医療従事者におけるCOVID-19ワクチン4回目接種の効果はどのくらい?(コホート研究; JAMA 2022)

close up shot of a health worker injecting a vaccine on a patient 01_ワクチン vaccine
Photo by SHVETS production on Pexels.com

医療従事者におけるCOVID-19ワクチン4回目接種の効果は?

2021年12月、イスラエルで第5次COVID-19流行が始まり、ほとんどがオミクロン変異株によって引き起こされ、ワクチン未接種者とワクチン接種者が影響を受けました。ほとんどの医療従事者を含むイスラエルの成人の90%が、2021年9月までBNT162b2ワクチンの3回接種を受けました。3回目の接種が感染と重症化の予防に成功し安全であることを受け、2021年12月30日、イスラエル保健省は60歳以上の成人、免疫不全者、医療従事者に4回目のワクチンの任意接種を推奨しました。しかし、医療従事者におけるワクチン4回目接種の効果については充分に検証されていません。

そこで今回は、医療従事者におけるブレークスルー感染を、3回接種者と4回接種者の間で比較したイスラエルの研究結果をご紹介します。

対象となった病院は、職員のワクチン接種と感染症発生日に関するデータを収集しました。研究コホートは、イスラエルの11病院で、2021年9月30日までに3回接種を受け、接種キャンペーン(2022年1月2日)前に COVID-19に感染していないすべての医療従事者を対象としました。

本研究において、4回接種者(接種後6日以上経過)と3回接種者におけるブレークスルー感染率を、率比(rate ratio, RR)は、コホート全体とサブグループ(病院、性別、年齢層、職業)ごとに算出しました。さらに、同日に3回目の接種を受け、性、年齢群、職業、病院をマッチさせた4回目接種者と3回目接種者についても計算が繰り返されました。4回目接種のタイミングを考慮し、時間依存のCox-回帰モデルが作成されました。

試験結果から明らかになったことは?

2021年8月から9月の間にワクチン接種を3回受けた医療従事者は29,612例で、このうち2022年1月中に4回目の接種を受け、接種後1週間までに感染しなかったのは5,331例(18.0%)でした。

ブレイクスルー感染率
4回接種群368/5,331例(6.9%)
3回接種群4,802/24,280例(19.8%)

4回接種群および3回接種群の全体のブレイクスルー感染率は、それぞれ368/5,331例(6.9%)、4,802/24,280例(19.8%)でした。

ブレイクスルー感染の
RR(95%CI)
粗解析0.35(0.32~0.39
マッチド解析0.61(0.54~0.71
調整済みHR
ブレイクスルー感染0.56(0.50~0.63

RR(95%CI)は、粗解析で0.35(0.32~0.39)、マッチド解析で0.61(0.54~0.71)でした。Cox-回帰モデルにおける調整済みHRは0.56(0.50~0.63)でした。

両群とも、重症化および死亡は報告されませんでした。

コメント

オミクロン変異株が流行する中、基本的な感染予防対策に加えて、ワクチンの4回目接種の要否について意見が分かれています。今回ご紹介するのはイスラエルの医療従事者におけるワクチン4回目接種の効果を検証した試験です。

さて、本試験結果によれば、ファイザー・ビオンテック社製ワクチンであるBNT162b2の4回目接種により、医療従事者のブレイクスルー感染率が低下しました。しかし、この減少はイスラエルの高齢者集団における知見と同様に、3回目接種と比較すると、低い値でした。

現状、ワクチン4回目接種者における有効性について、ワクチン未接種者と比較するのは困難です。したがって、3回目接種者と比較するのは妥当であると考えられます。本試験結果から、ワクチン4回目接種の有効性(ブレイクスルー感染率:6.9%、368/5,331例)について疑問を持たれると思いますが、より多くの医療従事者を対象とした場合、ブレイクスルー感染率は低下する可能性が高いと考えられます。ただし、本試験の実施期間はオミクロン変異株のBA.1やBA.2が流行した時期であると考えられます。したがって、2022年7月現在に流行しているBA.4やBA.5に対するCOVID-19ワクチンの有効性は不明です。医療逼迫を回避するために、入院リスクや重症化リスクを低減する観点からの評価も求められます。

続報に期待。

a woman with white band aid on her arm

✅まとめ✅ BNT162b2の4回目接種により、医療従事者のブレイクスルー感染率が低下したことを示している。この減少は、イスラエルの高齢者集団における知見と同様であるが、3回目の接種後に観察されたものよりも低かった。

根拠となった試験の抄録

背景:2021年12月、イスラエルで第5次COVID-19波が始まり、ほとんどがオミクロン変異株によって引き起こされ、ワクチン未接種者とワクチン接種者が影響を受けた。ほとんどの医療従事者を含むイスラエルの成人の90%が、2021年9月までBNT162b2ワクチンの3回接種を受けた。3回目の接種が感染と重症化の予防に成功し安全であることを受け、2021年12月30日、イスラエル保健省は60歳以上の成人、免疫不全者、医療従事者に4回目のワクチンの任意接種を推奨した。医療従事者におけるブレークスルー感染症を、3回投与者と4回投与者の間で比較した。

方法:病院は、職員のワクチン接種と感染症発生日に関するデータを収集した。研究コホートは、イスラエルの11病院で、2021年9月30日までに3回接種を受け、接種キャンペーン(2022年1月2日)前に COVID-19に感染していないすべての医療従事者を対象とした。4回接種者(接種後6日以上経過)と3回接種者におけるブレークスルー感染率を算出した。率比(rate ratio, RR)は、コホート全体とサブグループ(病院、性別、年齢層、職業)ごとに算出した。さらに、同じ日に3回目の接種を受け、性、年齢群、職業、病院をマッチさせた4回目接種者と3回目接種者についても計算を繰り返した。4回目接種のタイミングを考慮し、時間依存のCox-回帰モデルを作成した。

結果:2021年8月から9月の間にワクチン接種を3回受けた医療従事者は29,612例で、このうち2022年1月中に4回目の接種を受け、接種後1週間までに感染しなかったのは5,331例(18.0%)であった。4回接種群および3回接種群の全体のブレイクスルー感染率は、それぞれ368/5,331例(6.9%)、4,802/24,280例(19.8%)であった。RR(95%CI)は、粗解析で0.35(0.32~0.39)、マッチド解析で0.61(0.54~0.71)であった。Cox-回帰モデルにおける調整済みHRは0.56(0.50~0.63)であった。両群とも、重症化および死亡は報告されなかった。

結論:今回のデータは、BNT162b2の4回目接種により、医療従事者のブレイクスルー感染率が低下したことを示している。この減少は、イスラエルの高齢者集団における知見と同様であるが、3回目の接種後に観察されたものよりも低い。しかし、オミクロン変異株の感染力が高く、医療従事者の不足が深刻であることを考慮すると、医療従事者の感染率を低下させるために4回目のワクチン接種を検討する必要があると思われる。

利害関係者声明:競合する利害関係はない

資金提供:本研究は資金提供を受けていない

引用文献

Association of Receiving a Fourth Dose of the BNT162b Vaccine With SARS-CoV-2 Infection Among Health Care Workers in Israel
Matan J Cohen et al. PMID: 35917125 DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2022.24657
JAMA Netw Open. 2022 Aug 1;5(8):e2224657. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2022.24657.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35917125/

Effectiveness of the BNT162b vaccine fourth dose in reducing SARS-CoV-2 infection among healthcare workers in Israel, a multi-center cohort study
Matan J Cohen et al. doi: https://doi.org/10.1101/2022.04.11.22273327
medRxiv 2022. Posted April 13, 2022.
ー 続きを読む https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2022.04.11.22273327v1

コメント

タイトルとURLをコピーしました