イヌやネコとの生活は喘息やアレルギー性鼻炎リスクへ影響しますか?

person holding siamese cat and chihuahua 未分類
Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

ペットによりアレルギー性鼻炎や喘息リスクは増加するのか?

喘息は世界的に最も有病率の高い慢性呼吸器疾患であり、1990年から2015年にかけて有病率は12.6%増加しています(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18331513/)。
当初は鼻炎の有病率が低かった国でも、ここ数十年で急激に増加しています。猫(Felis domesticus)及び犬(Canis lupus familiaris)は、伴侶として大切にされてきた肉食動物ですが、アレルギー性疾患の発症率が最も高いペットです。しかし、これまでの研究では、相反する結果が報告されています。

そこで今回は、システマティックレビュー・メタ解析の結果をご紹介します。

研究結果から明らかになったこととは?

コホート研究34件を対象としたメタ解析の結果、喘息の発症において、猫または犬への曝露が保護的な役割を果たしていることが示されました。
猫:RR 0.88、95%信頼区間(CI) 0.77〜0.99I2=65、出版バイアス P=0.452
犬:RR 0.85、95%CI 0.73〜0.97I2=66

出生コホート(RR 0.74、95%CI 0.56〜0.93I2=44)および小児集団(RR 0.83、95%CI 0.70〜0.96I2=71)のサブグループ解析でも、喘息の発症における犬への曝露の良好な役割が示唆されました。

症例対照研究13件からのプールされた証拠は、猫(OR 1.66、95%CI 0.39〜2.94I2=99)と犬(OR 1.22、95%CI 0.92〜1.52I2=25)が喘息の発症に有意な影響を与えないことを示しました。

コホート研究5件のプール解析では、アレルギー性鼻炎の発症に対して、猫(RR 0.60、95%CI 0.33〜0.86I2=43.6)または犬(RR 0.68、95%CI 0.44〜0.90I2=0)への曝露が良好な効果を示しました。

コホート研究5件のプール解析の犬の結果を除いて、いずれの結果も異質性が高く、結果の質は低い可能性があります。本試験結果においては、リスクを有意に増加させる結果は示されていません。現時点においては、猫あるい犬をペットとして飼うことは、アレルギー性鼻炎や喘息リスクとはならず、むしろリスクを低下させる方向に寄与しているかもしれません。

ただし、異質性が高いことから交絡因子の影響があり、今後の研究結果が待たれるところです。

photo of gray cat looking up against black background

✅まとめ✅ 猫および犬への曝露、特に飼い主への曝露が喘息およびアレルギー性鼻炎の発症リスクに対して保護効果を示したが、異質性が高く交絡の可能性が残存していた

本研究の限界

  1. 対象となった研究にはデザイン上の欠陥があり、異質性(I2=65%超)につながっていました。不均質性の潜在的な影響を減らすための解決策としてランダム効果モデルが用いられましたが、ランダム効果メタアナリシスは必ずしも保守的な方法ではありません。また研究の種類、研究人口、曝露量、コホート集団などの研究の特徴は、不均一性の一部を説明するにすぎない。動物の数、曝露の期間、猫や犬への真の曝露に関する測定値などの他の要因が、さらに異質性を高める可能性があります。
  2. アレルギーを有す家族におけるペット飼育の選択がもたらす交絡因子の影響を完全に調整することは不可能です。いくつかの研究は異常値がありました(これはメタ分析に内在する限界です)。

根拠となった論文の抄録

背景:ネコ(猫)やイヌ(犬)との接触が喘息やアレルギー性鼻炎のリスクを高めるかどうかについては、論争が続いています。

目的:本メタアナリシスは、猫や犬への暴露と喘息やアレルギー性鼻炎の発症との関連を評価することを目的としている。

方法:システマティックレビューを実施し、2019年5月以前の症例対照研究およびコホート研究を特定し、猫や犬への曝露と喘息およびアレルギー性鼻炎のリスクとの関連を評価した。バイアスのリスクは、Newcastle-Ottawa Scaleを用いて評価した。オッズ比(OR)とリスク比(RR)は、症例対照研究とコホート研究でそれぞれプールした。サブグループ解析は、あらかじめ指定された研究レベルの特徴について実施しました。

結果:コホート研究34件を対象としたメタアナリシスでは、喘息の発症において、猫[RR 0.88、95%信頼区間(CI) 0.77〜0.99]または犬[RR 0.85、95%CI 0.73〜0.97]への曝露が保護的な役割を果たしていることが示されました。
出生コホート(RR 0.74、95%CI 0.56〜0.93)および小児集団(RR 0.83、95%CI 0.70〜0.96)のサブグループ解析でも、喘息の発症における犬への曝露の良好な役割が示唆された。
症例対照研究13件からのプールされた証拠は、猫(OR 1.66、95%CI 0.39〜2.94)と犬(OR 1.22、95%CI 0.92〜1.52)が喘息の発症に有意な影響を与えないことを示しました。
コホート研究5件のプール解析では、アレルギー性鼻炎の発症に対して、猫(RR 0.60、95%CI 0.33〜0.86)または犬(RR 0.68、95%CI 0.44〜0.90)への曝露が良好な効果を示しました。

結論:本所見は、喘息およびアレルギー性鼻炎の発症に対して、猫および犬への曝露、特に飼い主への曝露が保護効果を示しました。

引用文献

Effect of Exposure to Cats and Dogs on the Risk of Asthma and Allergic Rhinitis: A Systematic Review and Meta-analysis
Xiaoping Gao et al.
Am J Rhinol Allergy. 2020 Sep;34(5):703-714. doi: 10.1177/1945892420932487. Epub 2020 Jun 20.
PMID: 32564683 DOI: 10.1177/1945892420932487

関連記事

【慢性疾患のない成人における心血管疾患リスクは犬よりも猫を飼うと低くなるかもしれない?】

【黒猫バイアスが高い人は迷信を抱きやすい?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました