糖尿病における貧血は心血管疾患および全死亡の危険因子となりますか?(コホート研究; J Am Soc Nephrol. 2005)

people dancing inside building 未分類
Photo by Maurício Mascaro on Pexels.com

糖尿病患者における貧血は心血管イベントや死亡リスクに影響するのか?

慢性的な貧血は、前負荷を増加させ、後負荷を減少させ、心拍出量の増加をもたらします。
長期的には、不適応な左心室肥大(LVH)を引き起こす可能性があり、これは心血管疾患のアウトカムや全死亡の危険因子としてよく知られています。

理論的には、基礎的な冠動脈疾患を有する患者やLVHを有する患者のように、貧血の存在は酸素供給量の減少または酸素需要量の増加により心筋虚血を悪化させる可能性があり、様々な集団を対象としたいくつかの研究で、有害なアウトカムの危険因子としての貧血の重要性が評価されています。

心不全患者において、貧血は入院および全死亡リスクを増加させることが明らかとなってます。
冠動脈疾患患者では、貧血とアウトカムとの関係はあまり一致しておらず、一部の研究では貧血がCVDアウトカムに悪影響を及ぼすことが示されているが、すべての研究においてではない。
同様に、一般人口においても、その関連性は一貫していません。Atherosclerosis Risk in Communities study(ARIC)では、貧血はCVDアウトカムと関連し、貧血とCKDの有無との間に有意な相互作用は認められず、貧血は主にCKD患者の危険因子であるとされています。しかし、第2回National Health andNutrition Examination Survey(NHANES II)死亡率調査では、従来のCVD危険因子やその他の共変量を調整した後では、貧血と冠動脈心疾患(CHD)死亡率との間に有意な関連は認められませんでした。

糖尿病は、米国における腎臓病および腎不全の主要な原因です。さらに糖尿病は冠動脈疾患や小血管疾患の危険因子として知られており、LVH発症の一因となる可能性があります。

そこで今回は、糖尿病患者を対象に、いくつかのコホートを統合解析した研究結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

研究対象者 3,015例、観察期間の中央値 8.6年の研究結果によれば、複合イベントが1,215件、心筋梗塞/致死性心疾患が600件、脳卒中が300件、死亡が857件発生しました。

CKDと貧血の相互作用モデル解析では、貧血はCKD患者において、複合イベントでハザード比 1.70(95%信頼区間 1.24~2.34)、心筋梗塞/致死性心筋梗塞で1.64(1.03~2.61)、脳卒中で1.81(0.99~3.29)、全死亡で1.88(1.33~2.66)と関連していました。

CKDなしCKDあり
複合イベントHR 1.03(95%CI 0.79〜1.35)HR 1.70(95%CI 1.24〜2.34
心筋梗塞/致死性心筋梗塞HR 0.93(95%CI 0.60〜1.43)HR 1.64(95%CI 1.03~2.61
脳卒中HR 0.71(95%CI 0.39〜1.28)HR 1.81(95%CI 0.99~3.29
全死亡HR 1.21(95%CI 0.89〜1.65)HR 1.88(95%CI 1.33~2.66
貧血が各アウトカムに与える影響

糖尿病患者において、貧血によるハードウトカムの影響は認められませんでしたが、糖尿病とCKD合併例における貧血の存在は、複合イベント(心筋梗塞/致死性心筋梗塞、脳卒中、全死亡)だけでなく、各構成要素のリスク増加と関連していました。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ 糖尿病とCKD合併例における貧血の存在は、複合イベント(心筋梗塞/致死性心筋梗塞、脳卒中、全死亡)だけでなく、各構成要素のリスク増加と関連していた。

根拠となった論文の抄録

背景と目的:貧血は、心血管疾患(CVD)の潜在的な非伝統的危険因子である。本研究では、貧血が糖尿病患者の有害なアウトカムのリスク因子であるかどうか、また、そのリスクが慢性腎臓病(CKD)の存在によって変化するかどうかを評価した。

方法:本研究では、Atherosclerosis Risk in Communities、Cardiovascular Health Study、Framingham Heart Study、Framingham Offspring Studyの4つのコミュニティベースの研究から得られた糖尿病患者をプールした。
貧血は、ヘマトクリットが女性で36%未満、男性で39%未満と定義した。
CKDは、推定GFRが15~60ml/min/1.73m2と定義した。
アウトカムは心筋梗塞(MI)/致死性冠動脈疾患(CHD)/脳卒中/死亡の複合と、それぞれのアウトカムを個別に評価した。潜在的な交絡因子を調整した後、貧血がアウトカムのリスクに及ぼす影響を調べるためにCox回帰分析を用いた。

結果:研究対象者は3,015例。黒人が30.4%、女性が51.6%、貧血が8.1%、CKDが13.8%であった。観察期間の中央値は8.6年で、複合イベントが1,215件、心筋梗塞/致死性心疾患が600件、脳卒中が300件、死亡が857件であった。
CKDと貧血の相互作用モデルでは、貧血はCKD患者において、複合イベントでハザード比 1.70(95%信頼区間 1.24~2.34)、心筋梗塞/致死性心筋梗塞で1.64(1.03~2.61)、脳卒中で1.81(0.99~3.29)、全死亡で1.88(1.33~2.66)と関連していた。

結論:貧血は、CKDを有さない患者では、どのアウトカムに対しても危険因子ではなかった(すべてP>0.2)。糖尿病患者では、貧血は主にCKDを併発している患者の有害アウトカムのリスク因子となる。

引用文献

Anemia as a risk factor for cardiovascular disease and all-cause mortality in diabetes: the impact of chronic kidney disease
Panagiotis et al. PMID: 16162813 DOI: 10.1681/ASN.2005030226
J Am Soc Nephrol. 2005 Nov;16(11):3403-10. doi: 10.1681/ASN.2005030226. Epub 2005 Sep 14.

関連記事

【慢性腎障害CKDと心血管障害CVDの関連性は?】

【保存期CKD患者の貧血に対するHIF-PH阻害剤はエポエチンやダルベポエチンより優れていますか?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました