COVID-19重症度と院内死亡率を予測するための臨床リスクスコア NEWS2の精度はどのくらいですか?(前向きコホート研究; Scand J Trauma Resusc Emerg Med. 2020)

National Early Warning Score 2 (NEWS2) on admission predicts severe disease and in-hospital mortality from Covid-19 – a prospective cohort study

Marius Myrstad et al.

Scand J Trauma Resusc Emerg Med. 2020 Jul 13;28(1):66. doi: 10.1186/s13049-020-00764-3.

PMID: 32660623

PMCID: PMC7356106

DOI: 10.1186/s13049-020-00764-3

Keywords: Coronavirus; Covid-19; Emergency department; In-hospital mortality; NEWS2; Sensitivity; qSOFA.

背景

重症化のリスクがある患者を特定し、COVID-19パンデミック時の意思決定の指針とするために、有効性のある臨床リスクスコアが必要とされている。National Early Warning Score 2(NEWS2)は救急医療で広く使用されているが、これまでのところ、COVID-19患者での使用を評価した研究はない。

我々は、NEWS2の性能を検討し、COVID-19患者の重症化リスクと院内死亡率を予測するために、入院時に一般的に使用されている臨床リスク層別化ツールを比較することを目的とした。

方法

これはノルウェーのオスロ地域にある公立の非大学総合病院を対象としたプロスペクティブコホート研究で、パンデミック開始時からSARS-CoV-2感染が確認された入院患者66例全員のコホート(入院中に死亡した13例、生きたまま退院した53例)を対象とした。

データは2020年3月9日から4月27日まで連続して収集された。

主要アウトカムは、救急部入院時のNEWS2スコアおよびその他の臨床リスクスコアが、COVID-19患者の重症度および院内死亡率を予測する能力であった。我々は、NEWS2スコア≧5および≧6、迅速逐次臓器不全評価(qSOFA)スコア≧2、全身性炎症反応症候群(SIRS)基準≧2、およびCRB-65スコア≧2について、95%信頼区間(CI)で感度および特異度を算出した。臨床リスクスコアの曲線下面積(AUC)は、DeLongの検定を用いて比較した。

結果

・合計66例(平均年齢67.9歳)の患者が含まれた。そのうち23%が重症化した。院内死亡率は20%であった。

・重症化した患者では、入院時の頻脈、低酸素血症、錯乱がより一般的であった。

・入院時のNEWS2スコアが6以上であれば、感度80.0%、特異度84.3%で重症化を予測した(曲線下面積(AUC)0.822、95%CI 0.690〜0.953)。

・NEWS2は、qSOFAスコア≧2(AUC 0.624、95%CI 0.446〜0.810、p < 0.05)およびこの目的のための他の臨床リスクスコアよりも優れていた。

結論

入院時のNEWS2スコアは重症度と院内死亡率を予測し、COVID-19患者では他の広く用いられている臨床リスクスコアよりも優れていた。

コメント

COVID-19重症化に対するNEWS2スコア≧5および≧6、qSOFAスコア≧2、SIRS基準≧2、CRB-65スコア≧2を比較検討した試験。

試験結果によれば、各スコアの精度は以下の通り;

Sensitivity %
(95% CI)
Specificity %
(95% CI)
PPV %
(95% CI)
NPV %
(95% CI)
AUC
(95% CI)
NEWS2 ≥ 586.7 (59.5–98.3)70.6 (56.2–82.5)46.4 (35.2–58.1)94.7 (83.0–98.5)0.786 (0.659–0.913)
NEWS2 ≥ 680.0 (52.9–95.7)84.3 (71.4–92.9)60.0 (43.1–74.8)93.5 (83.8–97.5)0.822 (0.690–0.953)
qSOFA ≥ 226.7 (7.8–55.1)98.0 (89.6–100.0)80.0 (32.6–97.1)82.0 (77.0–86.1)0.624 (0.446–0.810)
≥2 SIRS criteria60.0 (32.3–83.7)66.7 (52.1–79.2)34.6 (23.1–48.3)85.0 (74.8–91.6)0.633 (0.470–0.796)
CRB-65 ≥ 226.7 (7.8–55.1)90.2 (78.6–96.7)44.4 (19.7–72.3)80.7 (75.3–85.2)0.584 (0.410–0.759)
Figure 3. Performance of clinical risk scores at emergency department admission to predict severe disease from covid-19, n = 66(本文より筆者作成)

CI, Confidence interval; PPV, Positive Predictive Value; NPV, Negative Predictive Value; AUC, Area under the Curve; NEWS, National Early Warning Score; qSOFA, Quick Sequential Organ Failure Assessment; SIRS, Systemic Inflammatory Response Syndrome

NEWS2で6点以上の場合が最も検査精度が高いようです。今後、COVID-19感染と共存していくことは必至であると考えますので、いかに感染拡大や疾患の重症化を防ぎ、死亡リスクを低下させるかが重要であると考えます。そのための予測スコアとして、NEWS2が有用である可能性が高いと考えます。

✅まとめ✅ COVID-19重症化を予測するためのNEW2の精度は感度80.0%、特異度84.3%だった

コメント

タイトルとURLをコピーしました