カフェインレスエナジードリンクを摂取する元気になれますか?(ランダム化クロスオーバー試験; Am J Clin Nutr. 2020)

woman drinking tin can 00_その他
Photo by Sean Patrick on Pexels.com

エナジードリンク(カフェインレス)の効果はどのくらいか?

エナジードリンクやショットは一般に販売されており、米国では1997年の発売以来、消費量が伸びています(PMID: 33467819)。メーカーは、これらの製品が、覚醒度の向上、認知能力の改善、持続的な「エネルギー」を含む幅広い利点をもたらすと主張しています(PMID: 23722481)。カフェイン抜き(カフェインレス)のエナジードリンクが、主観的なエネルギー(subjective feelings of energy,, S-エネルギー)増強感をもたらすかどうかについては議論があり、カフェイン以外の成分がS-エネルギーを増加させるかどうかは明らかではありません。

カフェインを含むエナジードリンクの摂取により、有害な心血管イベント(PMID: 28446495PMID: 24176062PMID: 28913331PMID: 31137991)および有害な神経学的影響(PMID: 28913331)が報告されています。最近の2件の研究では、エナジードリンクを摂取したアスリートは、競技の数時間後に緊張、不安、睡眠障害を経験する傾向があることがわかりました(PMID: 25212095PMID: 27483299)。これは、特に青少年において、エナジードリンクを過剰に摂取したり、アルコール飲料と一緒に摂取する可能性があるため、懸念されることです(PMID: 28913331)。青少年市場は、米国のエナジードリンクの売り上げのうち23億ドル近くを占めており(PMID: 22324861)、大学生の50%以上が少なくとも毎月消費しているという報告もあります(PMID: 17974021)。さらに、因果関係は証明されていませんが、エナジードリンクの消費は、薬物乱用やリスクテイク行動(あえて危険性があることを理解したうえでの行動)と関連しています(PMID: 28913331PMID: 27676240)。

エナジードリンクは、ブランドによって、カフェイン、ビタミンB群、タウリン、糖分、その他の成分を含んでいます(PMID: 21037046)。ほとんどのエナジードリンクにはカフェインが含まれていますが(PMID: 18284031)、エナジードリンクがS-エネルギーを増加させる原因がカフェインによるものか、その他の非生薬成分(ビタミン、ミネラル、アミノ酸)および生薬によるものか、あるいは複数の成分の組み合わせによるものかはまだ不明です(PMID: 28913331)。普通の水でさえ、S-エネルギーに対する「エネルギー増加」効果があると謳われている場合、「エネルギー増加」効果を発揮することがあります(PMID: 27875567)。

同じエナジードリンクのカフェイン入りバージョンとカフェインレスバージョンを比較した最近の研究では、カフェイン入りバージョンはカフェインレスバージョンに比べ血圧が上昇することが分かっており(PMID: 24644139)、安全性の観点からは後者が魅力的である可能性があります。しかし、我々の知る限り、同じエナジードリンクのカフェイン入りバージョンとカフェインレスバージョンのS-エネルギー増強に関する相対的な効果は、対照的に評価されていない。最近の研究では、あるエナジードリンクについて、カフェイン入りバージョンもカフェインレスバージョンも摂取1時間後に有意なS-エネルギーの増加を示したが、カフェイン入りドリンクは少なくとも3時間持続してより高い増強を示したと報告している(PMID: 26378195)。しかし、若い健康なボランティアを対象としたごく最近のランダム化二重マスク、プラセボ対照、クロスオーバー研究(PMID: 31137991)では、エナジードリンクの摂取とQT間隔および血圧の変化の間に、カフェインに起因しない関連があることが発見されました。著者らは、この知見を説明する可能性のある、さまざまな種類のエナジードリンクに含まれる特定の成分または成分の組み合わせについて、さらなる調査が緊急に必要であると結論付けています。エナジードリンクの有効性に関するこれまでの研究では、十分な検出力がなく、一般にプラセボ対照ではありませんでした。

そこで今回は、S-エネルギー効果を謳うカフェインレスのエナジードリンクの効果をプラセボドリンクと比較したランダム化クロスオーバー試験の結果をご紹介します。本試験の主要アウトカムは、気分と認知の測定でした。

試験結果から明らかになったことは?

電話または電子メールによるスクリーニングを行った結果、296例が参加基準を満たし、そのうち67例は日程が合わなかったり、テスト1日目に現れなかったりしたため除外されました。残りの229例は、2種類の試験飲料を受け取る順番(A→BまたはB→A)をランダムに割り当てられました。1つ以上の結果測定を完了した223例は、多重代入による修正ITT分析に含まれ、両方の時点を完了した208例は、別々に分析されました。

主要評価項目は、1)気分(General Status Check ScaleとProfile of Mood States 2nd edition brief formを用いて評価)、2)認知機能(N-back task:反応時間と正確さ、Reaction Time test、Franker task:気晴らし回避、Rapid Visual Information Processing testなど)でしたが、いずれのアウトカム指標においても統計的に有意な、あるいは意味のある効果は観察されませんでした。平均差、傾き、中央値差の解析は一貫していました。

コメント

カフェインを含むエナジードリンクの摂取により、有害な心血管イベントおよび有害な神経学的影響が報告されています。また、因果関係は証明されていないものの、エナジードリンクの消費は、薬物乱用やリスクテイク行動(あえて危険性があることを理解したうえでの行動)と関連していることも報告されています。

ほとんどのエナジードリンクにはカフェインが含まれていますが、エナジードリンクが主観的なエネルギー(subjective feelings of energy, S-エネルギー)を増加させる原因がカフェインによるものか、その他の非生薬成分(ビタミン、ミネラル、アミノ酸)および生薬によるものか、あるいは複数の成分の組み合わせによるものかはまだ不明でした。

さて、本試験結果によれば、カフェインレスのエナジードリンクの摂取は、プラセボと比較して、気分/認知/行動/エネルギーレベルのさまざまな評価において差が認められませんでした。本試験に用いられたエナジードリンクには、以下の成分が含まれていました。

  • ビタミンB6 – 40mg
  • 葉酸 – 400μg
  • ビタミンB12 – 500μg
  • ナトリウム – 18mg
  • エネルギー配合:タウリン、コリン、グルクロン酸、N-アセチルL-チロシン、L-フェニルアラニン、リンゴ酸 – 2,009mg
  • カフェイン – 6mg(ノンカフェインではないため)

ちなみにカフェインが含まれる主な飲料はこちら↓

(主な製品)含有されるカフェイン量
コカ・コーラ(350mL缶)28mg
リポビタンD(100mL缶)50mg
ユンケル黄帝液(30mL缶)50mg
レッドブル(250mL缶)80mg
モンスターエンジン(355mL缶)142mg

S-エネルギーの増加にはカフェインが必要である可能性があります。また、本試験結果のみでは結論づけられませんが、カフェインレスのエナジードリンクにおいては、誇大広告となる製品がありそうです。

close up water drop photography

✅まとめ✅ カフェインレスのエナジードリンクの摂取は、プラセボと比較して、気分/認知/行動/エネルギーレベルのさまざまな評価において、差は検出されなかった。

根拠となった試験の抄録

背景:「エナジードリンクは、年齢を問わず、一般消費者に広く販売されている。カフェインレスエナジードリンクの主観的なエネルギー(subjective feelings of energy, S-エネルギー)の増強効果については、議論の余地がある。

目的:著者らは、人気のエナジードリンクのノンカフェイン版とプラセボ飲料を比較し、その有効性を検証しようとした。

方法:本研究は、18〜70歳の健康な男女223例を対象としたランダム化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験で、intention-to-treatおよびcompleters分析が行われた。参加者は、試験1日目にカフェインレスエナジードリンクまたはプラセボのいずれかを、1週間後にもう一方のドリンクを摂取するようランダムに割り付けられた。ベースライン時、摂取後0.5、2.5、5時間後に、コンピュータを用いた気分および認知に関する一連のテストを行い、S-エネルギーを評価した。
主要評価項目は、1)気分(General Status Check ScaleとProfile of Mood States 2nd edition brief formを用いて評価)、2)認知機能(N-back task:反応時間と正確さ、Reaction Time test、Franker task:気晴らし回避、Rapid Visual Information Processing testなど)、であった。

結果:気分や認知の指標を含め、どのアウトカム指標においても統計的に有意な、あるいは意味のある効果は観察されなかった。平均差、傾き、中央値差の解析は一貫していた。

結論:この多様な成人サンプルにおいて、エナジードリンクを摂取した後、プラセボと比較して、気分/認知/行動/エネルギーレベルのさまざまなテストにわたって、差は検出されなかった。したがって、エナジードリンクは、S-エネルギーレベル、および関連する認知・行動変数の測定値を高める効果がないことを示す強い証拠が見出された。連邦政府の規制を考慮すると、これらの知見は、これらの効果を提供すると主張するいくつかの製品のラベル付けとマーケティングに根拠がない可能性があることを示唆している。

試験登録:www.clinicaltrials.gov、NCT02727920

キーワード:ボルチモア、米国、成人、栄養補助食品、介入、ボランティア

引用文献

A randomized, placebo-controlled crossover trial of a decaffeinated energy drink shows no significant acute effect on mental energy
Alicia Garcia-Alvarez et al. PMID: 31990972 PMCID: PMC7049526 DOI: 10.1093/ajcn/nqz343
Am J Clin Nutr. 2020 Mar 1;111(3):719-727. doi: 10.1093/ajcn/nqz343.
— 読み進める pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31990972/

コメント

タイトルとURLをコピーしました