モデルナ社製mRNAワクチンの効果は盲検化フェーズでも同様ですか?(COVE試験; RCTの盲検化フェーズの結果; N Engl J Med. 2021)

pexels-photo-5878501.jpeg 01_ワクチン vaccine
Photo by Artem Podrez on Pexels.com

モデルナ社製mRNAワクチン mRNA-1273の有効性は盲検化フェーズにおいても同様に示されるのか?

コロナウイルス2019(COVID-19)パンデミックによって引き起こされた世界的な罹患率、死亡率、社会的混乱は、その影響の一部を軽減するために臨床ワクチンの開発と規制当局の介入を加速させました。2020年12月から2021年2月にかけて、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する3種類のワクチンが、接種後2ヵ月(中央値)の追跡調査後にCOVID-19に対する安全性と有効性を実証した観察者盲検ランダム化対照試験のデータに基づいて、米国食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)を取得しました(PMID: 33378609FDAPMID: 33301246PMID: 33440088)。臨床試験で観察されたワクチンの短期的な有効性は、一般の人々にワクチンを接種した後にも観察されました(PMID: 33626250CDCPMID: 34192428PMID: 33793460PMID: 33956782PMID: 34223401)。

SARS-CoV-2のプレフュージョンで安定化したスパイク糖タンパク質を発現するmRNAを脂質ナノ粒子に封入したmRNA-1273の第3相試験(プレプリント)では、COVID-19に対して94.1%のワクチン効果が認められ、中央値64日の追跡調査後の安全性と副作用のプロファイルも良好でした(PMID: 33378609)。

これらの初期の結果はEUAの発行を裏付けるものでしたが、その後、参加者にグループ分けの非盲検化と、プラセボを投与された人にはmRNA-1273ワクチンの投与を選択できるようにプロトコルが修正されました。

そこで今回は、モデルナ社製mRNAワクチン(mRNA-1273)の2回目の接種から5.3ヵ月後に終了した盲検化段階の最終解析結果についてご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

本試験には30,415例の参加者が登録され、15,209例がmRNA-1273ワクチンの投与を受け、15,206例がプラセボの投与を受けました。96%以上の参加者が注射の2回接種を受け、ベースラインでSARS-CoV-2感染の証拠があったのは2.3%、盲検化段階での追跡調査の中央値は5.3ヵ月でした。

COVID-19の予防におけるワクチンの有効性は93.2%(95%信頼区間[CI]91.0~94.8)で、COVID-19発症が確認されたのはmRNA-1273群で55例(9.6例/1,000人・年、95%CI 7.2~12.5例)、プラセボ群で744 例(136.6例/1,000人・年、95%CI 127.0~146.8例)でした。

重症化予防効果は98.2%(95%CI 92.8~99.6)、mRNA-1273群で2例、プラセボ群で106例でした。また、2回目の注射から14日以降における無症候性感染症の予防効果は63.0%(95%CI 56.6~68.5)、mRNA-1273群で214例、プラセボ群で498例でした。

ワクチンの有効性は、民族や人種、年齢層、併存疾患のある参加者の間で一貫していました。

安全性に関する懸念は認められませんでした。

コメント

モデルナ社製mRNA-1273ワクチンのランダム化比較試験において、盲検化フェーズにおいても、非盲検化と同様の効果が示されました。また追跡期間の中央値5.3ヵ月を経過しても、COVID-19予防におけるワクチンの有効性は93.2%(95%CI 91.0~94.8)でした。同一の臨床試験ではないため、直接的な比較はできませんが、今回の値は、ファイザー・ビオンテック社製mRNAワクチンよりも高い値です。また、重症疾患の予防において有効性が示されただけでなく、無症候性感染の予防に対しても有効性が示されました。

安全性について新たな懸念はないこと、mRNAは接種後、スパイクタンパク質を生成後に速やかに分解されることから、COVID-19発症と天秤にかけた場合、接種した方が良いと考えられます。

