臓器障害を伴わない白衣性高血圧症による心血管死亡や死亡リスクはどのくらいですか?(データベース研究; Hypertension. 2022)

physician in white coat wearing a stethoscope 02_循環器系
Photo by Pavel Danilyuk on Pexels.com

白衣性高血圧(WCH)患者における心血管死亡や総死亡リスクはどの程度なのか?

白衣性高血圧(WCH)は、心血管疾患などの既往、つまり臓器障害を有さなければ、心血管リスクをほとんど増加させない可能性が報告されています。このため、循環器系の診療ガイドラインにおいても同様の記載がなされていますが、この点において充分なエビデンスはありません。

そこで今回は、PAMELA(Pressioni Arteriose Monitorate E Loro Associazioni)の集団データを用いて、心エコーによる左室肥大や推定糸球体濾過量の低下を有さないWCH(診察室血圧上昇、24時間または家庭血圧正常)患者および正常血圧対照(診察室内外血圧正常)患者において、中央値29年間の追跡期間において心血管死亡率と総死亡率を検討した人口ベース研究の結果をご紹介します。持続性高血圧患者(診察室内外の血圧上昇)および心臓と腎臓の臓器障害を有する正常血圧患者、WCH患者、持続性高血圧患者が対照となりました。

試験結果から明らかになったことは?

解析対象者1,423例において、心血管系死亡165例、全死亡526例が発生しました。交絡因子調整後、臓器障害を有さないWCH患者では、臓器障害を有さない持続性高血圧患者より死的心血管系イベントリスクが低かったものの、臓器障害を有さない正常血圧患者よりも致死的心血管系イベントリスクが高いことを示し(ハザード比 2.0[95%CI 1.1〜3.6]、P=0.02)、これは総死亡についても同様でした。臓器障害を有さない正常血圧患者と比較して、臓器障害を有さないWCH患者は、新規の持続性高血圧または臓器障害を発症する10年調整リスクも大きいことが示されました。同様の知見は、臓器障害を有する正常血圧の患者、WCH患者、持続性高血圧患者でも得られました。

コメント

診察室でのみ血圧が上昇する白衣性高血圧症は、心血管イベントリスクの増加は軽度であることが報告されています。しかし、この分野における検証は充分ではありません。

さて、本試験結果によれば、臓器障害を有さない白衣性高血圧は、死亡、高血圧、臓器障害の長期リスクの顕著な増加が示されました。あくまでも仮説生成的な結果ではありますが、同様の報告もあることから、安易に白異性高血圧症は心血管イベントリスクが低いと捉えない方が良いかもしれません。今後の研究結果次第では、診療ガイドラインの記載や推奨が更新される可能性があります。

続報に期待。

a healthcare worker measuring a patient s blood pressure using a sphygmomanometer

✅まとめ✅ 臓器障害を有さない白衣性高血圧は、死亡、高血圧、臓器障害の長期リスクの顕著な増加を伴うことから、正常血圧とは異なるようである。

根拠となった試験の抄録

背景:白衣性高血圧(WCH)は、臓器障害を有さなければ心血管リスクをほとんど増加させないという診療ガイドラインもあるが、この点に関するデータはない。

方法:PAMELA(Pressioni Arteriose Monitorate E Loro Associazioni)の集団データを用いて、心エコーによる左室肥大や推定糸球体濾過量の低下を有さないWCH(診察室血圧上昇、24時間または家庭血圧正常)および正常血圧対照(診察室内外血圧正常)において、中央値29年間の追跡期間において心血管死亡率と総死亡率を検討した。持続性高血圧患者(診察室内外の血圧上昇)および心臓と腎臓の臓器障害を有する正常血圧患者、WCH患者、持続性高血圧患者が対照となった。

結果:解析対象者1,423例において、心血管系死亡165例、全死亡526例であった。交絡因子調整後、臓器障害を有さないWCH患者では、臓器障害を有さない持続性高血圧患者より死的心血管系イベントリスクが低いが、臓器障害を有さない正常血圧患者より高い致死的心血管系イベントリスクを示し(ハザード比 2.0[95%CI 1.1〜3.6]、P=0.02)、これは総死亡についても同様であった。臓器障害を有さない正常血圧患者と比較して、臓器障害を有さないWCH患者は、新規の持続性高血圧または臓器障害を発症する10年調整リスクも大きかった。同様の知見は、臓器障害を有する正常血圧の患者、WCH患者、持続性高血圧患者でも得られている。

結論:本研究は、臓器障害を有さない白衣性高血圧は、死亡、高血圧、臓器障害の長期リスクの顕著な増加を伴い、それによって正常血圧とは異なるという最初のエビデンスを提供する。

キーワード:血圧、糸球体濾過量、高血圧、死亡率、人口

引用文献

White-Coat Hypertension Without Organ Damage: Impact on Long-Term Mortality, New Hypertension, and New Organ Damage
Giuseppe Mancia et al. PMID: 35191312 DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.121.18792
Hypertension. 2022 Feb 22;HYPERTENSIONAHA12118792. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.121.18792. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35191312/

関連記事

【白衣性高血圧症は心血管イベントや死亡リスクの増加と関係がありますか?(SR&MA; Ann Intern Med. 2019)】

【仮面高血圧症のリスクはどのくらいですか?(JAMA Cardiol. 2018)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました