血圧を低下させると認知症の発症を予防できますか?(個人データのメタ解析; Eur Heart J. 2022)

elderly woman checking the blood pressure of an elderly man 01_中枢神経系
Photo by Vlada Karpovich on Pexels.com

血圧を低下させると認知症の発症リスクを低減できるのか?

観察研究では、高齢者における血圧と認知症発症のU字型関連が示されていますが、高血圧患者における血圧低下治療に関するランダム化比較試験では、このアウトカムに関する結果が一貫していないことが示されています。

そこで今回は、認知症予防のための血圧低下治療の効果について検証した5件の主要なランダム化二重盲検プラセボ対照試験のプールされた個人参加者データ分析の結果をご紹介します。

認知症発症に対する治療効果を評価するために、マルチレベルロジスティック回帰が使用されました。年齢、ベースラインの収縮期血圧、性別、脳卒中既往の有無などの主要な集団特性について、効果修飾をが評価されました。また、認知症のリスクに対する薬物療法と収縮期および拡張期血圧の変化の寄与を定量化するために、媒介分析(Mediation analysis)が使用されました。

試験結果から明らかになったことは?

対象は20ヵ国から集められた28,008例でした。中央値4.3年の追跡の後、861例に認知症の発症が認められました。

認知症発症リスク
平均10/4mmHgの降圧調整オッズ比 0.87
(95%信頼区間 0.75〜0.99

多段階ロジスティック回帰では、降圧治療が平均10/4mmHgの降圧で認知症の発症リスクを低減させることが示されました(調整オッズ比 0.87、95%信頼区間 0.75〜0.99)。

さらに、死亡を競合リスクとして考慮した多項式回帰でも同様の結果が得られました。年齢や性別による効果の修飾は認められませんでした。媒介分析では、積極的な治療を受けた群では、より大きな血圧低下が認知症リスクの低減と関連していることが確認されました。

コメント

加齢に伴い認知機能が低下しますが、認知機能と血圧との関連性については一貫した結果が示されていません。

さて、本試験結果によれば、平均10/4mmHgの降圧により認知症の発症リスクが低減することが示されました。本試験は、ランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験の個別患者データを用いたメタ解析であることから、得られた結果は因果関係に近いと考えられます。ただし、調整できていない、あるいは未知の交絡因子が残存していることから追試が求められます。

続報に期待。

man people festival eyes

✅まとめ✅ 平均10/4mmHgの降圧により認知症の発症リスクが低減できるかもしれない(調整オッズ比 0.87、95%CI 0.75〜0.99)。

根拠となった試験の抄録

目的:観察研究では、高齢者における血圧と認知症発症のU字型関連が示されているが、高血圧患者における血圧低下治療に関するランダム化比較試験では、このアウトカムに関する結果がまちまちであることが示されている。認知症予防のための血圧低下治療の効果をより明確にするために、5つの主要なランダム化二重盲検プラセボ対照試験のプールされた個人参加者データ分析が行われた。

方法:認知症発症に対する治療効果を評価するために、マルチレベルロジスティック回帰を使用した。年齢、ベースラインの収縮期血圧、性別、脳卒中既往の有無などの主要な集団特性について、効果修飾を評価した。認知症のリスクに対する薬物療法と収縮期および拡張期血圧の変化の寄与を定量化するために、媒介分析(Mediation analysis)が使用された。

結果:対象は20ヵ国から集められた28,008例である。中央値4.3年の追跡の後、861例に認知症の発症があった。多段階ロジスティック回帰では、降圧治療が平均10/4mmHgの降圧で認知症発症リスクを減少させるという、調整オッズ比 0.87(95%信頼区間 0.75〜0.99)が報告された。さらに、死亡を競合リスクとして考慮した多項式回帰でも同様の結果が得られた。年齢や性別による効果の修飾はみられなかった。媒介分析では、積極的な治療を受けた群では、より大きな血圧低下が認知症リスクの低減と関連していることが確認された。

結論:ランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験から得られた初の一段階個別患者データメタ解析は、認知症リスクを低下させる人生の中盤から後期における降圧治療の有益性を支持するエビデンスを提供するものである。すでに高血圧が充分にコントロールされている患者におけるさらなる血圧低下の可能性、および認知症の長期的なリスクを低減するために生涯の早い時期に開始される降圧治療の可能性については、疑問が残っている。

エビデンスの分類:降圧治療がプラセボと比較して認知症発症リスクを減少させることを支持するクラスIのエビデンス

キーワード:血圧、臨床試験、認知、認知症、高血圧、メタ解析

引用文献

Blood pressure lowering and prevention of dementia: an individual patient data meta-analysis
Ruth Peters et al. PMID: 36282295 DOI: 10.1093/eurheartj/ehac584
Eur Heart J. 2022 Oct 25;ehac584. doi: 10.1093/eurheartj/ehac584. Online ahead of print.
— 読み進める pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36282295/

コメント

タイトルとURLをコピーしました