75歳未満の成人におけるCOVID-19ワクチン接種後の心筋梗塞、脳卒中、肺塞栓症のリスクはどのくらい?(自己症例対照研究; Ann Intern Med. 2022)

covid vaccine on blue surface 09_感染症
Photo by Thirdman on Pexels.com

各COVID-19ワクチンに対する重篤な心血管イベントのリスクは?

BNT162b2(ファイザー・ビオンテック社製)ワクチンは、75歳以上の高齢者において、重篤な心血管イベント(心筋梗塞、肺塞栓、脳卒中など)のリスクに関して、安全であることが示されています。しかし、他のCOVID-19ワクチンの安全性や若年層における転帰についてはあまり知られていません。

そこで今回は、フランスの75歳未満の成人4,650万人を対象に、各COVID-19ワクチン接種後の重篤な心血管イベント(心筋炎、心膜炎を除く)の短期リスクを評価した自己症例対照研究(2020年12月27日~2021年7月20日)の結果をご紹介します。

本試験の対象患者は、肺塞栓、急性心筋梗塞、出血性脳卒中、虚血性脳卒中で入院した75歳未満の全成人(73,325例の全イベント)でした。

対象となったワクチンワクチンのタイプ
BNT162b2(ファイザー・ビオンテック社製)mRNA
mRNA-1273(モデルナ社製)mRNA
Ad26.COV2.S(ヤンセン社製, ジョンソン エンド ジョンソン社製)アデノウイルスベクター
ChAdOx1 nCoV-19(オックスフォード-アストラセネカ社製) アデノウイルスベクター

本試験では、フランス国民健康データシステムとCOVID-19ワクチンデータベースとのリンクにより、心血管イベント(心筋梗塞、肺塞栓、または脳卒中)による入院と、BNT162b2(ファイザー・ビオンテック社製)、mRNA-1273(モデルナ社製)、Ad26.COV2.S(ヤンセン社製)、ChAdOx1 nCoV-19(オックスフォード-アストラセネカ社製) のワクチンの1回または2回の接種を確認しました。各心血管イベントの相対発生率(RI)は、時間性(7日間)を調整した上で、ワクチン接種後3週間における他の期間と比較して推定されました。

試験結果から明らかになったことは?

ファイザー・ビオンテック社製、モデルナ社製のワクチンと重篤な心血管イベントの間に関連は認められませんでした。

オックスフォード-アストラゼネカ社製ワクチンの初回接種は、接種後2週間目の急性心筋梗塞および肺塞栓と関連していました(相対発生率 RI 1.29[95%CI 1.11~1.51]および1.41[CI 1.13~1.75]、それぞれ)。

ヤンセン社製ワクチンの単回接種後2週目の心筋梗塞との関連は否定できませんでした(RI 1.75[CI 1.16〜2.62])。

コメント

SARS-CoV-2による感染拡大に歯止めがかかりません。そのため、基本的な感染対策としてワクチン接種が行われていますが、リスクベネフィットについて継続的にモニタリングすることが求められます。

さて、本試験結果によれば、18~74歳において、アデノウイルスベースのワクチンは、心筋梗塞および肺塞栓の発生率の増加と関連する可能性があるようです。mRNAベースのワクチンと調査した心血管系イベントとの関連は観察されませんでした。あくまでも相関関係が示されたに過ぎませんが、接種するワクチンを選択する上で、COVID-19ワクチン接種後の重篤な心血管イベントの発生リスクについて考慮できる貴重な報告であると考えられます。

COVID-19患者が増加している中で、依然としてワクチン接種が求められています。COVID-19ワクチンによるベネフィットがリスクを上回っていることは多くの研究で示されています。

medical stethoscope and mask composed with red foiled chocolate hearts

✅まとめ✅ 18~74歳において、アデノウイルスベースのワクチンは、心筋梗塞および肺塞栓の発生率の増加と関連する可能性がある。mRNAベースのワクチンと調査した心血管系イベントとの関連は観察されなかった。

根拠となった試験の抄録

背景:BNT162b2(ファイザー・ビオンテック社製)ワクチンは、75歳以上の高齢者において、重篤な心血管イベント(心筋梗塞[MI]、肺塞栓、脳卒中など)のリスクに関して、安全であることが示されている。他のCOVID-19ワクチンの安全性や若年層における転帰についてはあまり知られていない。

目的:フランスの75歳未満の成人4,650万人を対象に、COVID-19ワクチン接種後の重篤な心血管イベント(心筋炎、心膜炎を除く)の短期リスクを評価すること。

試験デザイン:イベント依存の曝露と高いイベント関連死亡率に適応した自己症例対照デザイン試験。

試験設定:フランス、2020年12月27日~2021年7月20日。

患者:肺塞栓、急性MI、出血性脳卒中、虚血性脳卒中で入院した75歳未満の全成人(73,325例の全イベント)。

測定方法:フランス国民健康データシステムとCOVID-19ワクチンデータベースとのリンクにより、心血管イベント(MI、肺塞栓、または脳卒中)による入院と、BNT162b2(ファイザー・ビオンテック社製)、mRNA-1273(モデルナ社製)、Ad26.COV2.S(ヤンセン社製)、ChAdOx1 nCoV-19(オックスフォード-アストラセネカ社製) のワクチンの1回または2回の接種を確認した。各心血管イベントの相対発生率(RI)は、時間性(7日間)を調整した上で、ワクチン接種後3週間における他の期間と比較して推定された。

結果:ファイザー・ビオンテック社製、モデルナ社製のワクチンと重篤な心血管イベントの間に関連は認められなかった。オックスフォード-アストラゼネカ社製ワクチンの初回接種は、接種後2週間目の急性MIおよび肺塞栓と関連した(RI 1.29[95%CI 1.11~1.51]および1.41[CI 1.13~1.75]、それぞれ)。ヤンセン社製ワクチンの単回接種後2週目のMIとの関連は否定できなかった(RI 1.75[CI 1.16〜2.62])。

試験の限界:ワクチン接種当日の注射と心血管イベントの相対的なタイミングを確認することはできなかった。また、心血管イベントに関連した外来患者死亡は含まれなかった。

結論:18~74歳において、アデノウイルスベースのワクチンは、心筋梗塞および肺塞栓の発生率の増加と関連する可能性がある。mRNAベースのワクチンと調査した心血管系イベントとの関連は観察されなかった。

主な資金提供:なし

引用文献

Risk for Myocardial Infarction, Stroke, and Pulmonary Embolism Following COVID-19 Vaccines in Adults Younger Than 75 Years in France
Jérémie Botton et al. PMID: 35994748 DOI: 10.7326/M22-0988
Ann Intern Med. 2022 Aug 23. doi: 10.7326/M22-0988. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35994748/

コメント

タイトルとURLをコピーしました