SARS-CoV-2感染外来患者に対する高用量の亜鉛とアスコルビン酸の補給と標準治療の効果に差はない(RCT; COVID A to Z試験; JAMA Netw Open. 2021)

sliced lemon on cork tray 09_感染症
Photo by Nataliya Vaitkevich on Pexels.com

SARS-CoV-2感染症に対する高用量のアスコルビン酸とグルコン酸亜鉛の効果は?

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型(SARS-CoV-2)は、エンベロープRNAウイルスの新型で、国際的なパンデミックを引き起こす致死性のウイルスとして登場しました。発症時の一般的な症状は、発熱、非生産的な咳、筋肉痛、疲労感など、インフルエンザに類似したものです(PMID: 31986264)。米国疾病対策予防センター(CDC)は、SARS-CoV-2の症状として、発熱や悪寒、咳、息切れや呼吸困難、疲労、筋肉や体の痛み、頭痛、味覚や嗅覚の喪失、喉の痛み、鼻づまりや鼻水、吐き気や嘔吐、下痢を挙げています(CDC)。中国では、診断が確定した患者のほとんど(81%)が軽度の症状を経験しただけで、入院や支持療法以上の治療を必要としませんでした(PMID: 32091533)。しかし、この病気は潜伏期間が長く、症状が軽い患者であっても、入院や処方薬による治療、人工呼吸が必要になったり、死亡することがあります。

グルコン酸亜鉛とアスコルビン酸は、ウイルス性疾患の治療のために患者が摂取する一般的な市販の栄養補助食品です。亜鉛は、感染と戦う多形核細胞の能力を高めると言われており、アスコルビン酸は、免疫反応に役割を果たす可能性のある抗酸化物質です(PMID: 28629136PMID: 28353648)。

アスコルビン酸とグルコン酸亜鉛の高用量摂取は、風邪症状の持続時間を短縮し、症状の重症度を低下させる可能性があることを示唆する限られたエビデンスがあります(PMID: 23440782PMID: 23440782PMID: 6367635PMID: 28515951)。しかし、SARS-CoV-2感染と診断された患者の症状軽減および回復の改善におけるグルコン酸亜鉛およびアスコルビン酸の役割は不明です。

そこで今回は、亜鉛および/またはアスコルビン酸が、通常ケアと比較して、SARS-CoV-2に関連する症状の重症度または期間を減少させるかどうかを明らかにすることを目的としたランダム化比較試験(COVID A to Z試験)の結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

合計214例の患者がランダム化され、平均(SD)年齢は45.2(14.6)歳、女性は132例(61.7%)でした。

主要評価項目において4群間で有意差がなく、条件付きで有益性を示す力が低いため、試験は中止された。

症状の50%軽減までの平均日数
標準治療6.7(SD 4.4)日
アスコルビン酸5.5(3.7)日
グルコン酸亜鉛5.9(4.9)日
アスコルビン酸
+ グルコン酸亜鉛
5.5(3.4)日

サプリメントを摂取しない通常のケアを受けた患者では、平均(SD)6.7(4.4)日で症状の50%軽減を達成したのに対し、アスコルビン酸群では5.5(3.7)日、グルコン酸亜鉛群では5.9(4.9)日、両方を受けた群では5.5(3.4)日でした(全体P=0.45)。副次的転帰については、治療群間で有意差は認められませんでした。

コメント

亜鉛とアスコルビン酸については、上気道感染症時に使用されることが多く、臨床報告が多くなされています。

さて、本試験結果によれば、SARS-CoV2感染外来患者において、高用量のグルコン酸亜鉛、アスコルビン酸、または併用治療は、標準治療と比較して症状の持続期間に差はありませんでした。

基本的にはCOVID-19に対する標準治療を行い、ベースラインの亜鉛、ビタミンC値に基づき亜鉛やアスコルビン酸の投与可否を決定した方が良いと考えられます。

surprised young woman browsing mobile phone

✅まとめ✅ SARS-CoV-2感染外来患者において、高用量のグルコン酸亜鉛、アスコルビン酸、または併用治療は、標準治療と比較して症状の持続期間を有意に減少させることはなかった。

根拠となった試験の抄録

試験の重要性:新型の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型(SARS-CoV-2)感染症の症状進行を抑制するための早期治療に関するエビデンスは限られている。

目的:SARS-CoV-2感染症の外来患者において、高用量の亜鉛および/または高用量のアスコルビン酸が、通常の治療と比較して症状の重症度または期間を軽減するかどうかを検証すること。

試験デザイン、設定および参加者:この多施設単一医療システムランダム化臨床要因非盲検試験には、オハイオ州とフロリダ州の施設で外来診療を受け、ポリメラーゼ連鎖反応アッセイでSARS-CoV-2感染と確認された成人患者214例が登録された。本試験は、2020年4月27日から2020年10月14日まで実施された。

介入:患者を、グルコン酸亜鉛(50mg)、アスコルビン酸(8,000mg)、両剤、または標準治療のいずれかを10日間投与する群に1:1:1:1の配分比率でランダムに割り付けた。

アウトカム:主要評価項目は、発熱、咳、息切れ、疲労などの症状が50%減少するのに要した日数とした(各症状を4段階で評価)。副次的評価項目は、症状の重症度スコアの合計が0になるまでの日数、5日目の累積重症度スコア、入院、死亡、補助的な処方薬、試験用サプリメントの副作用などであった。

結果:合計214例の患者がランダム化され、平均(SD)年齢は45.2(14.6)歳、女性は132例(61.7%)であった。主要評価項目において4群間で有意差がなく、条件付きで有益性を示す力が低いため、試験は中止された。サプリメントを摂取しない通常のケアを受けた患者では、平均(SD)6.7(4.4)日で症状の50%軽減を達成したのに対し、アスコルビン酸群では5.5(3.7)日、グルコン酸亜鉛群では5.9(4.9)日、両方を受けた群では5.5(3.4)日だった(全体P=0.45)。副次的転帰については、治療群間で有意差はなかった。

結論と関連性:SARS-CoV-2感染と診断された外来患者を対象としたこのランダム化臨床試験において、高用量のグルコン酸亜鉛、アスコルビン酸、または2つのサプリメントの組み合わせによる治療は、標準治療と比較して症状の持続期間を有意に減少させることはなかった。

試験登録:ClinicalTrials.gov Identifier: NCT04342728

引用文献

Effect of High-Dose Zinc and Ascorbic Acid Supplementation vs Usual Care on Symptom Length and Reduction Among Ambulatory Patients With SARS-CoV-2 Infection: The COVID A to Z Randomized Clinical Trial
Suma Thomas et al. PMID: 33576820 PMCID: PMC7881357 DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2021.0369
JAMA Netw Open. 2021 Feb 1;4(2):e210369. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2021.0369.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33576820/

関連記事

【SARS-CoV-2中和抗体ソトロビマブによるCOVID-19の早期治療効果はどのくらい?(DB-RCT; COMET-ICE試験; N Engl J Med. 2021)】

【COVID-19非入院患者における経口治療薬モルヌピラビルの効果はどのくらい?(DB-RCT; MOVe-OUT; N Engl J Med. 2021)】

【COVID-19入院患者に対する回復期血漿の効果はどのくらい?(RCT; PennCCP2試験; J Clin Invest. 2021)】

【COVID-19患者におけるメトホルミンの有効性は?(RCT; TOGETHER試験; Lancet Reg Health Am. 2022)】

【COVID-19に対するアスピリンの効果は?(SR&MA; Clin Epidemiol Glob Health. Oct-Dec 2021)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました