糖尿病に関連する用語の検索結果の5件に1件が誤報?(IDF news 2022年7月6日)

google search engine on macbook pro 00_その他
Photo by Pixabay on Pexels.com

糖尿病に関する情報検索の結果は信頼性が低い?

糖尿病患者数は世界中で増え続けており、国際糖尿病連合(IDF)の最新の推計では、2030年までに成人の9人に1人が糖尿病を患うとされています。このため、新型コロナウイルスの世界的な大流行から2年が経過し、すでに苦境に立たされている医療制度にさらなる負担を強いています。一方、糖尿病患者は、自分の状態を理解し、健康維持と合併症の回避に不可欠な日々のセルフケアを実行するために、継続的な教育を受ける必要があります。

IDFの統計によると、世界中で糖尿病を患う成人の44.7%(2億4千万人)が未診断であると推定されています。その大多数は2型糖尿病であす。糖尿病が発見されず、治療が不充分な場合、糖尿病患者は生命を脅かす深刻な合併症にかかるリスクが高くなります。

2022年11月の世界糖尿病デーに向けたIDFのキャンペーンは、「明日を守るための教育」をテーマとしています。このキャンペーンでは、糖尿病患者や医療従事者が信頼できる糖尿病教育へのアクセスを改善する必要性が強調されています。

今回ご紹介するのは、IDFが調査した糖尿病に関する情報の信頼性検証の結果です。

調査結果から明らかになったことは?

IDFによると、糖尿病に関連する用語について、Google検索の5件に1件は、糖尿病とその合併症の管理方法について不正確な情報を示していることが明らかとなりました。また「糖尿病」、「糖尿病の管理方法」、「糖尿病の症状」を含む用語の検索では、Wikipedia、Amazon、Factyなどの医療機関以外の情報源からの結果や質問に対する回答が表示されており、最後の1つは糖尿病の家庭療法に関する記事を示していました。

30の検索結果(各検索語の最初の結果ページ)のうち、6つのリンクが未検証の情報へとユーザーを誘導していました。そのうちの1つは、「糖尿病」という検索語に対して、「糖尿病患者のインスリンからの離脱」を目指す組織的な広告が表示されたケースです。インスリン供給が絶えれば、1型糖尿病は死の宣告を受けることになります。2型糖尿病患者の多くも、状態管理のためにインスリンを必要としています。インスリン治療を減らす決断は、資格を持った医療従事者、できれば糖尿病の専門医とよく相談した上で行う必要があります。

コメント

情報社会において、情報の質を吟味する力(情報リテラシー)が求められています。そのためにも現在、誤情報がどれくらいあるのか知る必要があります。

さて、IDFの検証結果によれば、糖尿病に関連する用語について、Google検索の5件に1件は、糖尿病とその合併症の管理方法について不正確な情報を提示していました。なかには「糖尿病患者のインスリンからの離脱」を目指す組織的な広告が表示される悪質なケースもあったようです。

情報社会において、情報を吟味できる力をつけるとともに、信頼できるサイトや情報を集める術を学ぶ必要があります。

iphone smartphone app i os

☑まとめ☑ 糖尿病に関連する用語のGoogle検索の5件に1件は、糖尿病という疾患とその合併症の管理方法について不正確な情報を示している。

根拠となった情報の和訳

2022年11月の世界糖尿病デーに向けたIDFのキャンペーンは、「明日を守るための教育」をテーマとしている。このキャンペーンでは、糖尿病患者や医療従事者が信頼できる糖尿病教育へのアクセスを改善する必要性が強調される。
IDFによると、糖尿病に関連する用語のGoogle検索の5件に1件は、糖尿病という疾患とその合併症の管理方法について不正確な情報を示している。IDFが実施した調査によると、「糖尿病」、「糖尿病の管理方法」、「糖尿病の症状」を含む用語の検索では、Wikipedia、Amazon、Factyなどの医療機関以外の情報源からの結果や質問に対する回答が表示されており、最後の1つは糖尿病の家庭療法に関する記事を示していた。
30の検索結果(各検索語の最初の結果ページ)のうち、6つのリンクが未検証の情報へとユーザーを誘導していた。そのうちの1つは、「糖尿病」という検索語に対して、「糖尿病患者のインスリンからの離脱」を目指す組織の広告が表示されたケースである。インスリン供給が絶えれば、1型糖尿病は死の宣告を受けることになる。2型糖尿病患者の多くも、自分の状態を管理するためにインスリンを必要としている。インスリン治療を減らす決断は、資格を持った医療従事者、できれば糖尿病の専門医とよく相談した上で行う必要がある。
糖尿病患者数は世界中で増え続けており、IDFの最新の推計では、2030年までに成人の9人に1人が糖尿病を患うとされている。このため、世界的な大流行から2年が経過し、すでに苦境に立たされている医療制度にさらなる負担を強いている。一方、糖尿病患者は、自分の状態を理解し、健康維持と合併症の回避に不可欠な日々のセルフケアを実行するために、継続的な教育を受ける必要がある。
IDFの統計によると、世界中で糖尿病を患う成人の44.7%(2億4千万人)が未診断であると推定されている。その圧倒的多数は2型糖尿病である。糖尿病が発見されず、治療が不充分な場合、糖尿病患者は生命を脅かす深刻な合併症にかかるリスクが高くなる。
「多くの人がGoogleやインターネットにアドバイスを求めるようになった今、糖尿病に関する誤った情報がいまだにネット上で蔓延していることは心配である。糖尿病の患者数が減少する兆しを見せない中、医療従事者が最善の治療を提供できるようにすること、そして糖尿病患者が十分な情報を得た上でセルフケアについて決定できるようにすることは、これまで以上に重要なことである。IDF会長のAndrew Boulton教授は、「私たちは、明日を守るために、今日、質の高い教育を必要としています」と述べている。
「”明日を守るための教育 “は、今年11月の世界糖尿病デーに向けたIDFのキャンペーンのテーマである。このキャンペーンでは、医療従事者や糖尿病患者のために、質の高い糖尿病教育へのアクセスを向上させる必要性を強調することに焦点を当てている。
IDFは、糖尿病に関わるすべての人に学習の機会を提供することに尽力している。新しいオンラインプラットフォームでは、糖尿病患者やその介護者が自分の状態を理解し管理するのに役立つ、無料のインタラクティブなコースを提供している。最初のコースは、糖尿病とは何か、どのように作用するか、一般的な警告サインや危険因子について説明する、糖尿病の入門コースである。医療従事者向けには、IDF School of Diabetesが提供する無料および有料のオンラインコースがあり、糖尿病の管理と治療に関する様々な側面について最新の情報を得ることができる。

引用文献

The global advocate for people with diabetes. The mission of IDF is to promote diabetes care, prevention and a cure worldwide.
— 読み進める www.idf.org/news/270:one-in-five-search-results-for-diabetes-reveal-misinformation,-idf-warns.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました