ビタミンB12の血漿中濃度と全死亡率との関連性はどのくらい?(オランダの前向きコホート研究; JAMA Netw Open. 2020)

various fresh vegetables and fruits on table 07_腎・泌尿器系
Photo by Geraud pfeiffer on Pexels.com

血中ビタミンB12が濃度が高さと死亡リスクとの関連性は?

ビタミンB12は水溶性ビタミンで、one carbon代謝経路に重要な役割を担っている。one carbon代謝経路は、ミトコンドリア代謝、免疫反応、非増殖性組織におけるヌクレオチドのホメオスタシスなど、胎児の発育以外にもいくつかの生物学的機能に関与しています(PMID: 27641100)。ビタミンB12欠乏症は、貧血、神経精神症状、その他の臨床症状などの有害な影響を及ぼすことがよく知られていますが(PMID: 28925645)、ビタミンB12の高い血漿濃度と健康上の有害な結果との潜在的関連性は十分に検討されていません(PMID: 29529168)。実際、高いビタミンB12血漿濃度と過剰死亡率との潜在的関連性は、高齢者(PMID: 29529168PMID: 22071291PMID: 21072617PMID: 18309446PMID: 17367569PMID: 18492844PMID: 17442130)および入院人口(PMID: 28025528PMID: 24665415)において評価されてきましたが、一般人口では充分に検討されてきませんでした。

透析を受けている患者では、血漿中のビタミンB12濃度が高いことが、全死亡のリスク上昇と関連していることが報告されています(PMID: 27190367)。また、腎機能低下と高血漿中ビタミンB12濃度との関連も明らかにされています(PMID: 25644490PMID: 11843883)。さらに、糖尿病性腎症患者では、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12の複合補給により、腎機能がより急速に低下し、血管イベントの発生が増加することが判明しています(PMID: 20424250)。

そこで今回は、血漿中のビタミンB12濃度と全死亡率との関連について検討した、オランダの人口ベースコホート研究の結果をご紹介します。本研究の基になったのは、年齢層が広く、CKDの要素を含んだデザインであるPREVEND(Prevention of Renal and Vascular End-stageDisease)研究です。

試験結果から明らかになったことは?

患者5,571例(平均[SD]年齢53.5[12.0]歳、男性2830人[50.8%])が解析に含まれました。ビタミンB12の血漿濃度の中央値(四分位範囲)は、394.42(310.38〜497.42)pg/mLでした。中央値(四分位範囲)8.2年(7.7〜8.9年)の追跡期間中に、226例(4.1%)が死亡しました。

血漿中ビタミンB12濃度の四分位最もが低い最も高い1SD増加あたりの
ハザード比
死亡数33.8例/1万人・年65.7例/1万人・年1.25
(95%CI 1.06〜1.47
P=0.006

血漿中ビタミンB12濃度分布の四分位群によると、死亡率は血漿中ビタミンB12濃度が最も低い四分位群では1万人・年当たり33.8例、血漿中ビタミンB12濃度が最も高い四分位群では1万人・年当たり65.7例でした。複数の臨床および検査変数で調整した後、Cox回帰分析により、ビタミンB12血漿濃度レベルの高さと全死亡リスクの増加との間に有意な関連が認められました(1SD増加あたりのハザード比 1.25[95%CI 1.06〜1.47];P=0.006])。

コメント

ビタミンやミネラルは、血漿中の値が死亡リスクと関連していることが報告されています。そのほとんどの報告が基準レベルから低下した場合(低下症)です。基準値よりも高値の場合(過剰症)における報告はほとんどありません。ビタミンB12が高値となるケースとして、腎不全、サプリメントの過剰摂取、慢性骨髄性白血病などの癌が報告されています。

さて、本試験結果によれば、複数の臨床および検査変数で調整した後、Cox回帰分析により、ビタミンB12血漿濃度レベルの高さと全死亡リスクの増加との間に有意な関連が認められました。調整された変数は年齢、性、腎機能、およびその他の臨床検査値です。基礎疾患について、どこまで調整されているかは不明ですが、血漿中のビタミンB12レベルにより、死亡リスク増加との関連性がある可能性はありそうです。ただし、未知の交絡因子が残存している可能性が高いため、追試が求められます。

今後の試験結果に期待。

pensive male teen on gray background

✅まとめ✅ オランダの前向きコホート研究により、年齢、性、腎機能、およびその他の臨床検査値で調整した後、血漿中ビタミンB12濃度の高値が全死亡リスクの上昇と関連する可能性が示された。

根拠となった試験の抄録

試験の重要性:ビタミンB12の血漿中濃度の高さは、慢性腎臓病患者を含む高齢者や入院患者集団における死亡率と関連しているが、一般集団におけるビタミンB12の血漿中濃度と死亡率との関連は依然として不明である。

目的:ビタミンB12の血漿中濃度と全死亡率との関連を検討すること。

試験デザイン、設定、参加者:この縦断的コホート研究では、オランダのフローニンゲンで行われた腎および血管の末期疾患の予防研究の参加者のデータを、事後分析により検討した。参加者は、2001年1月1日に始まった2回目のスクリーニング検査を完了した人で、ビタミンB12血漿濃度の値が欠損している人、ビタミンB12サプリメントを使用している人を除いた。フォローアップ期間は、2回目のスクリーニングの開始から2011年1月1日のフォローアップ終了までとした。データ解析は、2018年10月2日から2019年2月22日まで実施した。

曝露:血漿中ビタミンB12濃度値。

主要アウトカムと指標:オランダのフローニンゲン中央統計局で記録された死亡

結果:患者5,571例(平均[SD]年齢53.5[12.0]歳、男性2830人[50.8%])が解析に含まれた。ビタミンB12の血漿濃度の中央値(四分位範囲)は、394.42(310.38〜497.42)pg/mLであった。中央値(四分位範囲)8.2年(7.7〜8.9年)の追跡期間中に、226例(4.1%)が死亡した。血漿中ビタミンB12濃度分布の四分位群によると、死亡率は血漿中ビタミンB12濃度が最も低い四分位群では1万人年当たり33.8例、血漿中ビタミンB12濃度が最も高い四分位群では1万人年当たり65.7例であった。複数の臨床および検査変数で調整した後、Cox回帰分析により、ビタミンB12血漿濃度レベルの高さと全死亡リスクの増加との間に有意な関連が認められた(1SD増加あたりのハザード比 1.25[95%CI 1.06〜1.47];P=0.006])。

結論と関連性:これらの知見は、年齢、性、腎機能、およびその他の臨床検査値で調整した後、血漿中ビタミンB12濃度の高値が全死亡リスクの上昇と関連することを示唆している。この相関の基礎となる機序はまだ確立されていない。

引用文献

Association of Plasma Concentration of Vitamin B12 With All-Cause Mortality in the General Population in the Netherlands
Jose L Flores-Guerrero et al. PMID: 31940038 PMCID: PMC6991261 DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2019.19274
JAMA Netw Open. 2020 Jan 3;3(1):e1919274. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.19274.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31940038/

関連記事

【プロ歌手の発声力においてビタミンB12注射は効果がありますか?】

【日本人2型糖尿病患者におけるビタミンB12欠乏とメトホルミン治療との関係性はどのくらいですか?(横断研究; Journal of Diabetes Investigation 2020)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました