SARS-CoV-2 オミクロン亜種BA.2に対してソトロビマブの効果は減少するかもしれない(基礎研究; プレプリント; bioRxiv 2022)

vaccine bottles in close up photography 09_感染症
Photo by Maksim Goncharenok on Pexels.com

オミクロン亜種に対する中和抗体製剤の効果は?

2021年11月にボツワナでSARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)のオミクロン変異株(B.1.1.529.1またはBA.1)が確認されました(PMID: 35042229)。この変異株は、スパイク糖タンパク質に非常に多くの変異があり、抗体回避につながる可能性があるため、直ちに警告が発せられました。

Iketaniら(PMID: 35016198)や他の研究者(PMID: 34931194PMID: 35016194PMID: 35016196PMID: 35016199)は、最近、このような懸念を裏付ける結果を報告しました。その後、オミクロンの進化を継続的に調査した結果、R346K変異を持つBA.1(BA.1+R346K)とB.1.1.529.2(BA.2)という二つの亜型が優勢になっていることが明らかになりました。後者はBA.1に見られる13のスパイク変異を有していない一方で、8種類の固有のスパイク変異を含んでいました。

今回ご紹介するには、これらの新しいオミクロン亜型の抗原的特徴を明らかにした基礎研究の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

野生型SARS-CoV-2感染者または現行のmRNAワクチン接種者のポリクローナル血清は、BA.1+R346KとBA.2の両方に対して中和活性が大幅に低下し、BA.12、3、5、6ですでに報告されているものと同等の低下率を示しました。オミクロンのこれら亜系列は、抗原的に野生型SARS-CoV-2と等距離にあり、同様に現在のワクチンの有効性を脅かすものであることを示すものでした。

BA.2は、BA.1およびBA.1+R346K2-4,6に対して高い活性を維持していたS309(ソトロビマブ)を含む19の中和モノクローナル抗体のうち17成分に対して著しい抵抗性を示しました。

コメント

オミクロンの流行が世界中に広がっています。これに対して、ワクチンや中和抗体製剤が利用されていますが、オミクロンはさらに変異することで亜型(亜系統)となり、ワクチンや中和抗体製剤に対して抵抗性を示す可能性が報告されてきました。

さて、本試験結果によれば、オミクロン亜型BA.2は、野生株D614Gと比較して、ソトロビマブを含む17の中和抗体に対して抵抗性を示しました。COV2-2130(Cilgavimab、シルガビマブ)およびLY-CoV1404(bebtelovimab、ベブテロビマブ)については、野生株と同程度の中和活性が示されました。あくまでも基礎研究の結果であることから、実臨床における有効性・安全性について検証が待たれますが、SARS-CoV-2に対しては、基礎研究の結果をもとに治療薬が選択されています。

他の研究結果の公表が待たれるところです。オミクロン亜型BA.2に対する治療薬の開発が待たれます。続報に期待。

fashion man person people

✅まとめ✅ 基礎研究の結果、現在承認または許可されているモノクローナル抗体療法では、オミクロン変異株のすべての亜型を充分にカバーすることができないことを示している。

根拠となった試験の抄録

背景:2021年11月にボツワナでSARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)のOmicron変異株(B.1.1.529.1またはBA.1)が確認されると(PMID: 35042229)、スパイク糖タンパク質に非常に多くの変異があり、抗体回避につながる可能性があるため、直ちに警告を発した。我々(PMID: 35016198)や他の研究者(PMID: 34931194PMID: 35016194PMID: 35016196PMID: 35016199)は、最近、このような懸念を裏付ける結果を本誌に報告した。その後、オミクロンの進化を継続的に調査した結果、R346K変異を持つBA.1(BA.1+R346K)とB.1.1.529.2(BA.2)という二つの亜系が優勢になっていることが分かった。後者はBA.1に見られる13のスパイク変異を持たない一方で8種類の固有のスパイク変異を含んでいた。そこで、これらの新しいサブラインの抗原的特徴を明らかにするために研究を拡張した。

結果:野生型SARS-CoV-2感染者または現行のmRNAワクチン接種者のポリクローナル血清は、BA.1+R346KとBA.2の両方に対して中和活性が大幅に低下し、BA.12、3、5、6ですでに報告されているのと同等の低下率を示した。これらの結果は、Omicronのこれら3つの亜系列は、抗原的に野生型SARS-CoV-2と等距離にあり、同様に現在のワクチンの有効性を脅かすものであることを示すものである。BA.2は、BA.1およびBA.1+R346K2-4,6に対して高い活性を維持していたS309(ソトロビマブ)7を含む19の中和モノクローナル抗体のうち17に著しい抵抗性を示した。

結論:この新しい知見は、現在承認または許可されているモノクローナル抗体療法では、オミクロン変異株のすべての亜型を充分にカバーすることができないことを示している。

引用文献

Antibody Evasion Properties of SARS-CoV-2 Omicron Sublineages
Sho Iketani et al. doi: https://doi.org/10.1101/2022.02.07.479306
bioRxiv 2022.
ー 続きを読む https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2022.02.07.479306v1.full

関連記事

【COVID-19 オミクロンに対する抗体および抗ウイルス薬の有効性はどのくらい?(基礎研究; N Engl J Med. 2022)】

【mRNA COVID-19ワクチン3回接種によるSARS-CoV-2オミクロンおよびデルタ変異株による症候性感染の予防効果は?(test negative case-control試験; JAMA. 2022)】

【SARS-CoV-2 オミクロンおよびデルタ変異株に対するCOVID-19ワクチン mRNA-1273の有効性は?(試験陰性症例対照研究; Nat Med. 2022)】

SARS-CoV-2 オミクロンおよびデルタ変異株に対するCOVID-19ワクチン mRNA-1273の有効性は?(試験陰性症例対照研究; Nat Med. 2022)
オミクロンおよびデルタ変異株に対するCOVID-19 mRNAワクチンの有効性は?SARS-CoV-2感染症(COVID-19)の拡大に歯止めがかかりません。特に2021年〜2022年にかけてはデルタ、そしてオミクロン変異株により...

【血液透析患者におけるCOVID-19ワクチン接種後のオミクロン中和抗体はどのくらいで得られるのか?(横断研究; Lancet. 2022)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました