入院患者の処方ミスに対する標準化アプローチを用いた薬剤師の介入効果とは?(前向きコホート研究; Am J Health Syst Pharm. 2021)

pen in hand of female typing on computer during work in office 00_その他
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

入院患者の処方ミスに対する標準化アプローチの有効性とは?

医療システム全体で標準化されたプロセスを実施し、薬剤師がモニターした処方過誤の発生率と臨床的関連性を判断することで、入院患者の重篤なアウトカムを回避できる可能性があります。

そこで今回は、標準化された文書化プロセスを用いて、6週間連続で入院患者のオーダー確認時に薬剤師がモニターした処方過誤を収集した前向き多施設共同観察研究の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

各エラーの潜在的な有害性は、医師の検証を受けた修正NCC-ERP(National Coordinating Council for Medication Error Reporting and Prevention)指標を用いて評価し、潜在的な有害性が低いもの、重大なもの、生命を脅かすものに分類されました。エンドポイントは、1,000患者日あたりのエラー率(中央値)、エラーの種類、潜在的な有害性とそれに伴うコスト回避効果などでした。

薬剤師は7,187件のエラーに介入し、その結果、1,000患者日あたりの平均エラー率は39件でした。
エラーのうち46.6%(n=3,349)は潜在的に深刻な結果をもたらすと判断され、2.4%(n=175)は介入しなければ生命を脅かす可能性がありました。これは874,000ドルのコスト回避に相当します。

発生頻度の高いエラータイプ生命を脅かす可能性のあるエラー重大な危害を及ぼす可能性のあるエラー
「用量/速度/頻度の誤り」
(n=2,298、32.0%)
「投与量/速度/回数の誤り」
(n=49、28.0%)
「用量/速度/頻度の誤り」
(n=1,028、30.7%)
「重複治療」
(n=1,431、19.9%)
「二重治療」
(n=26、14.9%)
「タイミングの誤り」
(n=573、17.1%)
「タイミングの誤り」
(n=960、13.4%)
「薬剤と疾患の相互作用」
(n=24、13.7%)
「重複治療」
(n=482、14.4%)
各分類の上位3項目

発生頻度の高い上位3つのエラータイプは、「用量/速度/頻度の誤り」(n=2,298、32.0%)、「重複治療」(n=1,431、19.9%)、「タイミングの誤り」(n=960、13.4%)でした。

生命を脅かす可能性のあるエラーの中では、「用量/速度/頻度の誤り」(n=49、28.0%)、「二重治療」(n=26、14.9%)、「薬剤と疾患の相互作用」(n=24、13.7%)が最も高い頻度で発生しました。

重大な危害を及ぼす可能性のあるエラーの中では、「用量/速度/頻度の誤り」(n=1,028、30.7%)、「タイミングの誤り」(n=573、17.1%)、「重複治療」(n=482、14.4%)が最も高い頻度で発生しました。

コメント

本試験の結果、修正NCC-ERP(National Coordinating Council for Medication Error Reporting and Prevention)指標を用いて評価された各エラーの潜在的な有害性は、潜在的な有害性が低いもの、重大なもの、生命を脅かすものに分類されました。

その結果、1,000患者日あたりの平均エラー率は39件でした。
エラーのうち46.6%(n=3,349)は潜在的に深刻な結果をもたらすと判断され、2.4%(n=175)は介入しなければ生命を脅かす可能性がありました(874,000ドルのコスト回避に相当)。

処方ミスに対する薬剤師の介入を標準化されたプロセスで文書化することにより、処方ミスの傾向を多施設で分析するためのプラットフォームが構築される可能性が示されました。更なる検証が必要ではありますが、有益な結果であると考えられます。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ 処方ミスに対する薬剤師の介入を標準化されたプロセスで文書化することにより、処方ミスの傾向を多施設で分析するためのプラットフォームが構築されると考えられる。

根拠となった試験の抄録

目的:本研究の目的は、医療システム全体で標準化されたプロセスを実施し、薬剤師がモニターした処方過誤の発生率と臨床的関連性を判断することであった。

方法:この前向き多施設共同観察研究は、病院11施設で実施した。標準化された文書化プロセスを用いて、6週間連続で入院患者のオーダー確認時に薬剤師がモニターした処方過誤を収集した。
各エラーの潜在的な有害性は、医師の検証を受けた修正NCC-ERP(National Coordinating Council for Medication Error Reporting and Prevention)指標を用いて評価し、潜在的な有害性が低いもの、重大なもの、生命を脅かすものに分類した。
エンドポイントは、1,000患者日あたりのエラー率(中央値)、エラーの種類、潜在的な有害性とそれに伴うコスト回避効果などであった。

結果:薬剤師は7,187件のエラーに介入し、その結果、1,000患者日あたりの平均エラー率は39件であった。エラーのうち46.6%(n=3,349)は潜在的に深刻な結果をもたらすと判断され、2.4%(n=175)は介入しなければ生命を脅かす可能性があった。これは874,000ドルのコスト回避に相当しまる。
発生頻度の高い上位3つのエラータイプは、「用量/速度/頻度の誤り」(n=2,298、32.0%)、「重複治療」(n=1,431、19.9%)、「タイミングの誤り」(n=960、13.4%)でした。
生命を脅かす可能性のあるエラーの中では、「用量/速度/頻度の誤り」(n=49、28.0%)、「二重治療」(n=26、14.9%)、「薬剤と疾患の相互作用」(n=24、13.7%)が最も高い頻度で発生した。
重大な危害を及ぼす可能性のあるエラーの中では、「用量/速度/頻度の誤り」(n=1,028、30.7%)、「タイミングの誤り」(n=573、17.1%)、「重複治療」(n=482、14.4%)が最も高い頻度で発生した。

結論:処方ミスに対する薬剤師の介入を標準化されたプロセスで文書化することにより、処方ミスの傾向を多施設で分析するためのプラットフォームが構築され、処方ミスによる潜在的な危害を軽減するためのシステム全体のソリューションを開発する機会となる。

キーワード:医療機関の薬局、薬の安全性、処方過誤

引用文献

Pharmacist intervention on prescribing errors: Use of a standardized approach in the inpatient setting
Ann Cabri et al. PMID: 34283219 DOI: 10.1093/ajhp/zxab278
Am J Health Syst Pharm. 2021 Jul 20;zxab278. doi: 10.1093/ajhp/zxab278. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34283219/

関連記事

【薬剤師の介入により心血管リスクを減らせますか?(SR&MA; Br J Clin Pharmacol.2019)】

【院内専門薬局と院外専門薬局では経口化学療法薬のアドヒアランス率に差がありますか?(後向きコホート研究; Am J Health Syst Pharm. 2020)】

【健康ケア指標における プライマリケアチームへの薬剤師の統合は 患者アウトカムへ どのような影響を及ぼしますか?(SR; Br J Gen Pract. 2019)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました