心血管疾患の一次および二次予防に対するヴィーガン食事パターンの効果はどのくらいですか?(SR&MA; CDSR2021)

scrabble tiles in blue ceramic plate 未分類
Photo by Vegan Liftz on Pexels.com

菜食主義者では心血管イベントが減少するのか?

加工肉、未加工の赤身肉あるいは家禽の摂取により、心血管疾患や死亡のリスク増加の可能性について報告されています。いずれにおいても、わずかなリスク増加ではあるものの一貫した結果(相関関係)が示されています。

ヴィーガン(vegan)、菜食主義者の食事パターンでは、前述の肉類を摂取しないため、心血管疾患の発生を予防する可能性がありますが、詳細は不明です。

今回は、心血管疾患の一次予防および二次予防のためのヴィーガン食の有効性について検証したコクランレビューの結果をご紹介します。

試験結果から明らかになったことは?

試験結果によれば、RCT 13件(論文38件、試験登録7件)と8件の進行中の試験が対象基準を満たしており、ほとんどの試験が一次予防に貢献していたが、どの試験も臨床的なエンドポイントを報告していませんでした。その他の主要評価項目は、脂質レベルと血圧であり、いずれの結果においてもヴィーガン食による効果は僅かでした。

今のところ、心血管疾患に対するヴィーガン食の効果を検証した試験結果はないとのこと。現在進行中のランダム化比較試験8件において、ヴィーガン食と心血管疾患との関連性を検証していることから、試験結果の報告が待たれます。

今後のエビデンス集積に期待。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ 菜食主義者による食事介入がCVDの危険因子に及ぼす影響については、現在のところ結論を出すには充分な情報がなく、脂質パラメータへの影響も僅かであった

根拠となった論文の抄録

背景:食事は心血管疾患(CVD)の病因に大きな役割を果たしており、修正可能な危険因子として多くの予防戦略の焦点となっている。最近、菜食主義の人気が高まっており、CVD予防の可能性に関する既存の臨床試験のエビデンスを統合する必要があると考えられる。

目的:CVDの一次予防および二次予防のためのヴィーガン食の有効性を明らかにする。

検索方法 :2020年2月4日に以下の電子データベースを検索した:Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL),MEDLINE,Embase,Web of Science Core Collection。
また、2021年1月にClinicalTrials.govを検索した。言語制限は適用しなかった。

選択基準:健康成人およびCVDリスクが高い成人(一次予防)とCVD既往の成人(二次予防)を対象としたランダム化対照試験(RCT)を選択した。
菜食主義者の食事パターンは、肉、魚、卵、乳製品、蜂蜜を含まない
介入は、食事のアドバイス、関連する食品の提供、またはその両方とした。
比較群は、介入なし、最小限の介入、または他の食事介入のいずれかを受けた。
アウトカムは、臨床イベントとCVDの危険因子であった。
介入期間と介入後のフォローアップ期間を合わせて12週間以上のフォローアップ期間を持つ研究のみを対象とした。

データ収集と分析:2人のレビュー執筆者が独立して研究の組み入れを評価し、データを抽出し、バイアスリスクを評価した。エビデンスの確実性の評価にはGRADEを用いた。
3つの主要な比較を行った;

  1. 一次予防のための菜食主義者による食事介入と介入なしまたは最小限の介入との比較
  2. 一次予防のための菜食主義者による食事介入と他の食事介入との比較
  3. 二次予防のための菜食主義者による食事介入と他の食事介入との比較。

主な結果:RCT 13件(論文38件、試験登録7件)と8件の進行中の試験が対象基準を満たした。ほとんどの試験が一次予防に貢献していた:比較1(4試験、466例をランダム化)および比較2(8試験、409例をランダム化)。二次予防に関する試験は、比較3(63例をランダム化)の1件のみであった。

どの試験も臨床的なエンドポイントを報告していなかった。その他の主要評価項目は、脂質レベルと血圧であった。

比較1では、試験4件(参加者 449例)から、ヴィーガン食が総コレステロールをわずかに減少させる可能性があるという中程度の確実性のあるエビデンスが得られた(平均差(MD)-0.24mmol/L、95%信頼区間(CI)-0.36 ~ -0.12)。
低比重リポタンパク質(LDL)コレステロール(MD -0.22 mmol/L、95% CI -0.32 〜 -0.11)がわずかに減少し、高比重リポタンパク質(HDL)レベルがごくわずかに減少(MD -0.08 mmol/L、95% CI -0.11 〜 -0.04)し、トリグリセリドレベルがごくわずかに増加(MD 0.11 mmol/L、95% CI 0.01 〜 0.21)した。HDL値とトリグリセリド値のごくわずかな変化は、期待された結果とは逆の方向であった。
収縮期血圧(MD 0.94mmHg、95%CI -1.18~3.06、試験3件、374例)および拡張期血圧(MD -0.27mmHg、95%CI -1.67~1.12、試験3件、372例)に対するビーガン食介入の効果については、エビデンスが不足していた(確実性の低いエビデンス)。

比較2では、総コレステロール値に対するビーガン食介入の効果については、エビデンスが不足していた(MD -0.04 mmol/L、95% CI -0.28~0.20、試験4件、163例、確実性の低いエビデンス)。LDL(MD -0.05 mmol/L、95% CI -0.21 〜 0.11;試験4件, 244例)、HDLコレステロール値(MD -0.01 mmol/L, 95% CI -0.08 〜 0.05;試験5件、256例)、トリグリセリド(MD 0.21 mmol/L、95% CI -0.07 〜 0.49;試験5件、256例)に対する菜食主義者の食事介入の効果は、他の食事介入と比較して、おそらくほとんどないと考えられた(中程度の確実性のエビデンス)。収縮期血圧(MD 0.02 mmHg、95%CI -3.59~3.62)または拡張期血圧(MD 0.63 mmHg、95%CI -1.54~2.80、試験5件、247例、確実生が非常に低いエビデンス)に対する菜食主義者の食事介入の効果については、非常に不確実である。

比較3には試験1件(63例)のみが寄与し、他の食事療法と比較して、脂質レベルまたは血圧に対するビーガン食事療法の効果に関するエビデンスが不足していた(確実生が低または非常に低いエビデンス)。試験4件で有害事象が報告されたが、それらはなかったか軽微であった。

著者の結論:研究は全般的に小規模で、各比較群に貢献する被験者は少なかった。CVDの臨床イベントについて報告している研究はない。菜食主義者による食事介入がCVDの危険因子に及ぼす影響については、現在のところ結論を出すには充分な情報がない。現在進行中の研究8件では、一次予防について報告しており、エビデンスベースの追加となるでしょう。二次予防に関するエビデンスは不充分である。

引用文献

Vegan dietary pattern for the primary and secondary prevention of cardiovascular diseases
Karen Rees et al. PMID: 33629376 DOI: 10.1002/14651858.CD013501.pub2
Cochrane Database Syst Rev. 2021 Feb 25;2:CD013501. doi: 10.1002/14651858.CD013501.pub2.
ー続きを読む https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33629376/

関連記事

【急性骨髄性白血病の入院患者では食事としてナマモノを避けた方が良いですか?】

【加工肉、未加工の赤身肉、家禽、魚の摂取による心血管疾患発症率および死亡率はどのくらいですか?】

【超加工食品摂取による発がんリスクはどのくらいですか?】

【フランスの中年層における超加工食品摂取と死亡リスクの関係はどのくらいですか?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました