アメリカの女性労働者では休暇取得により うつ病が減るかもしれない(アメリカ人口ベース縦断研究; Scand Work Environ Health 2019)

Does paid vacation leave protect against depression among working Americans? A national longitudinal fixed effects analysis.

Kim D.

Scand J Work Environ Health. 2019.

PMID: 30403822

【目的】

米国は、労働者の有給休暇を保証しない世界で唯一の先進国である。

実証的研究では有給休暇を幸福とストレスに結び付けているが、有給休暇とうつ病との関連を調査した研究はない。

本研究では、1979年の全国縦断調査における45〜52歳の労働者3,380人(男女)という全国的に代表的な縦断サンプルを使用して、有給休暇がうつ病を予防できるかどうかを調査した。

【方法】

多変量線形およびロジスティック回帰モデルを採用して、7項目疫学研究センターうつ病スケール短縮形(CES-D-SF)を使用して測定し、うつ病に対する40歳で測定した年次有給休暇日数の影響を推定した。

モデルは人口統計学的および社会経済的要因、身体的健康、週単位の時間、および個々の固定効果について調整された。

【結果】

・有給休暇の追加10日ごとに、女性における うつ病のオッズは29%低かった[オッズ比(OR)0.71、95%信頼区間(CI)0.55〜0.92、P = 0.01)。

・一方、上記の関連性について、男性には認められなかった。

・線形回帰モデルでは、男性でも女性でも関連性を示さなかった。

・有給休暇の取得が10日間増える毎に、うつ病の確率は白人女性で36%低下し、2歳以上の子供を持つ女性で38%低下した。

【結論】

本研究は、有給休暇とうつ病との関連に関する最初の証拠を提供し、2人以上の子供を持つ白人女性の保護効果を支持する。

本関連が真に因果関係にあり、働く成人女性のすべての年齢で均一な効果があると仮定すると、本研究の結果は、有給休暇の平均日数10日間の仮想的な増加が、推定568,442人の女性における新規うつ病発症を避けることができる可能性が示唆された。

これは年間29億4,000万米ドルのコスト削減につながる。

有給休暇を義務付ける政策は、米国で働く女性のうつ病人口の健康と経済的負担にプラスの影響を与えた可能性がある。


【コメント】

アブストのみ。

アメリカでは有給取得がないみたいですね。知らなかったです。とはいえ夏休みは1ヶ月ぐらい長期で休んでいるイメージ。

ちなみに日本の有給取得は下から3番目。

さて、本研究結果では有給休暇取得により、特に白人女性で、うつ病の発症が36%抑制された。

おやすみ大事ですよね〜、とはいえ男性では有給休暇と うつ病リスク低下との関連性は認められなかった。

続報を待ちたい。

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました