01_ワクチン vaccine

スポンサーリンク
01_ワクチン vaccine

COVID-19ワクチンの副作用と長期中和抗体反応との関連性は?(前向きコホート研究; Ann Intern Med. 2024)

SARS-CoV-2ワクチン接種をためらう理由としては、副反応への懸念が一般的です。ワクチン接種後に発現する副反応は、免疫反応の一部として理解されており、中和抗体反応との関連性が示唆されています。発熱、疲労、筋肉痛、関節痛などの全身反応は…
01_ワクチン vaccine

日本におけるmRNA COVID-19ワクチンブースター接種と死亡率との関連性は?(コホート内症例対象研究; VENUS研究; Hum Vaccin Immunother. 2024)

これまでの研究で、COVID-19 mRNAワクチンの一次接種後に死亡リスクの増加は認められなかったものの、ブースター接種に関する報告は不足しています。そこで今回は、一次接種に加えてmRNAワクチンのブースター接種後の死亡リスクを評価する…
01_ワクチン vaccine

米国高齢者におけるCOVID-19二価ワクチン接種後の脳卒中リスクはどのくらい?(自己対照ケースシリーズ; JAMA. 2024)

2023年1月、米国疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention)と米国食品医薬品局は、ファイザー・ビオンテック(Pfizer-BioNTech)のBNT162b2; WT/O…
01_ワクチン vaccine

RSV感染で入院した高齢者における急性心臓イベントの発生頻度は?(横断研究; RSV-NET; JAMA Intern Med. 2024)

呼吸器合胞体ウイルス(Respiratory syncytial virus, RSV)感染は高齢者に重篤な呼吸器疾患を引き起こす可能性があります。また、RSV疾患により心臓合併症が引き起こされる可能性がありますが、インフルエンザやSAR…
01_ワクチン vaccine

ワクチン接種または未接種のCovid-19成人外来患者に対するニルマトレルビルの効果は?(RCT; EPIC-SR試験; N Engl J Med. 2024)

ニルマトレルビルとリトナビルの併用は、軽度〜中等度の新型コロナウイルス感染症(Covid-19)に対する抗ウイルス治療薬です。一方で、重症Covid-19の標準的リスクを有する患者、またはワクチン接種が完了しており重症Covid-19のリ…
01_ワクチン vaccine

新型コロナワクチンを29ヵ月で217回接種するとどうなるのか?(症例報告; Lancet Infect Dis. 2024)

SARS-CoV-2感染流行は収束せず、Withコロナ時代に突入しています。日本では5類感染症に分類され、かつ全数報告ではなく定点報告に移行しています。つまり、季節性インフルエンザのように、基本的な感染予防対策の実施が求められます。基本的…
01_ワクチン vaccine

妊娠中のCOVID-19ワクチン接種後の新生児転帰への影響はどのくらい?(コホート研究; JAMA. 2024)

妊娠中のCOVID-19ワクチン接種後の新生児有害事象に関する知識を深めることは、ワクチンの安全性に関する懸念に対処するのに役立つ可能性があります。しかし、倫理的側面からランダム化比較試験の実施は困難です。そこで今回は、妊娠中のCOVID…
01_ワクチン vaccine

青年および若年成人におけるSARS-CoV-2 mRNAワクチンのブースターワクチン接種と心筋炎との関連性は?(北欧のコホート研究; Eur Heart J. 2024)

SARS-CoV-2 mRNAワクチンは心筋炎のリスク上昇と関連しています。この関連は、思春期の男性や若年男性、2回目の接種後に最も強い可能性が報告されていますが、更なる検証が求められています。そこで今回は、12~39歳のSARS-CoV…
01_ワクチン vaccine

小児・青少年の感染症/重症疾患に対するBNT162b2ワクチンの有効性は?(コホート3件の比較有効性研究; Ann Intern Med. 2024)

小児科におけるBNT162b2ワクチン(Pfizer/BioNTech社製)の有効性は、オミクロンバリアント(変異株)の出現前にランダム化比較試験で評価されました。この集団におけるオミクロン期間中のワクチン防御の長期持続性はまだ限定的です。
01_ワクチン vaccine

高齢者におけるRSウイルスに対するmRNAワクチンの有効性と安全性はどのくらい?(DB-RCT; ConquerRSV試験; N Engl J Med. 2023)

呼吸器合胞体(RS)ウイルスは、高齢者においてかなりの罹患率と死亡率を引き起こす可能性があります。これまでに高齢者を対象としたRSウイルスワクチンは上市されていません。現在、安定化RSウイルスプレフュージョンF糖蛋白をコードするmRNAベ…
01_ワクチン vaccine

