果は喫煙、飲酒、運動習慣など他のライフスタイル要因の効果を上回る可能性があることが示されています(PMID: 20668659)。この健康への影響は、加齢に伴う機能障害の素因を持つ高齢者において顕著になる可能性が高いと考えられます。事実、高齢者の社会的孤立は、社会的ネットワーク規模の縮小や社会的接触の欠如を客観的かつ定量的に反映したものであり、ベースライン時に身体機能障害がない人であっても、人種にかかわらずその後の全死亡のリスクを増加させる可能性が示唆されました(PMID: 2787102PMID: 9485581PMID: 30022745)。これらの知見は、社会的孤立を軽減する社会的相互作用を促進することが、世界的に適用可能な重要な健康対策と考えられることを示唆しています。

社会的ネットワークの不備による健康問題の予防について、現在大きく注目されているのは、オンラインでの社会的相互作用が精神的健康の維持に役立つかどうかです。ソーシャルネットワーキングサービス(Social Networking Service, SNS)は、社会的相互作用を生み出すために使用されるウェブベースのサービスを示し、自分の感情や考えを他者と伝え、共有するための有用なツールであると思われます。いくつかの研究では、SNSがソーシャルキャピタル、ソーシャルサポート、人間関係の維持に有益な効果をもたらすことを発見しており(JCMC2007PMID: 23962125PMID: 23790356)、おそらく健全なメンタルヘルスをもたらすと考えられています。しかし、他の研究では、SNSがストレスフルな体験を誘発し、利用者の幸福度が低いことが指摘されています(CHB2015PMID: 23967061)。また、最近のメタ解析では、青少年がSNSに費やす時間の長さとうつ病のレベルの高さとの間に関連性が示されたことが報告されています(PMID: 32065542)。

SNSの利用とメンタルヘルスに関するこれらの相反する結果は、従来の対面コミュニケーションと非対面コミュニケーション(例:電話、電子メール、手紙)のそれぞれの頻度を調査していないことに起因している可能性があります。もし、他者との社会的交流がきちんと行われている個人が伝統的なコミュニケーションチャネルを利用していれば、SNSの悪影響は受けないと推測されます。対面・非対面といった伝統的コミュニケーションの頻度がメンタルヘルスと強く関連していることを考慮すると、伝統的コミュニケーションがSNSの利用状況とメンタルヘルスの関連を交絡(減殺)することが予想されます。

さらに、SNSの種類や利用状況(投稿やチェックなど)でも、SNSのプラスとマイナスの効果を交絡させる可能性があります。若年成人における5種類のSNS(YouTube、Twitter、Facebook、Snapchat、Instagram)の利用状況とメンタルヘルスとの関連を調査した最近の調査では、Instagramが若者のメンタルヘルスにとって最悪のSNSにランクされたことが示されています(IntechOpen2017)。しかし、SNSのメンタルヘルスへの影響に関する広範な知見は、主にSNSの総使用量か各SNSの使用量のみに焦点を当てた知見、特に若年成人を対象とした知見に限られており(PMID: 32065542CHB2017PMID: 30618894PMID: 23630086)、SNSの種類による影響の違いは、未解決の研究課題として残されています。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27541746/また、SNSの利用状況やその影響に関する世代間の違いも重要な問題である。特に興味深いのは、高齢者におけるSNS利用の普及率とその特徴です。高齢者とSNSに関するいくつかの研究では、オンライン・ソーシャルネットワークのユーザビリティ分析やケーススタディに焦点が当てられています(CC2016SBH2011UAIS2011CC2015PMID: 26822073)。以前の研究では、社会的なつながりのための技術利用頻度が高いこと(電子メール、SNS(FacebookやTwitterなど)、オンラインビデオ通話や電話(Skypeなど)の合計利用で定義)とメンタルヘルスが良好であることの関連性が示唆されましたが(PMID27541746)、高齢者のメンタルヘルスに対するSNSの種類の影響やその関連性に対する従来のコミュニケーションの交絡の影響はあまり知られていませんでした。実際、SNSの利用とメンタルヘルスとの関連に関する文献は主に青少年に限られています (PMID: 32065542CHB2017)。

このように、SNSの利用とメンタルヘルスの世代やSNSの種類に依存した否定的・肯定的な関連性についてはコンセンサスが得られていないのが現状です。そこで今回は、SNSを日常的に利用している集団の精神的特性を調べることで、現在の知見を拡張することを目指した日本のメールベースサーベイ研究の結果をご紹介します。

本試験では、若年層、中高年層、高齢者の3世代を対象に、LINE(メッセージアプリ)、Facebook、Twitter、Instagramの投稿・チェックに着目し、(1)SNS利用とメンタルヘルスとの関連性がサービスの種類や世代によって異なるのか、(2)SNS目的の通信機器の保有率を考慮した上で、それぞれの関連性が対面や非対面(電話、メール、手紙など)といった従来のコミュニケーション頻度と独立しているかどうかを明らかにすることを目的としました。

試験結果から明らかになったことは?

3つの年齢層で最も利用頻度の高いSNSはLINEであり、高齢者の頻繁な利用(投稿・チェックとも)は、幸福度の向上と独立して関連していました。

中高年では、Facebookへの投稿頻度が高いことが幸福度の向上と関連していました。

Instagramを頻繁にチェックする若年成人では、より良い幸福感とより低い苦痛症状の傾向が示されました。

一方、Twitterを頻繁に利用することは、3つの年齢層すべてにおいて、苦痛症状または孤独感と関連していた。

コメント

IT社会が急速に発展していく中で、スマートフォンの普及が進むことに伴い、SNSの利用頻度も増加しています。特に中高年におけるSNSの利用が増加しています。一方で、SNS利用によるメンタルヘルスへの影響に関心が寄せられています。

さて、本試験結果によれば、SNSの利用状況とメンタルヘルスの間には、世代やSNSの種類に依存した負の相関と正の相関が認められました。正の相関については、中高年ではFacebook、若年成人ではInstagramの頻繁な利用が幸福感と関連していました。一方、負の相関については、特にTwitterを頻繁に利用することは、3つの年齢層すべてにおいて、苦痛症状または孤独感と関連していました。

ただし、本試験では重大な交絡因子の調整を行うことが困難です。具体的には、幸福度の低い(幸福感を感じにくい)集団がTwitterを頻繁に利用している可能性が高いと考えられることです。もちろんSNSの利用が幸福度に影響する可能性は排除できませんが、SNSが原因で幸福度が低下すると一概に結論づけることは困難です。卵が先か鶏が先か、今後の検討結果に期待したいところです。

happy woman using laptop in cozy living room at home

✅まとめ✅ SNSの利用状況とメンタルヘルスの間には、世代やSNSの種類に依存した負の相関と正の相関が認められた。

根拠となった試験の抄録

背景:ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用状況とメンタルヘルスの関連は、これまでの研究でネガティブとポジティブの両方が示唆されているが、SNSの種類や年齢による違いは不明である。我々は、対面コミュニケーションと非対面コミュニケーション(電話、電子メール、手紙など)の伝統的なコミュニケーションの頻度に基づいて、この問題に取り組んだ。

方法:18〜39歳の2,543例、40〜64歳の3,048例、65歳以上の2,985例、計8,576例が試験に参加した。SNSの利用頻度については、日本で人気のメッセージアプリであるLINE、Facebook、Twitter、Instagramについて、投稿とチェックの両方を回答してもらい、週に数回以上投稿またはチェックすることを頻度と定義した。
精神的健康状態については、WHO-5(=幸福感)、K6(=苦痛症状)、孤独感について評価した。重回帰分析およびロジスティック回帰分析では、従来のコミュニケーションの頻度について調整した。第1種の過誤を避けるため、回帰モデルにおいてp≦0.002のボンフェローニ補正を適用した(p=0.05/18、回帰モデルの数)。

結果:3つの年齢層で最も利用頻度の高いSNSはLINEであり、高齢者の頻繁な利用(投稿・チェックとも)は、幸福度の向上と独立して関連していた。中高年では、Facebookへの投稿頻度が高いことが幸福度の向上と関連していた。Instagramを頻繁にチェックする若年成人では、より良い幸福感とより低い苦痛症状の傾向が示された。逆に、Twitterを頻繁に利用することは、3つの年齢層すべてにおいて、苦痛症状または孤独感と関連していた。

結論:SNSの利用状況とメンタルヘルスの間には、世代やSNSの種類に依存した負の相関と正の相関が認められ、SNSの利用が影響する可能性とSNS以外のコミュニケーションの重要性が示唆された。

引用文献

Who is mentally healthy? Mental health profiles of Japanese social networking service users with a focus on LINE, Facebook, Twitter, and Instagram
Ryota Sakurai et al. PMID: 33657132 PMCID: PMC7928453 DOI: 10.1371/journal.pone.0246090
PLoS One. 2021 Mar 3;16(3):e0246090. doi: 10.1371/journal.pone.0246090. eCollection 2021.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33657132/

関連記事

【社会で共存生活するために必要な能力とは?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました