家族に水疱瘡患者がいると帯状疱疹感染リスクが少ない?(イギリス人口ベース自己対照症例シリーズ研究; BMJ 2020)

Risk of Herpes Zoster After Exposure to Varicella to Explore the Exogenous Boosting Hypothesis: Self Controlled Case Series Study Using UK Electronic Healthcare Data

Harriet Forbes et al.

BMJ. 2020

PMID: 31969318

DOI: 10.1136/bmj.l6987

目的

成人の帯状疱疹の相対発生率に対する水疱瘡のある子供への家庭内暴露の仮説的な保護効果の大きさと期間を評価する。

試験設計

自己制御ケースシリーズ。

試験設定

Clinical Practice Research Datalinkに貢献する英国の一般診療。

試験参加者

1997年から2018年の間に帯状疱疹と診断された9,604人の成人(18歳以上)(観察期間中に水疱瘡と診断された子供(18歳未満)と一緒に住んでいた)

主なアウトカムの測定

世帯内に水疱瘡のある子供への曝露後20年間の帯状疱疹の相対的発生率とベースライン時間(曝露前の60日を除く他のすべての時間)との比較。

結果

・帯状疱疹を持つ成人9,604人のうち6,584人(68.6%)は女性だった。

・水疱瘡を有する子供への曝露年齢の中央値は38.3年(四分位範囲32.3-48.8年)で、観察期間の中央値は14.7(11.1-17.7)年だった。

・成人4,116人がベースライン期間に帯状疱疹を発症し、暴露60日前に433人、リスク期間に5,055人が発症した。

・年齢、カレンダー時間、および季節の調整後、水疱瘡を有する子供への家庭曝露後の2年間で、ベースライン時間と比較して、成人の帯状疱疹を発症する可能性が33%低いことが強力な証拠により示唆された。

★発生率 =0.67、95%信頼区間0.62-0.73

—-

・暴露後10〜20年で、成人はベースライン時間と比較して帯状疱疹を発症する可能性が27%低かった(0.73、0.62〜0.87)。

・水疱瘡への暴露後、女性よりも男性でより強いブースティング効果が観察された。

結論

帯状疱疹の相対発生率は、水疱瘡患者との家庭内接触にさらされた後の期間で低く、中程度であるが長続きする保護効果が観察された。 本研究は、外因性の追加免疫が帯状疱疹リスクからある程度の保護を提供するが、水疱瘡の予防接種の以前の費用効果の推定によって想定される完全な免疫を提供しないことを示唆している。

コメント

帯状疱疹リスクは、家庭内に水疱瘡患者がいるとリスクが低下した。過去の報告と矛盾しない。

これは、水疱瘡のウイルスと帯状疱疹の原因となるウイルスが同じであるためです。帯状疱疹ワクチンとして利用できるのは、ビケン®️およびシングリックス®️。

抵抗力が低下しやすい高齢者に対するワクチンの効果については、過去に証明されています(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15930418-a-vaccine-to-prevent-herpes-zoster-and-postherpetic-neuralgia-in-older-adults/?from_single_result=N+Engl+J+Med.+2005%3B+352%2822%29%3A+2271–2284.)。

核家族が進んでいる影響もあるかもしれませんね。

✅まとめ✅ 家庭内に水疱瘡患者がいると帯状疱疹にかかるリスクが少ない

コメント

タイトルとURLをコピーしました