COVID-19ワクチン接種後の流産発生と自然流産発生リスクに差はありますか?(Vaccine Safety Datalink; JAMA. 2021)

woman wearing white cap sleeved dress holding ultrasound result photo 01_ワクチン vaccine
Photo by Dominika Roseclay on Pexels.com

COVID-19ワクチンによる流産リスクは、自然流産リスクと同程度?

妊娠中のCOVID-19感染は、重篤な母体の病的状態を引き起こす可能性があります(PMID: 33977298)。米国では、COVID-19ワクチンが承認されPMID: 33977298)、2種類のワクチンが妊娠中の女性への使用を許可されています。現在までのところ、COVID-19ワクチンの母体への安全性に関するデータは主にパッシブサーベイランスによるものであり、研究ではワクチンを接種していない比較群がありません(PMID: 33882218PMID: 34118200)。自然流産は、母体のワクチン安全性に関する研究において優先される結果とされており(PMID: 29150062)、自然流産のリスクに関する懸念が妊娠中のワクチン接種の障壁となっている可能性があります。

そこで今回は、妊娠中のCOVID-19ワクチン接種と自然流産に関するケースコントロールサーベイランスの結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

105,446件の妊娠のうち、13,160件の自然流産と92,286件の妊娠継続が確認されました。全体として、7.8%の女性が妊娠中および妊娠20週以前にBNT162b2(Pfizer-BioNTech社)ワクチンを1回以上接種し、6.0%がmRNA-1273(Moderna社)ワクチンを1回以上接種し、0.5%がAd26.COV.2.S(Janssen社)ワクチンを接種していました。

調整オッズ比(95%CI)
全体集団1.02(0.96〜1.08)
妊娠週数
 6〜80.94(0.86〜1.03)
 9〜131.07(0.99〜1.17)
 14〜191.08(0.89〜1.29)
ワクチンの種類
 mRNA-1273
 (モデルナ社製)
1.03(0.94〜1.11)
 BNT162b2
 (ファイザー・ビオンテック社製)
1.03(0.95〜1.11)

35~49歳の女性では、自然流産の割合(38.7%)が、妊娠継続中の割合(22.3%)よりも高いことが示されました。指標日前28日以内にCOVID-19ワクチンを接種していたのは、妊娠継続期間では8.0%、自然流産では8.6%でした。自然流産では、進行中の妊娠期間と比較して、過去28日間にCOVID-19ワクチン接種にさらされるオッズの上昇は認められませんでした(調整オッズ比 1.02、95%CI 0.96〜1.08)。結果は、mRNA-1273およびBNT162b2について、また妊娠年齢群によって一貫していました。

コメント

COVID-19ワクチンの妊婦への安全性情報について、継続的な報告が求められています。今回の試験は、米国のCDCおよび医療機関9施設(米国人口の約3%に相当)の共同研究であるVaccine Safety Datalinkを用いた研究です。

さて、本試験結果によれば、指標日前28日以内にCOVID-19ワクチンを接種していたのは、妊娠継続期間では8.0%、自然流産では8.6%でした。調整オッズ比は1.02(95%CI 0.96〜1.08)であり、ワクチン接種による影響は認められませんでした。

少なくとも現時点においては、mRNA COVID-19ワクチン接種により、流産リスク増加はなさそうです。

vaccine text and a person wearing latex glove while holding a syringe on pink background

✅まとめ✅ 米国のVaccine Safety Datalinkにおける妊婦の流産発生は、妊娠継続集団と比較して、過去28日間のCOVID-19ワクチン接種率に差は認められなかった(調整オッズ比 1.02、95%CI 0.96〜1.08)

根拠となった試験の抄録

背景:妊娠中のCOVID-19感染は、重篤な母体の病的状態を引き起こす可能性がある。米国では、COVID-19ワクチンが承認され、2種類のワクチンが妊娠中の女性への使用を許可されている。現在までのところ、COVID-19ワクチンの母体への安全性に関するデータは主にパッシブサーベイランス(医師などからの報告を待つかたちとなる受動的サーベイランス)によるものであり、研究ではワクチンを接種していない比較群がない。自然流産は、母体のワクチン安全性に関する研究において優先される結果とされており、自然流産のリスクに関する懸念が妊娠中のワクチン接種の障壁となっている可能性がある。我々は、妊娠中のCOVID-19ワクチン接種と自然流産に関するケースコントロールサーベイランスの結果を発表する。

方法:Vaccine Safety Datalinkは、Centers for Disease Control and Preventionと米国人口の約3%に相当する9つの医療機関との共同研究である。自然流産と進行中の妊娠を特定して妊娠年齢を割り当てるために、診断・処置コードと電子健康記録(EHR)データを組み込んだ有効な妊娠アルゴリズムを適用した。ワシントン州、北西部、北カリフォルニア、南カリフォルニア、コロラド州のカイザー・パーマネント、デンバー・ヘルス、ヘルスパートナーズ、ウィスコンシン州のマーシュフィールド・クリニックの8つの医療システムから、2020年12月15日から2021年6月28日までの7つの4週間の監視期間におけるデータを対象とした。妊娠6週から19週までの妊娠は、各4週間のサーベイランス期間の最終日(指標日)に特定され、1つ以上のサーベイランス期間にデータを提供した。自然流産は、アウトカム日に基づいて4週間の監視期間に割り当てられた。これらの自然流産は、それ以前の期間では進行中の妊娠カテゴリーに含まれていた可能性がある。ワクチン接種のデータは、EHR、医療機関および薬局の請求書、地域または州の予防接種情報システムから得た。
自然流産の28日前にCOVID-19ワクチンを接種するオッズと、妊娠中の指標日の28日前にCOVID-19ワクチンを接種するオッズを比較して分析した。自然流産と進行中の妊娠の両方を、妊娠年齢群(6~8週、9~13週、14~19週)、監視期間、部位、母親の年齢群(16~24歳、25~34歳、35~49歳)、妊産婦訪問回数(1回以下または2回以上)、人種・民族に割り当てた。二項分布とロジットリンクを用いた一般化推定方程式を用いて、調査期間中の継続的な妊娠の繰り返しを考慮した。また、メーカー別、妊娠年齢別の解析も行った。解析には、SAS/STATソフトウェアバージョン9.4(SAS Institute Inc)を使用した。
本調査は、インフォームド・コンセントを放棄した上で、すべての参加施設の機関評価委員会の承認を得た。

結果:105,446件の妊娠のうち、13,160件の自然流産と92,286件の妊娠継続が確認された。全体として、7.8%の女性が妊娠中および妊娠20週以前にBNT162b2(Pfizer-BioNTech社)ワクチンを1回以上接種し、6.0%がmRNA-1273(Moderna社)ワクチンを1回以上接種し、0.5%がAd26.COV.2.S(Janssen社)ワクチンを接種していた。
35~49歳の女性では、自然流産の割合(38.7%)が、妊娠継続中の割合(22.3%)よりも高かった。指標日前28日以内にCOVID-19ワクチンを接種していたのは、妊娠継続期間では8.0%、自然流産では8.6%でした。自然流産は、進行中の妊娠期間と比較して、過去28日間にCOVID-19ワクチン接種にさらされるオッズは上昇しなかった(調整オッズ比 1.02、95%CI 0.96〜1.08)。結果は、mRNA-1273およびBNT162b2について、また妊娠年齢群によって一貫していた。

考察:自然流産の女性では、妊娠が継続している女性と比較して、過去28日間のCOVID-19ワクチン曝露のオッズは上昇していなかった。このサーベイランスの強みは、複数の施設で多様な集団を対象とし、しっかりとしたデータ収集が可能なことである。しかし、いくつかの限界がある。第一に、自然流産と妊娠継続中の女性の妊娠年齢はチャートで確認されていない。第二に、複数のデータソースを用いてワクチン接種状況を確認したが、COVID-19ワクチンの展開は複雑であり、いくつかのワクチンが見逃されている可能性があり、調査結果が無効に偏る可能性がある。第三に、過去の妊娠歴などの重要な交絡因子に関するデータが得られなかった。第四に、曝露回数が少ないため、Ad26.COV.2.Sワクチンに特有のリスクを評価することはできなかった。限界はあるものの、これらのデータは、ワクチンの推奨事項や患者のカウンセリングに利用することができる。

引用文献

Spontaneous Abortion Following COVID-19 Vaccination During Pregnancy
Elyse O Kharbanda et al. PMID: 34495304 PMCID: PMC8427483 (available on 2022-03-08) DOI: 10.1001/jama.2021.15494
JAMA. 2021 Sep 8;e2115494. doi: 10.1001/jama.2021.15494. Online ahead of print.
ー 続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34495304/

関連記事

【妊婦に対するmRNA COVID-19ワクチンはどのくらい安全ですか?(データベース研究; NEJM 2021)】

【妊娠中・授乳中の女性におけるCOVID-19に対するワクチン反応性(前向きコホート研究; Am J Obstet Gynecol. 2021)】

【COVID-19の妊婦及び新生児は非感染者と比較して死亡リスクや新生児合併症リスクが高いかもしれない(前向きコホート研究; INTERCOVID試験; JAMA Pediatr. 2021)】

【症候性および無症候性のCOVID-19入院妊婦の発生率、特徴、転帰について(英国の人口ベース前向きコホート研究; UKOSS試験; PLoS One. 2021)】

【妊娠中・授乳中の女性におけるCOVID-19 mRNAワクチンの接種は妊婦に免疫原性を示し、ワクチンによって誘発された抗体は乳児の臍帯血および母乳に移行する(探索的前向きコホート研究; JAMA. 2021)】

【妊婦におけるCOVID-19の特徴とは?(システマティックレビュー; J Matern Fetal Neonatal Med. 2020)】

【COVID-19入院患者において妊娠の有無は死亡リスクに影響しますか?(後向きコホート研究; Letter for Ann Intern Med. 2021)】

【コロナウイルス感染症2019(COVID-19):妊娠および垂直伝播の可能性について(システマティック・レビュー; J Reprod Infertil. 2020)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました