降圧薬は寝る前に飲んだ方が良いですか?(PROBE; Hygia Chronotherapy Trial; Eur Heart J. 2019)

Bedtime Hypertension Treatment Improves Cardiovascular Risk Reduction: The Hygia Chronotherapy Trial

Ramón C Hermida et al.

Eur Heart J. 2019

PMID: 31641769

DOI: 10.1093/eurheartj/ehz754

Trial registration: ClinicalTrials.gov, number NCT00741585.

Keywords: Ambulatory blood pressure monitoring; Angiotensin-II receptor blockers; Angiotensin-converting enzyme inhibitors; Asleep blood pressure; Bedtime hypertension chronotherapy; Cardiovascular risk; Coronary revascularization; Heart failure; Myocardial infarction; Stroke.

目的

臨床プライマリケア環境内で実施されるHygia Chronotherapy Trialは、高血圧治療時における通常の朝服用と就寝時服用を比較して、心血管疾患(CVD)リスクを低減するかどうかをテストするために設計された。

方法

本多施設、前向きエンドポイント試験では、19,084人の高血圧患者(男性10,614人/ 女性8,470人、60.5±13.7歳)が1種類以上の降圧薬を就寝時に服用する群(n = 9552)または覚醒時に服用する群(n = 9532)に割り当てられた(1:1)。

追跡時およびフォローアップ中のすべての予定された診療所訪問(少なくとも年1回)で、外来血圧(ABP)モニタリングを48時間実施した。

結果

・中央値6.3年間の追跡期間に、1,752人の参加者がCVD主要転帰(CVD死亡、心筋梗塞、冠動脈血行再建、心不全、または脳卒中)を経験した。

・就寝時に服用した場合、起床時の治療時間レジメンと比較して、年齢、性別、2型糖尿病、慢性腎疾患、喫煙、HDLコレステロール、平均睡眠時収縮期血圧、睡眠時相対的収縮期血圧の低下、および以前のCVDイベントの有意な影響特性に対して調整されたハザード比が有意に低いことを示した。

★主要なCVDアウトカム:HR =0.55(95%CI 0.50-0.61)、P <0.001

★各単一アウトカム(すべての場合でP <0.001 )

CVD死亡:HR =0.44(0.34-0.56)

心筋梗塞:HR =0.66(0.52-0.84)

冠動脈血行再建:HR =0.60(0.47-0.75)

心不全:HR =0.58(0.49-0.70)

脳卒中:HR =0.51(0.41-0.63)

結論

目覚めたときとは対照的に、就寝時に1種類以上の血圧降下薬を処方された高血圧患者による日常的な摂取は、ABP制御の改善をもたらす(睡眠中の血圧の大幅な低下と睡眠時の相対的血圧低下、すなわち血圧低下)。

最も重要なことは、主要なCVDイベントの発生が著しく減少したことである。

コメント

アブストのみ。

1種類以上の降圧薬を服用している場合に、日中の服用と比べて、就寝時に服用すると、血圧の低下だけでなく心血管イベントの発生リスクを低下させた。

面白い結果ですね。EHJに掲載された論文の中では方法論がしっかりしていると感じました。割り付けやマスキングが気になるところですね。それでもハードおよびソフトエンドポイントすべてで有意差が認められている点が評価できそうです。批判的に吟味してみようと思います。

✅まとめ✅ 降圧薬を就寝時に服用すると血圧の低下だけでなく心血管イベントの発生リスクが低下する

コメント

タイトルとURLをコピーしました