SARS-CoV-2, SARS-CoV, or MERS-CoV感染患者に対するコルチコステロイドの効果はどのくらいですか?(SR&MA; Leukemia. 2020)

Impact of Corticosteroid Therapy on Outcomes of Persons With SARS-CoV-2, SARS-CoV, or MERS-CoV Infection: A Systematic Review and Meta-Analysis

Huan Li et al.

Leukemia. 2020 May 5;1-9. doi: 10.1038/s41375-020-0848-3.

PMID: 32372026

PMCID: PMC7199650

DOI: 10.1038/s41375-020-0848-3

目的・方法

SARS-CoV-2、SARS-CoV、MERS-CoV感染症におけるコルチコステロイドの安全性と有効性を調べるためにメタアナリシスを行った。PubMed、Web of Science、Medline、WanFang Chinese database、ZhiWang Chinese databaseをブール演算子とSARS-CoV-2、SARS-CoV、OR MERS-CoV AND corticosteroidsを含む検索語を使用して検索し、適切な研究を見つけた。

メタアナリシスの結果の解析には Review Manager 5.3 を使用した。

観察研究は修正Newcastle-Ottawaスケールを用いて質を分析し、ランダム化臨床試験はJadadスケールを用いて分析した。

被験者は、公表されている基準に基づき、重症のみのコホートとそれ以外のコホート(重症とそうでないコホート)に分けた。

有効性のエンドポイントは、死亡率、入院期間、集中治療室(ICU)入室率、人工呼吸器の使用率、複合エンドポイント(死亡、ICU入室、人工呼吸器)で検討した。

結果

・被験者5,249人を対象としたコホート研究10件とランダム化臨床試験1件(2003年~2020年)を含む報告11件を含んでいる。

・そのうち2件はコルチコステロイドとウイルスクリアリングとの関連について、10件はコルチコステロイドが死亡率、入院期間、人工呼吸器の使用、複合エンドポイントにどのような影響を与えたかについて検討した。

・コルチコステロイドの使用は、平均差(MD)=3.78日(95%信頼区間[CI]=1.16、6.41日;I2=0%)でウイルスクリアーの遅延と関連していた。

・相対リスク比(RR)=1.07(90%信頼区間[CI] 0.81〜1.42;I2=80%)で死亡者数の有意な減少は認められなかった。

・入院期間は長期化し、機械的人工呼吸の使用が増加した。

結論

SARS-CoV-2、SARS-CoV、およびMERS-CoV感染者を対象としたコルチコステロイドの使用はウイルスクリアを遅延させ、説得力のある生存率の改善、入院期間の短縮、ICU入室率の低下、および/または機械換気の使用は認められなかった。

いくつかの副作用があった。データセットには観察研究が多く、選択と発表にバイアスがかかっているため、我々の結論、特にSARS-CoV-2に関する結論は、ランダム化臨床試験で確認する必要がある。

当面の間、COVID-19の患者にはコルチコステロイドの使用に注意することを提案する。

コメント

COVID-19に対するコルチコステロイドの効果について、SR&MAが実施されています。著者も述べている通り、コホート研究が多く組み入れられています(コホート研究10件とランダム化臨床試験1件)。したがって、仮説生成的な結果であると考えられます。

また統合された死亡アウトカムの相対リスクは1.07(90%信頼区間[CI] 0.81〜1.42)と、コルチコステロイドを使用しても、死亡率の低下はなさそうでした。ただし異質性が高い(I2=80%)点には注意が必要です。

さらに、入院期間は長期化し、機械的人工呼吸の使用が増加した、と記載されています。詳細な数値は抄録だけでは分かりませんが、死亡率を低下させないけど入院期間の延長と機械的人工呼吸の使用増加の可能性がある現段階においては、コルチコステロイドを使用する意義は低いと考えられます。

✅まとめ✅ SARS-CoV-2, SARS-CoV, or MERS-CoV感染患者に対するコルチコステロイド使用は死亡率を減らさず、入院期間の延長および機械的人工呼吸の使用を増加させるかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました