モデルナ社製COVID-19ワクチンは6〜11歳の小児においても有効ですか?(RCT; KidCOVE試験; N Engl J Med. 2022)

girl in black dress standing beside girl in white sweatshirt and black striped pants 01_ワクチン vaccine
Photo by Victoria Borodinova on Pexels.com

6〜11歳の小児におけるモデルナ社製COVID-19ワクチンの安全性・有効性は?

コロナウイルス有効性試験(COVE)およびTeen COVE試験(PMID: 34551225PMID: 34379915FDA)において mRNA-1273ワクチン(Moderna, モデルナ社製)は、主に一過性の副作用が少なく、12歳以上の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防に高い有効性を示すことが示され、米国では成人への接種が承認されています。

COVID-19による疾病および死亡のリスクが最も高いのは、高齢者や基礎疾患を有する集団ですが(PMID: 32674114)、小児は重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型(SARS-CoV-2)感染のリスクがあり、入院、生命維持装置の使用、死亡などCOVID-19に関連した重篤な転帰に至る可能性があります(PMID: 34499627PMID: 34686570)。小児におけるCOVID-19の負担は、学校閉鎖やその他の生活の乱れといった社会的問題にも及び、学力の発達や幸福に長期的な影響を及ぼす可能性があります(PMID: 32790664)。

小児および青年におけるSARS-CoV-2感染の合併症には、小児多系統炎症症候群(MIS-C)の発症や長いCOVID-19(PMID: 34497784CDCPMID: 35143770)のような後遺症があり、これらの結果はワクチン接種による小児保護が切実に求められていることを示しています。これまでの研究で、12~17歳の青少年へのワクチン接種により、MIS-Cや入院のリスクが減少することが示されています(PMID: 34499627PMID: 35176003PMID: 35025852)。

COVID-19 BNT162b2ワクチン(Pfizer-BioNTech社製)は、5~11歳の青年および小児への接種についてFDAから緊急使用承認(EUA)を取得しています(PMID: 34752019)。また、mRNA-1273は、米国以外のいくつかの国において、6~11歳の小児への接種が暫定的に承認されています(AGDHHealth CanadaEMA)。

今回は、6歳から11歳の小児を対象に、mRNA-1273の50μgを28日間隔で2回投与し、安全性、免疫原性、有効性をプラセボと比較検討した第2期KidCOVE試験の中間結果の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

パート1では、751例の小児がmRNA-1273ワクチンの50μgまたは100μgの接種を受け、安全性および免疫原性の結果に基づき、パート2では50μgの用量レベルが選択されました。パート2では、4,016例の小児がmRNA-1273(各50μg)またはプラセボを2回接種する群にランダムに割り付けられ、最初の接種から中央値82日(四分位範囲 14~94日)の間、追跡調査されました。この投与量では、主に注射部位の痛み、頭痛、疲労など、低悪性度の一過性の有害事象が認められました。なお、データ終了時点では、ワクチンに関連する重篤な有害事象、小児の多系統炎症症候群、心筋炎、心膜炎は報告されませんでした。

2回目の接種から1ヵ月後(57日目)の中和抗体価
小児1,610
(95%CI 1,457~1,780
非劣性が検証された
若年成人1,300
(95%CI 1,171~1,443

2回目の接種から1ヵ月後(57日目)、mRNA-1273を50μgレベルで投与された小児の中和抗体価は1,610(95%信頼区間[CI] 1,457~1,780)、一方、若年成人の100μgレベルでは1,300(95%CI 1,171~1,443)で、両方の年齢層で99%以上の参加者に血清反応があり、事前に指定した非劣性成功基準に合致した知見が得られました。また、B.1.617.2(delta, デルタ)が主流であった初回接種から14日以上経過したCOVID-19に対する推定ワクチン効果は88.0%(95%CI 70.0~95.8)でした。

コメント

SARS-CoV-2感染によるCOVID-19患者数は、増減を繰り返し、収束の兆しは見えません。したがって、引き続き基本的な感染予防対策が求められます。感染予防対策の一つとしてワクチン接種がありますが、接種対象の多くは成人です。2019年の流行時から、無症候性感染のリスクについて報告があり、特に小児における無症候性キャリアが課題となっています。そのため、COVID-19を発症しても重症化しにくい小児においてもワクチン接種が求められます。

さて、本試験結果によれば、6歳から11歳の小児における50μgのmRNA-1273ワクチン2回接種は、安全かつ有効な免疫反応誘導とCOVID-19の予防効果を示し、若年成人と比べて非劣性であることが確認されました。また、初回接種から14日以上経過したCOVID-19に対する推定ワクチン効果は88.0%(95%CI 70.0~95.8)と、高い値が示されました。ただし、本試験結果は中間報告であり、最終解析の結果が待たれるところです。

安全性については、ワクチンに関連する重篤な有害事象、小児の多系統炎症症候群、心筋炎、心膜炎は報告されていません。こちらも最終解析結果で、どのような有害事象(副反応)が報告されるか確認する必要があると考えられます。

続報に期待。

boy child childhood happiness

✅まとめ✅ 6歳から11歳の小児における50μgのmRNA-1273ワクチン2回接種は、安全かつ有効な免疫反応誘導とCOVID-19の予防効果を示し、若年成人と比べて非劣性であることが確認された。

✅まとめ✅ 初回接種から14日以上経過したCOVID-19に対する推定ワクチン効果は88.0%(95%CI 70.0~95.8)だった。

根拠となった試験の抄録

背景:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防のための小児へのワクチン接種は、公衆衛生上の緊急課題である。6~11歳の小児におけるmRNA-1273ワクチンの安全性、免疫原性、有効性は不明である。

方法:現在進行中のこの第2〜3相試験のパート1は、投与量選択のためのオープンラベルで、パート2は、選択した投与量の観察者盲検プラセボ対照拡大評価であった。第2部では、6歳から11歳の小児患者を3:1の割合でランダムに割り付け、28日間隔でmRNA-1273(各50μg)またはプラセボを2回注射した。
主要目的は、小児におけるワクチンの安全性と、関連する第3相試験の若年成人(18~25歳)の免疫反応に対する非劣性を評価することでした。副次的目的には、症状に関係なく確認されたCOVID-19および重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型感染の発生率を決定することが含まれた。中間解析の結果を報告する。

結果:パート1では、751例の小児がmRNA-1273ワクチンの50μgまたは100μgの接種を受け、安全性および免疫原性の結果に基づき、パート2では50μgの用量レベルが選択された。パート2では、4,016例の小児がmRNA-1273(各50μg)またはプラセボを2回接種する群にランダムに割り付けられ、最初の接種から中央値82日(四分位範囲 14~94日)の間、追跡調査された。この投与量では、主に注射部位の痛み、頭痛、疲労など、低悪性度の一過性の有害事象が認められた。なお、データ終了時点では、ワクチンに関連する重篤な有害事象、小児の多系統炎症症候群、心筋炎、心膜炎は報告されていない。2回目の接種から1ヵ月後(57日目)、mRNA-1273を50μgレベルで投与された小児の中和抗体価は1,610(95%信頼区間[CI] 1,457~1,780)、一方、若年成人の100μgレベルでは1,300(95%CI 1,171~1,443)で、両方の年齢層で99%以上の参加者に血清反応があり、事前に指定した非劣性成功基準に合致した知見が得られた。また、B.1.617.2(delta, デルタ)が主流であった初回接種から14日以上経過したCOVID-19に対する推定ワクチン効果は88.0%(95%CI 70.0~95.8)であった。

結論:6歳から11歳の小児において、50μgのmRNA-1273ワクチン2回接種は、安全かつ有効な免疫反応誘導とCOVID-19の予防効果を示し、これらの反応は若年成人のものと比べて非劣性であることが確認された。

資金提供:バイオメディカル先端研究開発機構、国立アレルギー・感染症研究所

ClinicalTrials.gov 番号:NCT04796896

引用文献

Evaluation of mRNA-1273 Covid-19 Vaccine in Children 6 to 11 Years of Age
C Buddy Creech et al. PMID: 35544369 DOI: 10.1056/NEJMoa2203315
N Engl J Med. 2022 May 11. doi: 10.1056/NEJMoa2203315. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35544369/

関連記事

【オミクロン出現後のニューヨークにおける5〜11歳および12〜17歳におけるBNT162b2ワクチンの有効性は?(プレプリント; コホート研究; medRxiv 2022)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました