検査キットがインフルエンザを診断する?いいえ、医師が診断します(厚生労働省ホームページより)

インフルエンザ Influenza

⌘ 背景・疑問

インフルエンザの季節になると、患者さんは必ずと言っていいほど、「インフルエンザの検査をして欲しい」と言います。 なかには「検査してもらえなかったのに薬だけだされた」と、オセルタミビル(タミフル®︎)とアセトアミノフェン(カロナール®︎)が処方され『???』となっている方がいます。 インフルエンザの診断に検査キットは必須なのでしょうか?    

⌘ 結論

本ブログのタイトルの通りです。診断は医師が行います。決して検査キットが決めるのではありません。    

⌘ 根拠

理由は大きく分けて2つありますが今回は、そのうちの1つをご紹介します。   ▶️厚生労働省のホームページ「政策について」の項にインフルエンザの記載があります。 これによると、医師及び獣医師はインフルエンザ患者と診断した場合、『法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜日に届け出なければならない』とされています。 そして届出の基準として以下の記載があります。   ▶️症状や所見からインフルエンザが疑われ、かつ、表.1のすべてを満たすか、表.1のすべてを満たさなくても表.2を満たすことにより、インフルエンザ患者と診断。   表.1:届出のために必要な臨床症状(4つすべてを満たすもの)
突然の発熱
高熱
上気道炎症状
全身倦怠感等の全身症状
  表.2:届出のために必要な検査所見
検査方法: 迅速診断キットによる病原体の抗原の検出
検査材料:  鼻腔吸引液、鼻腔拭い液、咽頭拭い液
  ▶️つまり、検査キットは必須ではありません。また上記の4徴候が認められなくとも今後、症状が悪化しインフルエンザの兆候を示しそうな場合、医師はインフルエンザと診断します。   ▶️いかがでしょうか。少なくとも検査キットが必須でないことは国が示しています。ただ私個人としては「〇〇が言っているから、そのようにしましょう」というのは、あまり好きではありません。もう一つの理由については、今後ブログで紹介していきます。  

-Evidence never tells you what to do-




 ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました