早期動脈硬化性心血管病患者におけるアスピリンおよびスタチン療法の使用とアドヒアランスの評価(多施設横断研究; VITALレジストリ; JAMA Netw Open 2020)

Evaluation of Aspirin and Statin Therapy Use and Adherence in Patients With Premature Atherosclerotic Cardiovascular Disease

Dhruv Mahtta et al.

JAMA Netw Open. 2020 Aug 3;3(8):e2011051. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2020.11051.

PMID: 32816031

PMCID: PMC7441361

DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2020.11051

試験の重要性

早発・極めて早発のアテローム性動脈硬化性心血管病(ASCVD)患者における二次予防療法の使用とアドヒアランスに関する研究は不足している。

目的

早発または極めて早発のASCVD患者におけるアスピリンの使用、任意のスタチンの使用、高強度スタチンの使用、およびスタチンのアドヒアランスを、非早発のASCVD患者と比較して評価すること。

試験デザイン、設定、参加者

この多施設横断的研究は、米国退役軍人局(VA)の臨床および行政データセットを用いて、2014年10月1日から2015年9月30日までの間にVAの医療システムでプライマリケアを1回以上受診した成人患者を特定した。

研究コホートは、Veterans With Premature Atherosclerosis(VITAL)レジストリに登録されたASCVD(虚血性心疾患、末梢動脈疾患、または虚血性脳血管疾患)患者で構成された。

生年月日や性別のデータが欠落している患者や、余命が限られている患者は除外した。

データは2019年11月1日から2020年1月1日まで分析した。

曝露

  • 早発性ASCVD(最初のASCVDイベントが男性で55歳未満、女性で65歳未満で発生)vs. 非早発性ASCVD(最初のASCVDイベントが男性で55歳以上、女性で65歳以上で発生)
  • 極度の早発性ASCVD(最初のASCVDイベントが40歳未満で発生) vs. 非早発性ASCVD

主要アウトカムおよび測定法

主要アウトカムは、アスピリンの使用、あらゆるスタチンの使用、高強度スタチンの使用、およびスタチンのアドヒアランス(対象日数の割合[PDC]0.8以上で測定)であった。

結果

・1,248,158例のうち、135,703例(10.9%)が早発性ASCVD(平均[SD]年齢 49.6[5.8]歳、男性 116,739例[86.0%])、1,112,455例(89.1%)が非早発性ASCVD(平均[SD]年齢 69.6[8.9]年;男性 104,318例[99.3%])、7,716例(0.6%)は極度の早発性ASCVD(平均[SD]年齢 34.2[4.3]年;男性 6,576例[85.2%])であった。

早発性ASCVD患者では、非早発性ASCVD患者と比べ、アスピリン使用率(96,468例[71.1%] vs. 860,726例[77.4%];P<0.001)およびスタチン使用率(98,908例[72.9%] vs. 894,931例[80.5%];P<0.001)、スタチンPDCが0.8以上(57,306例[57.9%] vs. 644,357例[72.0%];P<0.001)が低かったが、高強度スタチン使用率が高かった(49,354例[36.4%] vs. 332,820例[29.9%];P<0.001)。

・同様に、極度の早発性ASCVD患者は、アスピリン(オッズ比[OR] 0.27;95%CI 0.26~0.29)、任意のスタチン(OR 0.25;95%CI 0.24~0.27)、または高強度スタチン(OR 0.78;95%CI 0.74~0.82)の使用、スタチン服用を継続(OR 0.44;95%CI 0.41~0.47)する可能性が低かった。

結論と関連性

本研究では、早発または極めて早発のASCVD患者では、アスピリンまたはスタチンの使用率が低く、スタチン治療のアドヒアランスも低いようであった。

この所見は、早発性ASCVDについてのさらなる調査と、薬物使用とアドヒアランスの格差をよりよく理解し、緩和するための臨床医と患者の教育を含む取り組みを支持するものである。

コメント

アテローム性動脈硬化性心血管病(ASCVD)患者において、心血管イベントの発生リスク増加が報告されています。したがって、心血管イベントに対する二次予防が重要であり、各診療ガイドラインにおいて、低用量アスピリン、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の使用が推奨されています。

心血管イベントの発生抑制のためには、もちろん薬剤だけでなく、生活環境を整えることも重要です。具体的には、睡眠を充分に取る、ディストレスを減らす、暴飲暴食を控える、アルコールは適度にです。一方、薬剤については、心血管イベントを減少できる可能性が高い薬剤については、服薬コンプライアンス(≒アドヒアランス)が重要になります。例えば、心不全の増悪や心不全による入院を減少させるためには、アドヒアランスが80%以上必要であるとする研究報告があります。それぐらい服薬アドヒアランスは重要です。

さて、本試験結果によれば、早発性ASCVD患者では、非早発性ASCVD患者と比べ、アスピリン使用率およびスタチン使用率、スタチンPDCが0.8以上の値が低かったが、高強度スタチン使用率が高かったようです。極度の早発性ASCVD患者においても同様だったとのこと。これらの因子が患者アウトカムやハードアウトカムへどの程度影響するかについては不明です。

今後の検討結果を待ちたい。

✅まとめ✅ 早発または極めて早発のASCVD患者(退役軍人)では、アスピリンまたはスタチンの使用率が低く、スタチン治療のアドヒアランスも低いかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました