Cockcroft-Gault式の偏りおよび精度に及ぼす体重および血清クレアチニン濃度の影響は?(後向き研究; Pharmacotherapy. 2012)

gray laptop computer showing calculator application with codes 07_腎・泌尿器系
Photo by Eduardo Rosas on Pexels.com

体重と血清クレアチニン濃度がCockcroft-Gault式に及ぼす影響は?

体重と血清クレアチニン(Scr)濃度がCockcroft-Gault式によるクレアチニンクリアランス(C-G Clcr)の偏りと精度に及ぼす影響について、きちんと調べたことがなかったため文献検索を行いました。

今回ご紹介するのは2012年の論文です。本論文では、体重とScr濃度がC-G Clcrの偏りと精度に及ぼす影響について、24時間Clcr測定値と比較評価しています。

試験結果から明らかになったことは?

1996年7月1日から2010年6月30日の間に24時間採尿を行った腎機能が安定した患者3,678例が対象となりました。

偏りのないCLcrとなる条件
(C-G式で算出)
低体重の患者実体重を用いて計算
正常体重の患者理想体重を用いて計算
他の体重区分(過体重、肥満、病的肥満)偏りのないC-G Clcrは計算不可
0.4の係数を用いた調整体重(ABW0.4)が最も偏りが少なく正確
65歳以上かつScrが
0.8mg/dL未満および1mg/dL未満の患者
実際のScrは偏りがなく丸めたScrよりも正確
Scrが0.8mg/dL未満および1 mg/dL未満の
すべての年齢層の患者
実際のScrは偏りがなく丸めたScrよりも正確

低体重の患者に対して実体重を用いて計算を行った結果、Clcrは-0.22ml/min(p=0.898)となり、偏りのない値となりました。

正常体重の患者の計算で理想体重を使用すると、不偏のClcrは-1.3ml/分(p=0.544)でした。

他の体重区分では、不偏のC-G Clcrを計算することができませんでした。これらの患者では、0.4の係数を用いた調整体重(ABW0.4)が最も偏りが少なく正確でした。

65歳以上のScrが0.8mg/dL未満および1mg/dL未満の患者では、実際のScrは偏りがなく(それぞれ-3ml/min[p=1]および-9ml/min[p=0.279])、丸めたScrよりも正確でした。

Scrが0.8mg/dL未満および1 mg/dL未満のすべての年齢層の患者において、実際のScrは丸めたScrよりも偏りがなく(それぞれ-4.5ml/min [p=0.038] および-5.5ml/min [p<0.001] )、より正確なことが証明されました。

コメント

Cockcroft-Gault式によるクレアチニンクリアランス(C-G Clcr)の偏りと精度について、あまり考えたことがなく、算出された値を鵜呑みにしてきました。しかし、計算式を改めて見てみると、体重とScrの影響が大きく影響することがわかります。

Cockcroft-Gault式によるクレアチニンクリアランスの算出式
男性:Clcr = {(140-年齢)×体重(kg)}/{72×血清クレアチニン値(mg/dL)}
女性:Clcr = 0.85×{(140-年齢)×体重(kg)}/{72×血清クレアチニン値(mg/dL)}

さて、本試験結果によれば、Cockcroft-Gault式 Clcrは、低体重者では実体重、正常体重者では理想体重を用いることにより、不偏のC-G Clcrを算出することが可能であることがわかりました。また、過体重、肥満、病的肥満の患者にはABW(0.4)を用いるのが最も偏りが少なくなることが明らかとなりました。さらに、Scrが低い患者に対してScrを丸めても、Clcrの計算の精度やバイアスは改善されないことが判明しました。

非常に基本的なことですが、Clcrの算出において、おさえておきたいポイントです。目の前の患者がどのような特徴なのか把握する必要があります。

a variety of cancer awareness ribbons

✅まとめ✅ Cockcroft-Gault式 Clcrは、低体重者では実体重、正常体重者では理想体重を用いることにより、不偏のC-G Clcrを算出することが可能である。

根拠となった試験の抄録

研究の目的:体重と血清クレアチニン(Scr)濃度がCockcroft-Gault式によるクレアチニンクリアランス(C-G Clcr)の偏りと精度に及ぼす影響を24時間Clcr測定値と比較し評価すること。

試験デザイン:レトロスペクティブ解析

試験設定:レトロスペクティブ解析。三次医療施設

対象患者:1996年7月1日から2010年6月30日の間に24時間採尿を行った腎機能が安定した患者3,678例

測定方法:各患者について、C-G Clcrを算出し、24時間Clcrの測定値と比較した。体重は、低体重、標準体重、過体重、肥満、病的肥満の区分で計算した。また、Scrの測定値が閾値以下の患者については、Scrの閾値 0.8mg/dLと1mg/dLに基づいて丸めた値を用いてC-G Clcrを計算した。次に、これらの患者を、全年齢群と65歳以上のサブグループに層別化し、評価を行った。Scrで丸めた C-G Clcr値と、実際のScr値を用いたC-G Clcr値を比較した。平均差を算出し、精度を評価した。

主な結果:低体重の患者に対して実体重を用いた計算を行った結果、Clcrは-0.22ml/min(p=0.898)となり、偏りのない値となった。正常体重の患者の計算で理想体重を使用すると、不偏のClcrは-1.3ml/分(p=0.544)であった。他の体重区分では、不偏のC-G Clcrを計算することができなかった。これらの患者では、0.4の係数を用いた調整体重(ABW0.4)が最も偏りが少なく正確であった。65歳以上のScrが0.8mg/dL未満および1mg/dL未満の患者では、実際のScrは偏りがなく(それぞれ-3ml/min[p=1]および-9ml/min[p=0.279])、丸めたScrよりも正確であった。Scrが0.8mg/dL未満および1 mg/dL未満のすべての年齢層の患者において、実際のScrは丸めたScrよりも偏りがなく(それぞれ-4.5ml/min [p=0.038] および-5.5ml/min [p<0.001] )、より正確なことが証明された。

結論:C-G Clcrは、低体重者では実体重、正常体重者では理想体重を用いることにより、不偏のC-G Clcrを算出することが可能である。過体重、肥満、病的肥満の患者にはABW(0.4)を用いるのが最も偏りが少なく、正確なC-G Clcrの算出方法であると思われる。Scrが低い患者に対してScrを丸めても、Clcrの計算の精度やバイアスは改善されないことが判明した。

引用文献

Impact of various body weights and serum creatinine concentrations on the bias and accuracy of the Cockcroft-Gault equation
Mary A Winter et al. PMID: 22576791 DOI: 10.1002/j.1875-9114.2012.01098.x
Pharmacotherapy. 2012 Jul;32(7):604-12. doi: 10.1002/j.1875-9114.2012.01098.x. Epub 2012 May 10.
— 読み進める pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22576791/

関連記事

【心房細動における直接経口抗凝固薬の投与量と腎機能計算式の違いによるアウトカムへの影響は?(データベース研究; JACC: Asia. 2022)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました