2型糖尿病の高齢者における重度低血糖症と死亡リスクに影響する治療薬には何がありますか?(英国 人口ベース研究; Diabetes Care. 2021)

food healthy wood woman 05_内分泌代謝系
Photo by Nataliya Vaitkevich on Pexels.com

2型糖尿病の高齢患者では重度低血糖症が起こりやすい?

2型糖尿病治療において、血糖降下薬による低血糖はしばしば認められます。なかでも重症低血糖は転倒や心血管イベント、死亡リスクに寄与している可能性が報告されています。

血糖降下の程度は、治療薬により異なることから、重症低血糖の発現リスク及び死亡リスクへの影響も異なることが推察されます。特に血糖降下作用が強い薬剤として、インスリン及びスルホニルウレア剤が知られています。

今回は、2型糖尿病の高齢患者における血糖降下薬(インスリン及びスルホニルウレア剤)と、重度低血糖症及び死亡リスクとの関連性について検証した論文をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

英国のClinical Practice Research Datalink プライマリーケアデータベースで、2000年から2017年の間に2型糖尿病を発症した高齢者(≧70歳)を対象とした本試験の結果によれば、スルホニルウレア剤またはインスリン治療を受けた高齢者では、非曝露被験者と比較して、重度低血糖症で調整HR 2.52(95%CI 2.23〜2.84)、心血管死亡で0.98(0.91〜1.06)、非心血管死亡で1.05(0.99〜1.11)でした。
インスリンとスルホニルウレア剤の使用は、血糖値よりも重症低血糖および死亡に対する関連性の高い予測因子であることが明らかとなりました。

ただし、本試験では、HbA1c 7%(53mmol/mol)未満かつ3回目のHbA1c検査前60日以内におけるインスリンおよび/またはスルホニルウレア投与中の被験者を暴露群としています。つまり、治療期間が短い被験者の割合が多ければ、治療と死亡リスクとの関連性を充分に検証出来ていない可能性が高いと考えられます。

2型糖尿病の治療薬は種類が多いことから、インスリンあるいはスルホニルウレア剤を使用しなければならないケースは少なくなっていると捉えられます。どのような患者でインスリンあるいはスルホニルウレア剤の使用が必要であるのか改めて考えてみた方が良いのかもしれません。またインスリンあるいはスルホニルウレア剤を使用する際には、可能な限り低血糖が起きないよう取り組むことが求められるのではないでしょうか。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ 2型糖尿病でHbA1cが低く、スルホニルウレア剤またはインスリン治療を受けている高齢者では、重度の低血糖症による入院リスクが高かったが、死亡リスクへの影響は認められなかった

根拠となった論文の抄録

目的:2型糖尿病の高齢者における血糖コントロール、スルホニルウレア剤、インスリン治療に関連した重度低血糖症と死亡の相対リスクと絶対リスクを推定する。

研究デザインと方法:英国のClinical Practice Research Datalink プライマリーケアデータベースで、2000年から2017年の間に2型糖尿病を発症した高齢者(≧70歳)の対象者を、入院および死亡データとリンクさせ同定した。3回目のHbA1c値が7%(53mmol/mol)未満かつ連続したHbA1c値を有し、3回目の検査前60日以内にインスリンおよび/またはスルホニルウレア投与中の被験者(曝露)を、曝露していない被験者とマッチングさせた。重度の低血糖症による入院、心血管および非心血管関連死亡について、ハザード比(HR)および絶対リスクを推定した。

結果:対象者22,857例(6,288例[27.5%]、うち5,659例[90.0%]はスルホニルウレア剤を服用していた)のうち、10,878例(47.6%)が死亡し、1,392例(6.1%)が重度の低血糖エピソードを発症した。
非曝露被験者と比較して、曝露被験者の調整HRは、重度低血糖症で2.52(95%CI 2.23〜2.84)、心血管死亡で0.98(0.91〜1.06)、非心血管死亡で1.05(0.99〜1.11)であった。
70歳、75歳、80歳、85歳の対象者では、重度低血糖症の10年リスクは非曝露の対象者に比べて7.7%、8.1%、8.6%、8.4%高かったが、非心血管死亡率の差は70歳では1.2%(95%CI -0.1〜2.5)、85歳では1.6%(-0.2〜3.4)であった。
スルホニルウレア剤とインスリンの使用は、血糖値よりも重度の低血糖および死亡の関連性の高い予測因子であった。

結論:2型糖尿病でHbA1cが低く、スルホニルウレア剤またはインスリン治療を受けている高齢者では、重度の低血糖症による入院リスクが実質的に高いが、死亡リスクの増加を示す明確な証拠はなかった。

引用文献

Glucose Control, Sulfonylureas, and Insulin Treatment in Elderly People With Type 2 Diabetes and Risk of Severe Hypoglycemia and Death: An Observational Study
Suping Ling et al. Diabetes Care. 2021 Feb 4;dc200876. doi: 10.2337/dc20-0876. Online ahead of print. PMID: 33541857 DOI: 10.2337/dc20-0876

関連記事

【日本の糖尿病患者における治療に関連する重症低血糖の頻度はどのくらいですか?】

【重症低血糖後の急性冠症候群リスクはどのくらいですか?】

【2型糖尿病患者における低血糖エピソードは心室性不整脈や心突然死のリスクとなりますか?】

【重度の低血糖は早期心血管イベントや死亡リスクを増加させますか?】

【低血糖リスクの少ない抗糖尿病薬による血糖低下作用は心血管イベント抑制に寄与できますか?】

コメント

  1. […] 2型糖尿病の高齢者における重度低血糖症と死亡リスクに影響する治療薬に… […]

タイトルとURLをコピーしました