慢性偏頭痛に対するEptinezumabの有効性および安全性はどのくらいですか?(DB-RCT; PROMISE-2 trial; Neurology. 2020)

Efficacy and Safety of Eptinezumab in Patients With Chronic Migraine: PROMISE-2

Richard B Lipton et al.

Neurology. 2020 Mar 31;94(13):e1365-e1377. doi: 10.1212/WNL.0000000000009169. Epub 2020 Mar 24.

Clinicaltrialsgov identifier: NCT02974153.

PMID: 32209650

DOI: 10.1212/WNL.0000000000009169

目的

Eptinezumab(エプティネズマブ)の慢性片頭痛(chronic migraine, CM)予防治療における有効性と安全性を評価する。

ヒト化抗カルシトニン遺伝子関連ペプチドモノクローナル抗体エプティネズマブの慢性CM予防治療における有効性と安全性を評価する。

方法

The Prevention of Migraine via Intravenous ALD403 Safety and Efficacy-2 (PROMISE-2) 試験は、第 3 相、多施設、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間比較試験だった。

CMを有する成人を対象に、0日目と12週目にエプティネズマブ100mg、300mg、またはプラセボを静脈内投与する群にランダム割り付けした。

主要エンドポイントは、1週目から12週目までの月平均片頭痛日数(mean monthly migraine days, MMD)のベースラインからの変化であった。

結果

・治療を受けた参加者(n=1,072)では、ベースラインの平均MMD数は群間で≈16.1であった。

・エプティネズマブ100mgおよび300mgの投与は、プラセボと比較して、1~12週目のMMDの有意な減少と関連していた。

★MMDの変化

 プラセボ:-5.6

 エプティネズマブ100mg:-7.7、p<0.0001 vs. プラセボ

 エプティネズマブ300mg:-8.2、p<0.0001 vs. プラセボ

・治療上の有害事象(TEAE)の報告は、エプティネズマブ100mg群で43.5%、300mg群で52.0%、プラセボ群で46.7%だった。

・鼻咽頭炎は、エプティネズマブ投与群で報告された唯一のTEAEであり、プラセボ群と比較して2%以上の発生率であった。鼻咽頭炎はエプティネズマブ300mg投与群で発生した(エプティネズマブ300mg投与群:9.4%、プラセボ群: 6.0%)。

結論

CM患者において、エプティネズマブ100および300mgは、投与翌日から12週目までMMDを有意に減少させ、忍容性が高く、許容可能な安全性プロファイルを示した。

エビデンスの分類

本試験は、CM患者において、単回のエプティネズマブ投与により12週間のMMDを減少させるというクラスIのエビデンスを提供している。

コメント

2020年5月時点において、海外では慢性偏頭痛に対する生物学的製剤4製品が承認されています。一方、日本国内では、4製品ともに開発中です。

さて、本試験結果により、慢性偏頭痛患者におけるエプティネズマブ100および300mgの静脈内投与は、プラセボと比較して有意にMMDを減少させました。

ただしアウトカムは頭痛日誌であるMMDです。またMMDについては、まだまだ検証が必要であり、MCID(臨床的に重要な最小の差)が報告されていません。

一方で、副次評価項目である6-item Headache Impact Test(HIT-6)については、過去にMCIDが報告されています。ただし、あくまでも仮説生成的な結果であるため、ここでは主要評価項目であるMMDの結果のみを示しました。

今後、日本での臨床試験も報告されると考えられますので、引き続き情報を追っていきます。

✅まとめ✅ 慢性偏頭痛に対するエプティネズマブはプラセボと比較して月平均片頭痛日数(MMD)を有意に減少させた

コメント

タイトルとURLをコピーしました