組換えアデノウイルス5型ベクター化COVID-19ワクチンによる抗体増加はどのくらいで得られますか?(単施設open-RCT; 単施設 Phase 1; Lancet 2020)

Safety, tolerability, and immunogenicity of a recombinant adenovirus type-5 vectored COVID-19 vaccine: a dose-escalation, open-label, non-randomised, first-in-human trial

Feng-Cai Zhu et al.

Lancet. 2020 Jun 13;395(10240):1845-1854. doi: 10.1016/S0140-6736(20)31208-3. Epub 2020 May 22.

PMID: 32450106

PMCID: PMC7255193

DOI: 10.1016/S0140-6736(20)31208-3

Funding: National Key R&D Program of China, National Science and Technology Major Project, and CanSino Biologics.

This study is registered with ClinicalTrials.gov, NCT04313127.

背景

COVID-19 に対するワクチンの開発が急務となっている。我々は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)株のスパイク糖タンパク質を発現する組換えアデノウイルス5型(Ad5)ベクター化COVID-19ワクチンの安全性、忍容性、免疫原性を評価することを目的とした。

方法

中国・武漢市において、Ad5 ベクター化 COVID-19 ワクチンの用量漸増、単施設、非盲検、ランダム化、第 1 相試験を実施した。

18~60歳の健康な成人を順次登録し、3つの用量群(5 × 1010, 1 × 1011, and 1·5 × 1011 ウイルス粒子)のいずれかに割り付けて、ワクチンの筋肉内注射を受けた。

主要アウトカムはワクチン接種後7日間の有害事象とした。安全性はワクチン接種後 28 日間にわたって評価した。特異抗体はELISAで測定し、ワクチン接種によって誘発される中和抗体反応はSARS-CoV-2ウイルス中和試験および偽ウイルス中和試験で検出した。

T 細胞応答は、酵素結合免疫スポットおよびフローサイトメトリーアッセイによって評価した。

所見

・2020年3月16日から3月27日までの間に、参加資格者195例をスクリーニングした。そのうち、108例(男性 51%、女性 49%、平均年齢 36.3歳)の参加者を募集し、低用量(n=36)、中用量(n=36)、または高用量(n=36)のワクチンを接種した。登録されたすべての参加者が解析に含まれた。

・ワクチン接種後7日以内に少なくとも1回の副作用が報告されたのは、低用量群で30例(83%)、中用量群で30例(83%)、高用量群で27例(75%)であった。注射部位の副作用で最も多かったのは疼痛で、ワクチン接種者58例(54%)で報告され、全身性の副作用で最も多かったのは発熱(50例[46%])、倦怠感(47例[44%])、頭痛(42例[39%])、筋肉痛(18例[17%])であった。

・すべての用量群で報告されたほとんどの有害事象は、重症度が軽度または中等度であった。ワクチン接種後 28 日以内の重篤な有害事象は認められなかった。

・ELISA抗体および中和抗体は14日目に有意に増加し、接種後28日目にピークを迎えた。

・特異的T細胞反応はワクチン接種後14日目にピークを迎えた。

結果の解釈

Ad5ベクター化COVID-19ワクチンは、ワクチン接種後28日目に忍容性と免疫原性を示す。健康成人のSARS-CoV-2に対する体液性反応はワクチン接種後28日目にピークを迎え、ワクチン接種後14日目から急速な特異的T細胞反応が認められた。

以上の結果から、Ad5ベクター化COVID-19ワクチンはさらなる研究の必要性が示唆された。

✅まとめ✅ Ad5ベクター化COVID-19ワクチンにより、LISA抗体および中和抗体は14日目に有意に増加し、接種後28日目にピークを迎えた。

✅まとめ✅ 急速な特異的T細胞反応は14日目にピークを迎えた

コメント

タイトルとURLをコピーしました