2型糖尿病患者におけるインスリンアナログとヒトインスリンの安全性に違いはありますか?(後向きコホート研究; JAMA Netw Open. 2020)

Comparison of Mortality and Major Cardiovascular Events Among Adults With Type 2 Diabetes Using Human vs Analogue Insulins

Neugebauer R et al.

doi:10.1001/jamanetworkopen.2019.18554

JAMA Netw Open. 2020;3(1):e1918554.

臨床疑問

アナログインスリンを使用する人と比較して、ヒトインスリンを使用する成人2型糖尿病患者の心血管転帰に有意差はあるか?

所見

2型糖尿病12,7600人を対象とした本コホート研究では、全体的な死亡率、心血管死亡率、心筋梗塞、脳卒中、うっ血性心不全の入院に違いはみられなかった。

臨床的意義

本研究において、インスリン未使用であった2型糖尿病成人のヒトインスリンとアナログインスリンでの治療は、主要な心血管イベント、心血管疾患による死亡率、および全体的な死亡率が同程度だった。

試験の重要性

通常ケアでインスリン療法を開始する2型糖尿病成人におけるインスリンアナログとヒトインスリンの心血管安全性における比較は、機械学習やその他の厳密な分析手法を使用して慎重に評価されていない。

目的

インスリンアナログ対ヒトインスリン使用と死亡率および主要な心血管イベントとの関連を調べること。

試験設計、設定、参加者

後ろ向きコホート研究には、2000年1月1日から2013年12月31日までインスリン療法を開始した4つの医療提供システムで2型糖尿病を患う21〜89歳の成人127,600人が含まれていた。

機械学習と厳密な推論は時変暴露を利用して、インスリンアナログとヒトインスリンの連続暴露と死亡率および主要な心血管イベントとの関連を評価したデータは2017年9月1日から2018年6月30日まで分析された。

曝露

指標日(最初のインスリン調剤)において、参加者は、ヒトインスリンまたはヒトインスリンのみを含むまたは含まないインスリンアナログを使用するものとして分類された。

主なアウトカムと測定

全体的な死亡率、心血管疾患による死亡率(CVD)、心筋梗塞(MI)、脳卒中または脳血管障害(cerebrovascular accident, CVA)、およびうっ血性心不全による入院(CHF)が評価された。

確率重み付けを使用して、プロトコルごとの個別分析でイベントフリー生存を比較した。

調整済みおよび未調整のハザード比と累積リスク差は、反事実ハザードのロジスティックMSMパラメーター化に基づいていた。

傾向スコアは、データ適応アプローチ(機械学習)を使用し、ネストされた3つの共変量調整セットに基づいて推定された。

感度分析は、配信システム全体におけるリスク因子の測定されていない差異から生じる潜在的な残留交絡に対処するために実施された。

結果

・127,600人の参加者(平均[SD]年齢 59.4 [12.6]歳、平均68,588人[53.8%]、平均[SD]体格指数 32.3 [7.1])の追跡期間の中央値は4四半期でした(四分位数) 範囲 3-9四半期)、全体で5,464人の死亡(4.3%)、1,729人のMI(1.4%)、1,301人のCVA(1.0%)、3,082人のCHF入院(2.4%)を経験した。

・全体的な死亡率(1.15; 95%CI 0.97-1.34)、CVD死亡率(1.26; 95%CI 0.86-1.66)、MI(1.11; 95%CI 0.77-1.45)、CVA(1.30; 95%CI 0.81-1.78)、またはCHF入院(0.93; 95%CI 0.75-1.11)の10四半期における連続アナログインスリンとヒトインスリン曝露の調整ハザード比に違いはなかった。

結論と関連性

ヒト対アナログインスリンで治療を開始および継続するインスリンナイーブ2型糖尿病成人は、主要な心血管イベント、CVD死亡率、および全死亡率の同様の観察率を示した。

コメント

ヒトインスリンとインスリンアナログの比較研究、確かに過去の研究がない範囲ですね。後向き研究ではありますが、安全性に差は認められなかったとのこと。

ヒトインスリンとしては、ヒューマリン®️やノボリン®️です。これら以外はインスリンアナログ製剤ですね。

ヒトインスリンは中間型であるため、注射後30分ごろに食事しなければなりません。使う側としては、非常に行動を制限されるため使いづらいですよね。

そこで作用時間が異なるインスリンアナログの登場というわけです。最近は超超速攻型のフィアスプ®️が発売され、使い方としては食直前(0〜2分)あるいは食後20分です。日進月歩ですな。

✅まとめ✅ 新規インスリン使用の2型糖尿病成人においてヒトインスリン製剤とインスリンアナログ製剤は同様な安全性プロファイルだった

コメント

タイトルとURLをコピーしました