COVID-19患者における急性腎障害の関連因子および発生リスクはどのくらいですか?(後向きコホート研究; Clin J Am Soc Nephrol. 2020)

The Incidence, Risk Factors, and Prognosis of Acute Kidney Injury in Adult Patients with Coronavirus Disease 2019

Yichun Cheng et al.

Clin J Am Soc Nephrol. 2020 Sep 22;CJN.04650420. doi: 10.2215/CJN.04650420. Online ahead of print.

PMID: 32963018

DOI: 10.2215/CJN.04650420

Keywords: COVID-19; acute kidney injury; mortality; prognosis; risk factors.

背景と目的

2019年12月以降、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)のアウトブレイクが発生し、世界的に急速に拡大している。しかし、COVID-19の急性腎障害(AKI)については、ほとんど情報が得られていない。我々は、COVID-19 の成人患者におけるAKIの発生率、危険因子、予後を評価することを目的とした。

試験デザイン、設定、参加者、測定

第三次教育病院に入院したCOVID-19患者 1,392例を対象としたレトロスペクティブコホート研究である。

臨床的特徴および検査データは、電子入院データベースおよび検査データベースから抽出した。

AKIは、2012年の腎臓病の定義と病期分類を行った。

グローバルアウトカムの改善基準に基づいて分類した。AKIの危険因子およびAKIと院内死亡率との関連を評価した。

結果

・合計7%(1,392人中99人)の患者が入院中にAKIを発症し、そのうち40%(99人中40人)が入院後1週間以内に発症した。

・AKIのリスク上昇と関連する因子には、重症度(オッズ比[OR] 2.25、95%信頼区間[CI] 1.37~3.67)、ベースラインの血清クレアチニン値の上昇(OR 2.19、95%CI 1.17~4.11)、リンパ球減少症(OR 1.99、95%CI 1.12~3.53)、Dダイマー値の上昇(OR 2.68、95%CI 1.07~6.70)が含まれていた。

・AKIステージ1、ステージ2、ステージ3の患者の院内死亡率はそれぞれ62%、77%、80%であった。

・AKIは交絡因子を調整した後でも院内死亡率と関連していた(OR 5.12、95%CI 2.70~9.72)。

結論

AKIはまれであるが、COVID-19患者の院内死亡率は高い。

✅まとめ✅ COVID-19患者を対象とした後向きコホート研究において、AKI発症は7%であり、院内死亡率と関連しているかもしれなかった

✅まとめ✅ AKIのリスク上昇と関連する因子には、COVID-19重症度、ベースラインの血清クレアチニン値の上昇、リンパ球減少症、Dダイマー値の上昇が含まれていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました