学校におけるユニバーサル・マスクの解除はCOVID-19の発生率を増加させる?(N Engl J Med. 2022)

boy in blue long sleeve shirt wearing face mask 09_感染症
Photo by Julia M Cameron on Pexels.com

常時マスクを着用する感染予防策であるユニバーサル・マスキングの解除はCOVID-19発生率を増加させる?

2022年2月、米国マサチューセッツ州は公立学校における全州共通のマスク政策を撤回し、マサチューセッツ州の多くの学区がその後の数週間のうちにマスク装着要件を解除しました。ボストン地区では、ボストン地区と近隣のチェルシー地区の2学区だけが、2022年6月までマスク装着要件を維持しました。マスク装着義務の時差解除は、普遍的なマスク装着政策が学校における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生率に及ぼす影響を検討する機会となりました。

そこで今回は、時差政策実施の差分分析を用いて、2021~2022年度の間、グレーターボストン地域のユニバーサルマスキング要件が解除された学区における生徒と職員のCOVID-19の発生率と、マスク装着要件が維持された学区における発生率を比較した試験の結果をご紹介します。

※ユニバーサルマスキング:人々が常時マスクを着用する感染予防策

試験結果から明らかになったことは?

州全体のマスク政策が取り消される前のCOVID-19の発生率の傾向は、学区間で同様でした。

1,000人あたりの追加症例数推定の増加症例数
生徒と職員のCOVID-19発生率44.9例
(32.6〜57.1)
11,901例
(8651〜15,151)

州全体のマスク装着要件が取り消された後の15週間で、マスク装着要件の解除は、1000人の生徒と職員あたり44.9人の追加症例(95%信頼区間 32.6〜57.1)と関連しており、これは推定11,901症例、その間のすべての地区の症例の29.4%に相当していました。

マスク装着義務の延長を選択した地区は、マスク装着義務の早期解除を選択した地区に比べ、校舎が古く、状態が悪い傾向があり、1教室当たりの生徒数が多い傾向がみられました。また、これらの地区では、低所得の生徒、障害のある生徒、英語学習者の割合が高く、黒人やラテン系の生徒や職員の割合も高くなりました。この結果は、ユニバーサル・マスキングが、学校におけるCOVID-19の発症と対面授業日数の損失を減らすための重要な戦略であることを裏付けています。このように、ユニバーサル・マスキングは、教育上の不平等を深める可能性を含む、学校における構造的人種差別の影響を緩和するために特に有用であると考えられます。

コメント

マスクの着用がCOVID-19の発生率を低減させることは多くの研究報告で報告されていますが、より大規模な研究での検討は限られています。

さて、本試験結果によれば、州全体のマスク政策が取り消された後の15週間において、生徒および職員44.9人/1,000人のCOVID-19症例の追加と関連していました。これは推定11,901症例、その間のすべての地区の症例の29.4%に相当していました。

したがって、人々が常時マスクを着用する感染予防策であるユニバーサル・マスキングの効果が裏付けられたことになります。

基本的な感染予防策として、マスク着用は効果的であると考えられます。

teacher teaching her students

✅まとめ✅ 州全体のマスク政策が取り消された後の15週間において、生徒および職員44.9人/1,000人のCOVID-19症例の追加と関連していた。これは推定11,901症例、その間のすべての地区の症例の29.4%に相当していた。

根拠となった試験の抄録

背景:2022年2月、マサチューセッツ州は公立学校における全州共通のマスク政策を撤回し、マサチューセッツ州の多くの学区がその後の数週間のうちにマスク装着要件を解除した。ボストン地区では、ボストン地区と近隣のチェルシー地区の2学区だけが、2022年6月までマスク装着要件を維持した。マスク装着義務の時差解除は、普遍的なマスク装着政策が学校における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生率に及ぼす影響を検討する機会となった。

方法:時差政策実施の差分分析を用いて、2021~2022年度の間、グレーターボストン地域のマスク装着要件が解除された学区における生徒と職員のCOVID-19の発生率と、マスク装着要件が維持された学区における発生率を比較した。また、学区の特徴も比較した。

結果:州全体のマスク政策が取り消される前のCOVID-19の発生率の傾向は、学区間で同様であった。州全体のマスク装着要件が取り消された後の15週間で、マスク装着要件の解除は、1000人の生徒と職員あたり44.9人の追加症例(95%信頼区間 32.6〜57.1)と関連しており、これは推定11,901症例、その間のすべての地区の症例の29.4%に相当している。マスク装着義務の延長を選択した地区は、マスク装着義務の早期解除を選択した地区に比べ、校舎が古く、状態が悪い傾向があり、1教室当たりの生徒数が多い傾向があった。また、これらの地区では、低所得の生徒、障害のある生徒、英語学習者の割合が高く、黒人やラテン系の生徒や職員の割合も高くなった。この結果は、ユニバーサル・マスキングが、学校におけるCOVID-19の発症と対面授業日数の損失を減らすための重要な戦略であることを裏付けている。このように、ユニバーサル・マスキングは、教育上の不平等を深める可能性を含む、学校における構造的人種差別の影響を緩和するために特に有用であると考えられる。

結論:グレーターボストン地域の学区において、マスク装着要件の解除は、州全体のマスク政策が取り消された後の15週間において、生徒および職員44.9人/1,000人のCOVID-19症例の追加と関連していた。

引用文献

Lifting Universal Masking in Schools – Covid-19 Incidence among Students and Staff
Tori L Cowger et al.
N Engl J Med. 2022 Nov 9. doi: 10.1056/NEJMoa2211029. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36351262/

コメント

タイトルとURLをコピーしました