地域在住の高齢者における睡眠薬による骨折リスクの比較:スボレキサント vs. Z-drug(日本の後向きコホート研究; LIFE研究; J Am Geriatr Soc. 2022)

man with broken leg strolling with woman in park 01_中枢神経系
Photo by Caleb Oquendo on Pexels.com

高齢者におけるスボレキサントとZ-drugの使用による骨折リスクに差はあるのか?

催眠薬を服用している高齢者では、骨折のリスクが高まることが報告されています。特にベンゾジアゼピン系薬剤の使用は骨折リスクを高めることは疑いようのない事実のようです。一方、Z薬を含む非ベンゾジアゼピン系薬については充分に検討されていません。また、作用機序の異なる催眠薬の安全性を比較報告した研究はほとんどありません。

そこで今回は、高齢者にスボレキサントを開始した場合の骨折リスクを、Z薬を開始した場合と比較して検討した日本の後向きコホート研究の結果をご紹介します。本試験では、日本におけるlongevity improvement and fair evidence(LIFE)研究(150万人の受益者)内の請求データベースが用いられました。本試験では65歳以上の人が含まれました。曝露は、スボレキサントまたはZ薬(エスゾピクロン、ゾルピデム、ゾピクロン)のいずれかの投与開始と定義されました。本試験の評価アウトカムは、股関節骨折と入院を要する全原因骨折でした。

試験結果から明らかになったことは?

スボレキサントの新規使用者16,148例、Zドラッグの新規使用者54,327例を同定しました。

スボレキサント群Z薬群ハザード比 HR
(95%信頼区間[CI])
30日間の股関節骨折21件
(16.6件/1,000人・年)
53件
(12.2件/1,000人・年)
HR 1.01
(95%CI 0.58〜1.76
30日間の全原因骨折HR 1.03
(95%CI 0.78〜1.36)

30日間の追跡期間中に、スボレキサントの新規使用者では21件(16.6件/1,000人・年)、Z薬の新規使用者では53件(12.2件/1,000人・年)の股関節骨折が確認されました(HR 1.01、95%信頼区間[CI] 0.58〜1.76)。全原因骨折の解析では、HRは1.03(95%CI 0.78〜1.36)でした。

延長したフォローアップ(90日および365日)では、両アウトカムで同様の結果が得られました。

感度分析では、30日間の追跡期間中に手術を必要とする全原因骨折のリスクが増加した(HR 1.41、95%CI 0.87〜2.29)ことを除き、一貫した結果が示されました。

コメント

高齢者の不眠症に対して、非ベンゾジアゼピン系薬の使用が増えています。しかし、非ベンゾジアゼピン系薬間の比較は充分に行われていません。

さて、本試験結果によれば、スボレキサントまたはZ薬(エスゾピクロン、ゾルピデム、ゾピクロン)のいずれかの投与開始は、全骨折リスクに差がありませんでした。これは30日間、90日間、365日間の比較で同様だったようです。一方、30日間の追跡期間中に手術を必要とする全骨折について、スボレキサントでリスクの増加傾向が認められました(HR 1.41、95%CI 0.87〜2.29)。

ただし、本試験は後向きコホートであるため、あくまでも仮説生成的な結果です。追試が求められます。

続報に期待。

crutches against light white wall

✅まとめ✅ 日本の後向き研究の結果、スボレキサントまたはZ薬(エスゾピクロン、ゾルピデム、ゾピクロン)のいずれかの投与開始は、全骨折リスクに差がなかった。

根拠となった試験の抄録

背景:催眠薬を服用している高齢者では、骨折のリスクが高まることが報告されている。しかし、作用機序の異なる催眠薬の安全性を比較報告した研究はほとんどない。我々は、高齢者にスボレキサントを開始した場合の骨折リスクを、Zドラッグを開始した場合と比較して検討した。

方法:日本におけるlongevity improvement and fair evidence(LIFE)研究(150万人の受益者)内の請求データベースを用いて、レトロスペクティブコホート研究を行った。65歳以上の人が本研究に含まれた。曝露は、スボレキサントまたはZ薬(エスゾピクロン、ゾルピデム、ゾピクロン)のいずれかの投与開始と定義された。
評価アウトカムは、股関節骨折と入院を要する全原因骨折とした。
交絡を調整するために治療の逆確率加重を用い、転帰の発生を3つの期間(30日、90日、365日)にわたって追跡した。Cox比例ハザードモデルを重み付けされた母集団に当てはめ、ハザード比(HR)を推定した。感度分析では、アウトカムの定義を絞り込み、打ち切り確率を逆にして重み付けを行った。

結果:スボレキサントの新規使用者16,148例、Zドラッグの新規使用者54,327例を同定した。30日間の追跡期間中に、スボレキサント新規使用者では21件(16.6件/1,000人・年)、Zドラッグ新規使用者では53件(12.2件/1,000人・年)の股関節骨折が確認された(HR 1.01、95%信頼区間[CI] 0.58〜1.76)。全原因骨折の解析では、HRは1.03(95%CI 0.78〜1.36)であった。延長したフォローアップ(90日および365日)では、両アウトカムで同様の結果が得られた。感度分析では、30日間の追跡期間中に手術を必要とする全原因骨折のリスクが増加した(HR 1.41、95%CI 0.87〜2.29)以外は、一貫した結果が示された。

結論:本研究は、スボレキサントがZ薬と比較して骨折のリスクが概ね同等であることを示した最初の研究である。スボレキサント投与開始者における手術を必要とする全骨折の短期的なリスク増加の可能性を調査するために、さらなる研究が必要である。

キーワード:安全性の比較、骨折、催眠剤、高齢者、実測データ

引用文献

Comparative risk of fracture in community-dwelling older adults initiating suvorexant versus Z-drugs: results from LIFE study
Motohiko Adomi et al. PMID: 36184747 DOI: 10.1111/jgs.18068
J Am Geriatr Soc. 2022 Oct 2. doi: 10.1111/jgs.18068. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36184747/

コメント

タイトルとURLをコピーしました