乳児のRSウイルスによる入院予防にニルセビマブは有効ですか?(実用的試験; HARMONIE試験; N Engl J Med. 2023)

呼吸器合胞体ウイルス(Respiratory syncytial virus, RSV)は年齢を問わず、顕性感染を引き起こすことが知られています。特に乳幼児期においては非常に重要な病原ウイルスであり、生後数週〜数ヵ月の期間にもっとも重症な…
01_ワクチン vaccine

BNT162b2 BA.4/5 COVID-19ワクチンとインフルエンザワクチン同時接種は有効ですか?(後向き研究; JAMA Netw Open. 2023)

地域社会におけるCOVID-19ワクチンと季節性インフルエンザワクチン(SIV)は同時期に流行がみられることから、同時接種が可能となれば国民の利便性向上につながります。しかし、これらワクチンの同時接種の推定効果を比較したデータは存在しませ…
01_ワクチン vaccine

SARS-CoV-2経鼻ワクチンdNS1-RBDの安全性と有効性は?(DB-RCT; COVID-19-PRO-003試験; Lancet Respir Med. 2023)

弱毒化インフルエンザウイルスベクターを用いたSARS-CoV-2経鼻ワクチン(dNS1-RBD, Pneucolin; Beijing Wantai Biological Pharmacy Enterprise, Beijing, Chi…
01_ワクチン vaccine

季節性インフルエンザワクチン接種に対する意識と障壁の変化:2007年〜2023年(アンケート調査; J Community Health. 2023)

季節性インフルエンザは、主に冬季に流行するウイルス感染症の一つです。インフルエンザウイルスのゲノムRNAは8分節しており、それぞれの分節RNA(1〜8)で、コードされているウイルスタンパクが異なっています。インフルエンザウイルスは変異スピ…
01_ワクチン vaccine

米国高齢者におけるCOVID-19 mRNAワクチン接種後の潜在的有害事象リスクの比較:ファイザー社製 vs. モデルナ社製(後向きコホート研究; JAMA Netw Open. 2023)

SARS-CoV-2に対するmRNAワクチンの安全性を直接比較することは、意思決定のために必要とされています。しかし、現在のエビデンスは、高齢者への一般化が不充分であり、ワクチン接種直後の事象を正確に捉えられていません。さらに、これまでの…
01_ワクチン vaccine

COVID-19ワクチン接種とSARS-CoV-2感染後の糖尿病発症率との関連性は?(集団ベースのコホート研究; PLoS Med. 2023)

コロナウイルス疾患2019(COVID-19)ワクチン接種後の糖尿病発症リスクはまだ解明されていません。また、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染後の糖尿病発症リスクがワクチン接種の有無によって修飾されるのか、…
01_ワクチン vaccine

XBB.1.5含有mRNAワクチンの安全性と免疫原性はどのくらい?(RCT; 査読前論文; medRxiv 2023)

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV-2)オミクロンXBB系統の亜型は、先行感染やワクチン接種による免疫を免れる可能性があります。2023年秋に始まるCOVID-19の予防接種について、米国FDAは、単回接種への更新を推奨…
01_ワクチン vaccine

異なるSARS-CoV-2亜型に対するゼロコロナ政策において有効な手段とは?(シミュレーション試験; Nat Commun. 2023)

パンデミックを予防するためには、新興流行病に対する的を絞った公衆衛生介入が不可欠です。2020年から2022年にかけて、中国は、異なるSARS-CoV-2亜種によるさまざまな規模のアウトブレイクを封じ込めるために、厳格なゼロCOVID対策…
01_ワクチン vaccine

米国におけるSARS-CoV-2感染後の炎症反応はワクチン接種で抑えられる(前向きコホート研究; THE Lancet Microb 2023)

サイトカインおよびケモカインは、感染およびワクチン接種に対する反応において重要な役割を果たしています。しかし、経時的な変化については充分に検証されていません。そこで今回は、SARS-CoV-2感染者におけるCOVID-19ワクチン接種とサ…
01_ワクチン vaccine

SARS-CoV-2の学校感染の有病率と危険因子には何がありますか?(コホート研究; JAMA Health Forum. 2023)

学校関連でのSARS-CoV-2感染はまれであるとされていますが、実際の感染率は不明です。そこで今回は、学校におけるSARS-CoV-2の二次感染率(secondary attack rate, SAR)および感染に関連する因子を明らかに…
スポンサーリンク