ファイザー・ビオンテック社製mRNAワクチンについては接種後6〜8ヵ月で抗体価が低下することが報告されており、感染予防効果も徐々に低下することが示されています。モデルナ社製mRNA-1273ワクチンについても、より長期的な有効性・安全性の検証が待たれます。

続報に期待。

light vacation festival party

✅まとめ✅ モデルナ社製mRNA-1273ワクチンは、COVID-19および5ヵ月以上の重症疾患の予防に引き続き有効であり、許容できる安全性プロファイルを備えており、無症候性感染に対する保護が認められた。

根拠となった試験の抄録

背景:第3相、観察者盲検、プラセボ対照臨床試験の中間解析において、mRNA-1273ワクチンはコロナウイルス感染症2019(COVID-19)の予防に94.1%の有効性を示した。ワクチンの緊急使用が許可された後、プロトコルが修正され、非盲検フェーズが追加された。盲検段階での有効性と安全性のデータの最終解析結果を報告する。

方法:COVID-19またはその合併症のリスクが高いボランティアを登録した。参加者は1:1の割合でランダムに割り付けられ、米国内の99施設で、28日間隔でmRNA-1273(100μg)またはプラセボを2回筋肉内に注射した。
主要評価項目は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に感染したことのない参加者における、2回目の注射から少なくとも14日後に発症するCOVID-19疾病の予防であった。データカットオフ日は2021年3月26日であった。

結果:本試験には30,415例の参加者が登録され、15,209例がmRNA-1273ワクチンの投与を受け、15,206例がプラセボの投与を受けた。96%以上の参加者が両方の注射を受け、ベースラインでSARS-CoV-2感染の証拠があったのは2.3%で、盲検化段階での追跡調査の中央値は5.3ヵ月であった。COVID-19の予防におけるワクチンの有効性は93.2%(95%信頼区間[CI]91.0~94.8)で、確認された症例はmRNA-1273群で55例(9.6例/1,000人・年、95%CI 7.2~12.5例)、プラセボ群で744 例(136.6例/1,000人・年、95%CI 127.0~146.8例)であった。
重症化予防効果は98.2%(95%CI 92.8~99.6)で、mRNA-1273群で2例、プラセボ群で106例であった。また、2回目の注射から14日後に始まる無症候性感染症の予防効果は63.0%(95%CI 56.6~68.5)で、mRNA-1273群で214例、プラセボ群で498例であった。ワクチンの有効性は、民族や人種、年齢層、併存疾患のある参加者の間で一貫していた。
安全性に関する懸念は認められなかった。

結論:mRNA-1273ワクチンは、COVID-19および5ヵ月以上の重症疾患の予防に引き続き有効であり、許容できる安全性プロファイルを備えており、無症候性感染に対する保護が認められた。
(資金提供:Biomedical Advanced Research and Development AuthorityおよびNational Institute of Allergy and Infectious Diseases、COVE ClinicalTrials.gov番号:NCT04470427)

引用文献

Efficacy of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 Vaccine at Completion of Blinded Phase
Hana M El Sahly et al. PMID: 34551225 DOI: 10.1056/NEJMoa2113017
N Engl J Med. 2021 Sep 22. doi: 10.1056/NEJMoa2113017. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34551225/

関連記事

【モデルナ社製のSARS-CoV-2ワクチンの有効性と安全性はどのくらいですか?(RCT; COVE trial; NEJM 2020)】

【モデルナ社製COVID-19ワクチンのアレルギー反応発現率はどのくらい?】

【COVID-19 mRNAワクチン接種後の有害事象モニタリング(安全性モニタリングデータの中間解析; JAMA. 2021)】

【COVID-19ワクチン接種後の心筋炎および心膜炎の頻度はどのくらい?(JAMA 2021)】

【BNT162b2(ファイザー・ビオンテック社製)およびmRNA-1273(モデルナ社製)を用いたワクチン接種後のSARS-CoV-2抗体反応の比較(前向きコホート研究; JAMA. 2021)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました